ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795790 全員に公開 山滑走日高山脈

戸蔦別岳

日程 2016年01月11日(月) [日帰り]
メンバー pakumin
天候風雪強い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
564付近の転回場に駐車。
下山すると除雪は更に奥まで進んでいた。びれい橋ら辺まで伸びていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

03:30 駐車地点
08:00 995三股
12:00 戸蔦別岳
13:40 995三股
17:00 駐車地点
その他周辺情報下山後の温泉は鳳の舞。食事はメムディアン。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Backland95 173cm Ambition12 BD Prime
備考 MD800kcal, 甘納豆350g
電池3時間

写真

暴風で木がミシミシ音を立てている。
帰りたい。
2016年01月11日 03:35撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暴風で木がミシミシ音を立てている。
帰りたい。
7
戸蔦別川はあんまり埋まっていない。暗闇の渡渉は緊張感がある。
2016年01月11日 05:46撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸蔦別川はあんまり埋まっていない。暗闇の渡渉は緊張感がある。
4
ニョロニョロ。ブル道は地形図どおりに伸びている。
2016年01月11日 06:32撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニョロニョロ。ブル道は地形図どおりに伸びている。
4
986の様子。
ここから左手の尾根に取り付く。
2016年01月11日 06:44撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
986の様子。
ここから左手の尾根に取り付く。
2
太陽が一瞬だけ見えた。
2016年01月11日 07:32撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽が一瞬だけ見えた。
1
戸蔦別岳北尾根はなかなか雄大なスキー向け斜面だ。
2016年01月11日 09:11撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸蔦別岳北尾根はなかなか雄大なスキー向け斜面だ。
6
防寒具を全部着ても寒い。
立ち止まったら死んでしまいそうだ。
2016年01月11日 10:33撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防寒具を全部着ても寒い。
立ち止まったら死んでしまいそうだ。
10
Co1800あたりから見上げる。
山頂は見えない。
ここからが核心だった。
2016年01月11日 11:10撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co1800あたりから見上げる。
山頂は見えない。
ここからが核心だった。
7
標識を掘り出す気力は無かった。
2016年01月11日 12:06撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識を掘り出す気力は無かった。
13
テイクオフ。
楽しい尾根はあっという間に終わった。
2016年01月11日 12:44撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テイクオフ。
楽しい尾根はあっという間に終わった。
10
帰りに見た伏美と妙敷。
2016年01月11日 14:25撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに見た伏美と妙敷。
6
薄氷の上は忍者のように。
2016年01月11日 15:15撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄氷の上は忍者のように。
10
ここで滑落すると戸蔦別川の魚の餌になる。
2016年01月11日 15:32撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで滑落すると戸蔦別川の魚の餌になる。
7
結構くたくたの私。
2016年01月11日 15:49撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構くたくたの私。
20
カタルップ林道は潅木が邪魔なところもあれば、こんなに広いところもある。
2016年01月11日 15:50撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタルップ林道は潅木が邪魔なところもあれば、こんなに広いところもある。
2
みんなで食べよう
福豆の甘納豆。
2016年01月11日 15:51撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなで食べよう
福豆の甘納豆。
8
撮影機材:

感想/記録

戸蔦別川林道が除雪されている。ここが除雪されると
札内、エサオマン、神威、1967、戸蔦別の日帰りが容易になる。
僕は積雪期はカタルップ沢のあたりまでしか歩いたことが無い。
一度歩いた事がある/ないで気持ちの消耗がだいぶ違う。
天気も悪いし、今日は来たるべきロングアタックに備えて
戸蔦別川沿いを歩いてみよう。予習的に。

間違って八の沢に入ったり渡渉で右往左往したりしたけど、無事995三股までやってきた。
今日はキリの良いところで戸蔦別岳の山頂を踏んで尾根を滑って帰ることにしよう。
戸蔦別岳は"北戸蔦から幌尻へ行く時に通るアポロチョコみたいな山"という認識だったが、
北面の頂上直下は岩と氷の要塞で酷いもんだった。ここの突破に相当時間がかかった。
氷にへばり付いていないと体ごと持っていかれそうな暴風で体温も全く上がらない。
山頂手前50mくらいがキツさのピークで今にも気持ちが切れそうになった。
今日は僕の今までの山登り経験の中でトップのキツさだった。

帰りに除雪が更に奥へ進んでいる事を確認した。ダムの整備だろうか。
ともかくここが除雪されるのは大変ありがたい。2016年は戸蔦別川がアツい。
訪問者数:865人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 渡渉 滑落 ロング
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ