ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799652 全員に公開 アイスクライミング八ヶ岳・蓼科

南沢小滝/大滝

日程 2016年01月16日(土) [日帰り]
メンバー taka10JCCtanigaki, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅小淵沢で前泊
ゆっくり美濃戸入りするも、赤岳山荘の駐車場は満杯ではなかったのでラッキー。美濃戸までの林道も、まだ雪も氷結もほぼ無く快適でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間14分
休憩
0分
合計
9時間14分
S美濃戸山荘08:2617:40美濃戸山荘17:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南沢もばっちりトレース有。南沢大滝/小滝への分岐は、ロープおよびピンクテープがあるので判りやすい。
その他周辺情報しゃくなげ亭
http://tabelog.com/yamanashi/A1902/A190201/19004044/
生姜焼きが旨い、薪暖炉が温かい、いつも空いてる(失礼)、サービスしてくれる。

延命の湯 (道の駅こぶちさわ)
http://www.spatio.jp/hotspring/
久しぶりに来たけど、値段が上がっているような? 820円
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

南沢小滝
2016年01月16日 10:16撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢小滝
2
真ん中らへんのライン2本と、右側のつらら、誰も登らない攻めたラインを2本登る。氷柱に移るところが核心。
2016年01月16日 10:16撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中らへんのライン2本と、右側のつらら、誰も登らない攻めたラインを2本登る。氷柱に移るところが核心。
1
連れ2人、赤い方は23歳…会うのは3回目か
2016年01月16日 10:16撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連れ2人、赤い方は23歳…会うのは3回目か
南沢大滝
2016年01月16日 14:39撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢大滝
2
左側の下部はナメ、上部は垂直のラインを登る(混んでいたのでそこしかラインが取れず)
2016年01月16日 14:42撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側の下部はナメ、上部は垂直のラインを登る(混んでいたのでそこしかラインが取れず)
1

感想/記録
by taka10

知人2人とアイスクライミングしに南沢小滝/大滝へ

・先週に引き続きアイスの練習しに。道の駅こぶちさわで集合、車中泊し、美濃戸へ。
・小滝も大滝も、ガイド山行半分、山岳会みたいなの半分って感じで、にぎわっていました。小滝も大滝も3〜4本ぐらいロープが垂れているものの、待ちなどはほぼ無く、渋滞というほどは無かったです。
・小滝でトップロープ4本、大滝でトップロープ1本、ノーテン。稀に片足が滑るが、手やもう片足が決まっているので落ちはしない。ただレストや、支点作るときなど、片手外しているときに片足が滑るとヤバいのでフットワーク(決めて、体重のせる)大事。小滝では疑似リードの練習をする。小滝の一番右のラインは、左側の凹隔からつららに乗り移るところが難しい。直登ばっかだったので、トラバースでバイルや足を送るのが新鮮だった。(バイルのクロス(そんなムーヴあるの?)、足の踏み替えが怖いので、氷に刺すか/肩にバイル置いて、もう片方のバイルにマッチして持ち替えた。たぶん合ってる…足は刻んだ…たぶんこれしかない。)
・小滝も大滝も、両側に残置スリング、ビナが有り懸垂下降しやすい。大滝は抜け口まで40m弱ぐらい、そこから終了点までナメが10m弱あるので、50m2本でちょうど良い。トップロープのビレイ時は、結び目通過があるので要クライマーとの意思疎通。
・(自分流) バイルを毎回振ると疲れるので、自然に出来ているガバや、人が空けた穴にフッキング&テスティングして抜けて省エネする。どうしてもいいのが無いときと、レスト、スクリューの時だけ、振って刺す。刺して決まると超安定して気持ちいい。レストは大事、両足決めてから休むこと、片足カウンターで休むのは危ない。バイルも氷に刺したまま手だけ外す。バイルをもったままレストすると、(落下防止バンドをハーネスと結んでいるものの)落とす可能性や、握り込んだ指が解放されてないので指が休めていない。モノポイント刺した後、かかとをしっかり下げて決めるところが曖昧なので、もう少し練習する。スクリューを刺す位置が悪く、最後まで刺さりにくい場所を選定してしまう&腰辺りだと言っているのに、胸辺りでやってしまうので注意する。
・買った状態のまま放置しているので、バイルのピックの面取り、モノポイントを研ぐために、シャープナーを買いにいかないと。刺しやすさより、抜けやすさが違う模様。ダウンに穴を開けてしまったので修理に出さないと…(ゲレンデアイスはバイルを携帯する必要もないので、登攀時以外は携帯せずに横に置いておこう!) スクリューホルダーと、スクリューに詰まった氷をほじり出す棒が欲しい。(V字スレッドのフックと兼用出来ると良いか…)
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ