ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785670 全員に公開 ハイキング甲信越

兎藪から金ヶ岳

日程 2015年12月28日(月) [日帰り]
メンバー pochi23
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ダイワヴィンテージゴルフ場先の、林道前山大明神線ゲートまで車。この当たりの林道は12/11以降は冬期閉鎖となりゲートが閉まるので、ゲート少し手前の路肩に駐車する。木材搬出用の大型車が通行するので注意のこと。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間12分
休憩
11分
合計
3時間23分
Sスタート地点(大明神線ゲート手前)13:5514:10机方面への林道入り口14:14取付き点14:2214:2415:10兎藪15:1515:20兎藪と金ヶ岳のコル16:11金ヶ岳16:1516:47林道前山大明神線出合17:18ゴール地点(大明神線ゲート手前)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金ヶ岳までは登山道ではない。
取り立てて危険な個所は無し。
野生動物(イノシシ、クマ)への対応を考えておいた方が良い。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

明野浅尾集落の外れから見た、金ヶ岳と兎藪
2015年12月28日 13:40撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明野浅尾集落の外れから見た、金ヶ岳と兎藪
1
林道前山大明神線ゲート付近。12/11以降に冬期閉鎖となるため、ここから歩き。ゲート手前の路肩に4,5台駐車可能。
2015年12月28日 13:55撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道前山大明神線ゲート付近。12/11以降に冬期閉鎖となるため、ここから歩き。ゲート手前の路肩に4,5台駐車可能。
机に登り切った辺りに、朽ちた百葉箱。昔はここで観測していたのか?
2015年12月28日 14:22撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
机に登り切った辺りに、朽ちた百葉箱。昔はここで観測していたのか?
兎藪へ向けて緩やかで広い尾根を行く。
2015年12月28日 14:28撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎藪へ向けて緩やかで広い尾根を行く。
兎藪手前、標高1250m付近の様子。
2015年12月28日 14:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎藪手前、標高1250m付近の様子。
兎藪のピーク。奥に八ヶ岳が見えるのだが、写真だと判然としない。
2015年12月28日 15:11撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎藪のピーク。奥に八ヶ岳が見えるのだが、写真だと判然としない。
三角点から北東方面の頂稜。
2015年12月28日 15:11撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点から北東方面の頂稜。
兎藪から南へ金ヶ岳方面へ下ったコル(標高1390m)からの登り返し。
2015年12月28日 15:21撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎藪から南へ金ヶ岳方面へ下ったコル(標高1390m)からの登り返し。
標高1600m付近。この辺りだけ苔むしている。ここでもまだ、イノシシに警戒中。
2015年12月28日 15:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1600m付近。この辺りだけ苔むしている。ここでもまだ、イノシシに警戒中。
標高1650m辺りのピークより、金ヶ岳。
2015年12月28日 16:00撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1650m辺りのピークより、金ヶ岳。
毎度の金ヶ岳。富士山の下側に見える茅ヶ岳、先日県内の登山者が山頂からの見晴らしを作るために樹木を伐採し、問題となった。程ほどにしないとね。
2015年12月28日 16:12撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎度の金ヶ岳。富士山の下側に見える茅ヶ岳、先日県内の登山者が山頂からの見晴らしを作るために樹木を伐採し、問題となった。程ほどにしないとね。
1

感想/記録

 茅ヶ岳(金ヶ岳)の北方にある兎藪と呼ばれる三角点ピークへ登ってきました。登山道は無いため、11月から5月ころまでが適期。今回金ヶ岳の西方にある1339mピーク経由で下山する予定が、時間切れでキャンピカキャンプ場側へ一般コースを下山しています。

[兎藪まで]
 机を周回するような林道に入ると、ガサゴソ動く物体が。身構えるが、なんとボルダラー(ボルダリングを楽しむ人)でした。横浜ナンバー2台が駐車してあったので、ずいぶん遠いところからわざわざここまでご苦労様です。このあたりはボルダーが散在しているのは知っていましたが、わざわざ首都圏から来るほどの所ではないと思っていましたので、驚いてしまいました。
 机へ上がるには、林道を半周して北側から回り込んだ方が斜面は楽ですが、林道歩きが面倒なので、岩尾根が突出した地点から這い上がります。机の上は見た通り平坦で、歩きやすいところを適当に進みます。どこを登っても間違いなく兎藪には辿りつけるので、伐採木や藪を避けて要領良く。

[金ヶ岳まで]
 兎藪から南下し、やせ気味の尾根を辿ります。地形図で1500mが記されている辺りで、右下の沢斜面に動物の存在。木々で良く見えないが、こちらに気づいたようで移動している様子が音で判断できます。鹿でないことは分かったので、イノシシか熊かと。こちらも少しずつ尾根を上がっていきますが、距離が縮まらず(感覚で50m程ではないかと)。どうも相手も上へ向かっている。数十mこんなやり取りをした後、イノシシが叫び始めました。刺激させてしまったみたい。やせ尾根の反対側北斜面に入り込み、極力刺激しないように上りますが、かなり斜面がやばくなってきて仕方なくもう一度尾根上へ。次第に音が小さくなっているので、祈るようにそっとそっと金ヶ岳から西へ延びる尾根へ到達。熊でなくて良かったが、イノシシも怖いし参りました。

[ゲートまで]
 金ヶ岳山頂に着いてほっと一息。陽が南アルプスの稜線に沈みそうです。今日はおとなしく一般道を下山。林道ゲートまで長らく歩くこととなりました。

[一言]
 この山域は、冬場でも熊の目撃があるので鈴持参で注意していましたが、今回はイノシシでした。昨日もイノシシに遭遇しましたが、今日は移動する方向が一緒で参りました。鹿だと離れる方向へ逃げていくのですが、人の存在に関わりなくイノシシは自分の進むべき方向を決めている気がしました。イノシシが声を出し始めたときは、さすがに命の危険を感じました。
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ