ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 802859 全員に公開 沢登り丹沢

水ノ尻沢〜八丁経路 /シュガーの山遊記

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー jjmsugar, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:02 弥太郎川林道脇に駐車
8:19 平成の森広場から入渓。スリット式堰堤
9:01 三段15m
9:17 3m幅広〜滝場
9:50 二段二条8m
10:11 ゴルジュ帯
10:26 二段CS4m (閂状棚?)
10:32 二俣を右
10:39 8m
10:54 標高700m 遡行打切り
11:06 標高765m 八丁経路入口 昼食
11:55 八丁経路下降
12:58 平成の森広場
13:05 弥太郎川林道脇駐車場所

なかなか行く機会がなかった水の尻沢に出掛けた。悪場の巻きがある滝場と、閂(かんぬき)状棚がどんなものか気になっていた。
リバーランドの先の林道脇に駐車。平成の森に続く林道を進み、広場の先のスリット式堰堤を潜って入渓。ゴーロと倒木がうるさい薄暗い沢で遡行意欲がわかない。左岸の仕事道で堰堤を越えていく。夏なら如何にもヒルの巣窟と言う感じでサッサと逃げ帰っているだろう。
やっと滝らしい滝、三段15mが現れた。見た感じ、手がかりがなく赤い苔が滑って登れそうにない。左の壁を巻き上がる。岩壁に泥と小石が乗って危ういが、トラロープが設置されたのか安全に登れた。
スラブの苔が付いた小滝が連続。いずれも直登可能で面白い〜!
二段二条8mは左の水流が登れそうだったが、ポリスさんが右の方が安全ということで登るが、岩が脆くグズグズで断念。右斜面を巻くが岩壁に泥が乗って危うい登り。滝上部に慎重にラバースして上がる。
水が涸れゴルジュの涸れ棚が続く。谷が狭まり両側の岩壁が立って迫力満点。良い感じだね〜。左に柱状節理のように垂直に切り立ったルンゼが現れる。ここも凄いね〜!三峰山の周りはどこも上部は急峻なルンゼ。
正面に二段のCS4m棚が現れ快適に登る。倒木のあるCSを越えると二俣。堺尾根の上から左右の沢の上部を窺うと、左はそのまま終わりそう。右はまだ続きそうなので右俣へ進む。8mの垂直な棚が行く手を遮る。堺尾根を登って棚上に下りる。
棚上はザレのルンゼが尾根まで続いている。岩壁の間のルンゼを詰めていくが、足元が崩れ進まない。稜線がすぐそこに見えているところで2mずり落ちる。ヤバイ!滑ったら下まで止まらない。そろそろ上がりどころ。右の灌木帯に逃げて少し登ると物見峠からの登山道745m辺りに合流。直に標識の立つ八丁経路入口に到着。ここでゆっくり昼食。
面白かったね〜!ザイル使うところもなかったね。閂状棚ってどこだったんだろうね?二段CS4mのことかな?
帰ってネットで調べると閂状の棚ではなく閂状の狭いルンゼとありました。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

スリット式堰堤
2016年01月10日 08:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリット式堰堤
三段15mは右岸から巻く。トラロープが設置されたのか安全に登れた。
2016年01月10日 09:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段15mは右岸から巻く。トラロープが設置されたのか安全に登れた。
3m幅広は中央水流
2016年01月10日 09:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3m幅広は中央水流
3m樋状CSはツッパリで
2016年01月10日 09:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3m樋状CSはツッパリで
V字斜め滝も水流
2016年01月10日 09:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字斜め滝も水流
二段二条8mは左岸を巻くがグズグズで悪い。
2016年01月10日 09:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二段二条8mは左岸を巻くがグズグズで悪い。
巻き途中
2016年01月10日 10:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き途中
1
ゴルジュ
2016年01月10日 10:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ
狭まる
2016年01月10日 10:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭まる
切り立つ両側の岩壁。迫力満点!
2016年01月10日 10:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り立つ両側の岩壁。迫力満点!
左に柱状節理のような垂直なルンゼ。凄え〜!
2016年01月10日 10:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に柱状節理のような垂直なルンゼ。凄え〜!
二段CS4m埋まってしまったのか簡単。
2016年01月10日 10:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二段CS4m埋まってしまったのか簡単。
1
二俣を左に入り堺尾根で沢の上部の様子を見て右俣に下りる。
2016年01月10日 10:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣を左に入り堺尾根で沢の上部の様子を見て右俣に下りる。
8m涸れ棚は登れないので、左の境尾根から巻く。
2013年12月15日 10:36撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8m涸れ棚は登れないので、左の境尾根から巻く。
ザレルンゼの詰め。
2016年01月10日 10:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレルンゼの詰め。
滑って危険!右の灌木のある岩稜帯に逃げる。
2016年01月10日 10:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑って危険!右の灌木のある岩稜帯に逃げる。
八丁経路入口で昼食。帰りはそのまま八丁経路を下る。
2016年01月10日 11:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁経路入口で昼食。帰りはそのまま八丁経路を下る。

感想/記録

三段15mの右岸の巻きは、岩壁に泥と小石が乗っていますが、トラロープが設置され安全になりました。 
二段二条8mの左岸の巻きは、岩壁に泥が乗って危うい登りです。慎重に登る必要があります。
訪問者数:145人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ