ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 802566 全員に公開 沢登り丹沢

大小屋沢〜境界尾根 / シュガーの山遊記

日程 2016年01月16日(土) [日帰り]
メンバー jjmsugar, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

弥太郎川水系でまだ、遡行していないのは大小屋沢。と言うことで今日は大小屋沢。弥太郎林道終点の駐車場に駐車。橋を渡って入渓。左岸の仕事道に炭焼き窯跡あり。
大岩の重なる4mは乾いた左隅を登る。テーブル岩、烏帽子岩が現れる。やっと棚が現れ、滑状の10m、釜3mを登ると左岸に涸れ棚。前方のゴルジュの中には連続した棚が見え良い雰囲気。ここで休憩を入れる。
倒木で埋まった樋状3mを越え、末広6mを左、4m直漠はポリスさんが乾いた左から、自分は右から登るが、水が流れてグズグズ。おまけに手が濡れて痛くてしびれる。冬は乾いた方が正解。
4mCSは最後右隅、2mは右をヘツり連漠帯は終わった。面白いね〜!続く4mを流芯右から登ると沢は左に曲がり、多段20m滑が現れる。
樋4mをツッパリで越えると第二弾の連漠帯が現れる。迫力ある景観だね〜!4m滝を三本越えるとスラブの斜滝10mが現れた。外傾した中央水流部は滑って登れない。直ぐ右の乾いた壁を落ち葉を払って登る。岩が硬く安定している。
左からルンゼが合わさり、右に進むと第三弾の連漠帯が現れる。良いんじゃない!3m×3本を登ると立ったスラブ10mが現れた。ポリスさん、スラブが得意と言うことで、壁際に沿って登っていく。中段にハーケンが2ヶ所あり、下に1本、上に二本のスリングで輪を作って足を掛ける。その上にはホールドもハーケンもない。クラックを探って右壁に上がり、岩角の丸い岩を登って滝上に上がった。シュガーが続く。一段目のスリングを回収したが、二段目のスリングに足を掛けて、右壁に移るのでスリングの回収ができない。ロープも下から伸びており、怖エー!上に登るには岩角が丸く滑りそう。安全のためスリングが出たが、岩と体の隙間がなくハーネスの中央に連結できない。使うわけではないので腰の横に掛け、残りの3mを登った。やー!しびれたね!
スリングを回収しにポリスさんロープで下降。ごぼうで引き上げる。核心部は終わり、後は詰めるだけ。
ルンゼが現れ左、左、左に進む。このまま進むと最後大変になりそう。と言うわけで、左の斜面を登り境界派生尾根に上がった。そのまま登って840m境界尾根合流地点で昼食。ところが上がったところが境界尾根で、昼飯にしたところが三峰山登山道合流地点と勘違い。
食後、また派生尾根を降りて行ったが、沢に向かっている上に隣に尾根と825mPが見える。アッチじゃない?戻って825m境界尾根29号から下り直す。脚立のP26号で右に進み、モミの木の間を降りていく。600m辺りでウシップティを探しに左にトラバースするが見当たらず戻る。以前も探したが見つからなかった。縁がないのかね?尾根を下り、左の滝ヶ谷戸を見て、右の不動尻からの登山道に合流、帰還した。

8:00  駐車場     
8:35  大岩4m    
9:24  烏帽子岩
9:30  滑10m     
9:40  連漠帯     
10:01 多段20m滑   
10:03 連漠帯4m×3  
10:09 スラブ斜め10m 
10:23 連漠帯3m×3  
10:26 スラブ10m   
11:27 715m分岐左   
11:30 730m遡行打切り 
11:44 800m境界派生尾根   
12:32 境界尾根31号石柱 昼食    
12:53 825m境界尾根      
13:08 脚立のP          
14 : 15 駐車場
*ルート図は手書きなので正確ではありません。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

4mは大岩左の窪みを登る。
2016年01月16日 08:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4mは大岩左の窪みを登る。
540mで烏帽子岩。
2016年01月16日 09:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
540mで烏帽子岩。
滑状10m、釜3mを登ると左岸に涸れ棚。
2016年01月16日 09:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑状10m、釜3mを登ると左岸に涸れ棚。
正面のゴルジュの中には連続した棚。
2016年01月16日 09:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面のゴルジュの中には連続した棚。
末広6mを左
2016年01月16日 09:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
末広6mを左
4m直漠はポリスさんが乾いた左、自分は右から登る。
2016年01月16日 09:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4m直漠はポリスさんが乾いた左、自分は右から登る。
2mは右をヘツる。
2016年01月16日 09:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2mは右をヘツる。
4mを流芯右から。
2016年01月16日 09:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4mを流芯右から。
多段20m滑、樋4mを登る。
2016年01月16日 10:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多段20m滑、樋4mを登る。
第二弾の連漠帯。4m滝三本。
2016年01月16日 10:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二弾の連漠帯。4m滝三本。
中央水流部の右の乾いた壁を落ち葉を払って登る。
2016年01月16日 10:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央水流部の右の乾いた壁を落ち葉を払って登る。
第三弾の連漠帯が現れる。3m×3本とスラブ10m。
2016年01月16日 10:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三弾の連漠帯が現れる。3m×3本とスラブ10m。
核心部。中段にハーケンが2ヶ所。スリングで輪を作って登り、右壁に移って上に抜ける。
2016年01月16日 10:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部。中段にハーケンが2ヶ所。スリングで輪を作って登り、右壁に移って上に抜ける。
ルンゼを左、左、左に進む。730m辺りで左の斜面を登る。
2016年01月16日 11:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼを左、左、左に進む。730m辺りで左の斜面を登る。
倒木の転がる800m境界派生尾根に上がる。
2016年01月16日 11:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木の転がる800m境界派生尾根に上がる。
31号石柱のある840m境界尾根合流地点で昼食。
2016年01月16日 12:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
31号石柱のある840m境界尾根合流地点で昼食。
脚立のPで右尾根を下り、不動尻からの登山道に合流。
2016年01月16日 13:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脚立のPで右尾根を下り、不動尻からの登山道に合流。

感想/記録

核心部は最後のスラブ滝です。残置ハーケンが2ヶ所あります。
訪問者数:181人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ