ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 806534 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白山

北部白山山系大展望地 鉢伏平〜カラスカグラの頭 白山目附谷

日程 2016年01月30日(土) [日帰り]
メンバー K-Miller
天候くもり のち またまた晴れよった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白山市尾添R360目附谷橋たもとの路側帯に駐車。
ちなみにここは狭いわよ。
おしくらまんじゅうしたって3台くらいしか停められないから早いもん勝ちよ。
気の合うお仲間さん達と挑まれたい場合は道の駅「瀬女」、もしくは旧中宮温泉スキー場に駐車し1台に乗合まして来られるのが賢明かしら。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間37分
休憩
1時間25分
合計
10時間2分
S目附谷橋取付08:0712:12鉢伏平12:2213:34カラスカグラの頭14:4715:38鉢伏平15:4018:09目附谷橋たもとG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般的に雪質はモナカ状態。
スノーシューを装着してくるぶし程度の沈み具合ですたけれどもこれが結構足にくるの。
沈んだ足を雪から引っこ抜くのがしんどいしんどい。
特に下山は拷問ね。
足首が捻挫しそうでフワフワパウダーのようにビュンビュン降りられないのよ。
とは言えつぼ足だと容赦なく股下ズッポリとなっちゃうし・・・。

鉢伏平への登りでは急なオープンバーンとなっており一見どこでも攻められそうなのですが条件によっては雪崩の危険性が十分に考えられる。
極力尾根伝いで挑むべし。
また鉢伏平からカラスカグラの頭の間ではカリカリクラストもプレゼント。
登りよりも急な降りの方が結構ハラハラなのよ。
その他周辺情報R157沿い白山市吉野にございます大門温泉♨へお邪魔いたしますた。
シャンプー&リンスにボディソープ備え付きで大人お一人様370円は大変リーズナブルだわね。
500円玉持って入りお釣りで入浴後にはアイスが食べられちゃうねんで。
ム〜ふっふっふ。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

まずは秘伝の古地図をご覧あれ

今回挑んだお山には国土地理院の地図上に山名は記載されておりません。
もちろん登山道整備もされていないのよ。
厳冬期限定のATTACK可能なこちらのお山にはきっと地元の民より古くから山名が付けられていたハズとの事で調べてみますたよ。
ほ〜らあったジョ。
国土地理院地図上でのP1327が「鉢伏平」。
P1467が「カラスカグラの頭」って言うだよん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは秘伝の古地図をご覧あれ

今回挑んだお山には国土地理院の地図上に山名は記載されておりません。
もちろん登山道整備もされていないのよ。
厳冬期限定のATTACK可能なこちらのお山にはきっと地元の民より古くから山名が付けられていたハズとの事で調べてみますたよ。
ほ〜らあったジョ。
国土地理院地図上でのP1327が「鉢伏平」。
P1467が「カラスカグラの頭」って言うだよん。
8
R360目附谷橋たもと

この先にあります一里野温泉スキー場へ向かう車がビュンビュンと行き交う中、「こんなところから一体何処に行く気だ?」とロバみたいな眼差しで不思議そうにこちらを見つめる運転手さんたち。
裕福なロバさん達はどうぞスキー場へ行ってEnjoyしてくだちい。
貧乏なMillerさんは寂しいお山へと入り込みこっそりと楽しみますさかい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R360目附谷橋たもと

この先にあります一里野温泉スキー場へ向かう車がビュンビュンと行き交う中、「こんなところから一体何処に行く気だ?」とロバみたいな眼差しで不思議そうにこちらを見つめる運転手さんたち。
裕福なロバさん達はどうぞスキー場へ行ってEnjoyしてくだちい。
貧乏なMillerさんは寂しいお山へと入り込みこっそりと楽しみますさかい。
3
目附谷沿いの林道を行く

今回は初の試み、セメント会社脇の林道からスノーハイクよん。
せやけど所々で林道脇の斜面からドドドっとデブっちゃってるから、あ〜コワコワ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目附谷沿いの林道を行く

今回は初の試み、セメント会社脇の林道からスノーハイクよん。
せやけど所々で林道脇の斜面からドドドっとデブっちゃってるから、あ〜コワコワ。
3
愛の架け橋

前方に見える橋を渡れば「ロード・オブ・ザ・リング」が始まるねん。
ふふん、予想通りに人が入った形跡がまるで無しよん。
今日も貸切ワンマンショー、静かに爆発させていただくわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛の架け橋

前方に見える橋を渡れば「ロード・オブ・ザ・リング」が始まるねん。
ふふん、予想通りに人が入った形跡がまるで無しよん。
今日も貸切ワンマンショー、静かに爆発させていただくわ。
1
目附谷

はい、そこのアナタ!。
この谷の名をふりがな無しで読めたら、アナタは立派な白山オタクの仲間入りよ。
答えは「めっこだに」。
教えてあげたからMillerさんに10円ちょうだい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目附谷

はい、そこのアナタ!。
この谷の名をふりがな無しで読めたら、アナタは立派な白山オタクの仲間入りよ。
答えは「めっこだに」。
教えてあげたからMillerさんに10円ちょうだい。
4
つまらん林道歩きで高度を稼ぐ

前回の山行では直に地蔵尾根を目指したのだけれども今年は異常すぎる小雪化の影響で雪のつながり具合が全く読めない。
標高の低いポイントでは超つまんないけれど林道歩きで進軍する方が無難と考えた。
画像は旧中宮温泉スキー場と取付き場所の目附谷橋が見えるジョ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つまらん林道歩きで高度を稼ぐ

前回の山行では直に地蔵尾根を目指したのだけれども今年は異常すぎる小雪化の影響で雪のつながり具合が全く読めない。
標高の低いポイントでは超つまんないけれど林道歩きで進軍する方が無難と考えた。
画像は旧中宮温泉スキー場と取付き場所の目附谷橋が見えるジョ。
ランドマークの硬派笈ケ岳登場!

本コースのお楽しみ中のお楽しみがこちら。
雪の笈ってのは男をホの字にさせるね〜。
ちなみにこちらの男前はこれから目指すPEAKまでず〜っと登場しっぱなしのレギュラーよん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランドマークの硬派笈ケ岳登場!

本コースのお楽しみ中のお楽しみがこちら。
雪の笈ってのは男をホの字にさせるね〜。
ちなみにこちらの男前はこれから目指すPEAKまでず〜っと登場しっぱなしのレギュラーよん。
3
シャクシケ平に乗っかっちゃえ

いい加減林道歩きに嫌気がさしてきたばい。
ここまで来たらもうどこでもござれの展開となってきたジョ。
え〜い!林道脱線じゃ。
授業中に教室を抜け出すビーバップ仲村トオルの気分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクシケ平に乗っかっちゃえ

いい加減林道歩きに嫌気がさしてきたばい。
ここまで来たらもうどこでもござれの展開となってきたジョ。
え〜い!林道脱線じゃ。
授業中に教室を抜け出すビーバップ仲村トオルの気分。
2
シャクシケ平

ここから望む加賀新道の稜線よん。
稜線右奥には一際白く輝く清浄ケ原がチラッとサービス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクシケ平

ここから望む加賀新道の稜線よん。
稜線右奥には一際白く輝く清浄ケ原がチラッとサービス。
1
お!青空???

加賀禅定道上空に青空が広がりだしてきたジョ。
これはひょっとして今回もお立ち台インタビューを受けられちゃうワケでっか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お!青空???

加賀禅定道上空に青空が広がりだしてきたジョ。
これはひょっとして今回もお立ち台インタビューを受けられちゃうワケでっか?
林道出合にバームクーヘン

先ほど脱線した林道にまたまた出会ってしまう。
本コースを攻める上で序盤にグニャグニャと走る林道に乗っかったり跨いだりするってのが随所にあんねん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道出合にバームクーヘン

先ほど脱線した林道にまたまた出会ってしまう。
本コースを攻める上で序盤にグニャグニャと走る林道に乗っかったり跨いだりするってのが随所にあんねん。
1
究極の欲望を満たす

マラソンで言う栄養補給ポイントに差し掛かりますた。
このペアの組み合わせが結構ムラムラしちゃって良いんだ。
せやけど「あがるぜ!」ってどういうことなんでしょう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
究極の欲望を満たす

マラソンで言う栄養補給ポイントに差し掛かりますた。
このペアの組み合わせが結構ムラムラしちゃって良いんだ。
せやけど「あがるぜ!」ってどういうことなんでしょう?
2
rabbit foot

不思議とウサちゃんの進む方が目指すルートとバッチグーでありますねん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
rabbit foot

不思議とウサちゃんの進む方が目指すルートとバッチグーでありますねん。
2
涙の太陽

「ギ〜ラ〜、ギ〜ラ太陽が燃えるように〜♪」。
私の顔もギラギラよ。
(ほっとけっつうねん)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涙の太陽

「ギ〜ラ〜、ギ〜ラ太陽が燃えるように〜♪」。
私の顔もギラギラよ。
(ほっとけっつうねん)
中ボス鉢伏平(P1327)登場

鉄拳で申しましたら三島平八ってところでしょうか。
まずはヤツを攻略せねばならん。
せやけどまだまだ・・・、まだまだ遠いねん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ボス鉢伏平(P1327)登場

鉄拳で申しましたら三島平八ってところでしょうか。
まずはヤツを攻略せねばならん。
せやけどまだまだ・・・、まだまだ遠いねん。
1
スレンダーなブナ嬢達

ここのブナ嬢たちのウエストはみな細くてスタイル抜群。
貴女たちにハイマンナンはいらないわね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スレンダーなブナ嬢達

ここのブナ嬢たちのウエストはみな細くてスタイル抜群。
貴女たちにハイマンナンはいらないわね。
1
厳冬の要塞「三村山」

厳冬期屈強な要塞と化する三村山が荒谷を隔ててお向かいさんにデ〜ンと鎮座する。
先日は運良くPEAKに立てたがこれだけ雪が多くなったら手前の前衛峰の雪崩が超ヤバヤバでおっかなくまず進めやしない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳冬の要塞「三村山」

厳冬期屈強な要塞と化する三村山が荒谷を隔ててお向かいさんにデ〜ンと鎮座する。
先日は運良くPEAKに立てたがこれだけ雪が多くなったら手前の前衛峰の雪崩が超ヤバヤバでおっかなくまず進めやしない。
4
水原山から大辻山ラインを望む

あの稜線もいつか・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水原山から大辻山ラインを望む

あの稜線もいつか・・・。
1
ブナの葉から雫
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの葉から雫
3
煌く雫ZOOM

ダ・イ・ア・モ・ン・ド・だ・ね〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
煌く雫ZOOM

ダ・イ・ア・モ・ン・ド・だ・ね〜♪
7
春の息吹

可愛いブナの新芽たちだよん。
これらに新緑が芽吹く春がそれはそれで待ち遠しいねん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春の息吹

可愛いブナの新芽たちだよん。
これらに新緑が芽吹く春がそれはそれで待ち遠しいねん。
鉢伏平ジャイアントゲレンデ

越戸池までやってきたジョ。
目の前には「さぁかかってこい!」と言わんばかりの威圧的な急斜面が立ちはだかっている。
三島平八の戦いが本コースの難関の一つやねん。
雪崩も危惧されるので心してかかるべ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢伏平ジャイアントゲレンデ

越戸池までやってきたジョ。
目の前には「さぁかかってこい!」と言わんばかりの威圧的な急斜面が立ちはだかっている。
三島平八の戦いが本コースの難関の一つやねん。
雪崩も危惧されるので心してかかるべ。
1
振り返れば越戸池

画像中央の木々が立っていない広い場所辺りに神秘的な泉「越戸池」があるそうです。
錆びた斧をドボンと落とせば金の斧に変わるそうですが今は休業中であります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば越戸池

画像中央の木々が立っていない広い場所辺りに神秘的な泉「越戸池」があるそうです。
錆びた斧をドボンと落とせば金の斧に変わるそうですが今は休業中であります。
1
羽ばたくキングギドラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽ばたくキングギドラ
1
オープンバーン

開放的な広い斜面がちぢく。
BCさんが泣いて喜びそうな美味しい斜面やねんで。
笈を目の前にしてシャーっと滑走しちゃえば気分爽快よん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オープンバーン

開放的な広い斜面がちぢく。
BCさんが泣いて喜びそうな美味しい斜面やねんで。
笈を目の前にしてシャーっと滑走しちゃえば気分爽快よん。
2
白山登場!

鉢伏平(P1327)を見事に攻略しますた。
ここに来て・・・、と申しますか、ここに来ないことには白山が望めないってところが本コースのニクいところ。
ほ〜ら北部白山の良い眺めでしょ。
せやけどSuper Dynamite Viewを望むのなら右に見えるアソコに行かなくっちゃね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山登場!

鉢伏平(P1327)を見事に攻略しますた。
ここに来て・・・、と申しますか、ここに来ないことには白山が望めないってところが本コースのニクいところ。
ほ〜ら北部白山の良い眺めでしょ。
せやけどSuper Dynamite Viewを望むのなら右に見えるアソコに行かなくっちゃね。
2
笈&大笠山もババ〜ンよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笈&大笠山もババ〜ンよ
いざラスボス戦

アソコのいかついお山がラスボス「カラスカグラの頭」である。
ここからは本コース一番の急斜面攻めとなるのだがクラストが予想されるので抑えの切り札のつるはし君にスイッチした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざラスボス戦

アソコのいかついお山がラスボス「カラスカグラの頭」である。
ここからは本コース一番の急斜面攻めとなるのだがクラストが予想されるので抑えの切り札のつるはし君にスイッチした。
2
一旦ダウ〜ンと鞍部へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦ダウ〜ンと鞍部へ
みるみる青空

鞍部から鉢伏平を振り返ると・・・。
おお〜!いつもの展開になってきたやん♡
猛打賞のMillerさんは今日も健在か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みるみる青空

鞍部から鉢伏平を振り返ると・・・。
おお〜!いつもの展開になってきたやん♡
猛打賞のMillerさんは今日も健在か?
ビューティーペア

ビューティビューティー♪
(歌わんでええっちゅうねん)
境ケ谷越しから望む幻の名峰笈ケ岳と大笠山ペアよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビューティーペア

ビューティビューティー♪
(歌わんでええっちゅうねん)
境ケ谷越しから望む幻の名峰笈ケ岳と大笠山ペアよ
2
最大核心

ギョギョ!!!
クラスト急斜面を登りきったら最後に立ちはだかったのは高さ1.5m超えの直立反り返し付き氷雪壁であった。
こりゃ下手打ったら後方に「ああああ〜っ!」と滑落するで。
ここで万事休すかと思いきや、それでも諦めないのが猛打賞男の勢いである。
画像赤丸で記した場所をつるはし君のブレードでことごとく解体。
こうして道は開かれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最大核心

ギョギョ!!!
クラスト急斜面を登りきったら最後に立ちはだかったのは高さ1.5m超えの直立反り返し付き氷雪壁であった。
こりゃ下手打ったら後方に「ああああ〜っ!」と滑落するで。
ここで万事休すかと思いきや、それでも諦めないのが猛打賞男の勢いである。
画像赤丸で記した場所をつるはし君のブレードでことごとく解体。
こうして道は開かれた。
1
鉢伏平を振り返る

難関を突破し雪壁上から振り返ってみた。
攻めてきた急斜面が見えないくらいの高度感よ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢伏平を振り返る

難関を突破し雪壁上から振り返ってみた。
攻めてきた急斜面が見えないくらいの高度感よ。
2
ブナの巨木群

雰囲気の良い森をランランしながら進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの巨木群

雰囲気の良い森をランランしながら進む。
1
ダケカンバさんも勿論いますよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバさんも勿論いますよ
1
LAST

ケンタッキーの足跡に導かれるように進むと・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
LAST

ケンタッキーの足跡に導かれるように進むと・・・。
1
ごーーーーーーる!!!

カラスカグラの頭(P1467)制覇!
ここの頂上からの眺望は720度の大展望やねんで。
(勢い余って2周しちゃう)
まず目の前に見えるお山は冬期限定のショウガ山であります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごーーーーーーる!!!

カラスカグラの頭(P1467)制覇!
ここの頂上からの眺望は720度の大展望やねんで。
(勢い余って2周しちゃう)
まず目の前に見えるお山は冬期限定のショウガ山であります。
4
大辻山

こちらも冬期限定のPREMIUM。
標高はカラスカグラとどっこいどっこいよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大辻山

こちらも冬期限定のPREMIUM。
標高はカラスカグラとどっこいどっこいよ。


鷲走後方にはMillerさんの住むベルサイユの街並みもよ〜く見えるねん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す


鷲走後方にはMillerさんの住むベルサイユの街並みもよ〜く見えるねん。
1
白山北方稜線

白山北方五車星がズラ〜リ。
さしずめ大門山、大笠山、笈ケ岳、仙人窟岳、三方岩岳といったところでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山北方稜線

白山北方五車星がズラ〜リ。
さしずめ大門山、大笠山、笈ケ岳、仙人窟岳、三方岩岳といったところでしょうか。
3
白山

ユリア登場。
デカい!
デカすぎる!
他の峰々を圧倒しきっちゃって格の違いを存分に感じられる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山

ユリア登場。
デカい!
デカすぎる!
他の峰々を圧倒しきっちゃって格の違いを存分に感じられる。
8
殊勲賞のつるはし君

君のおかげで今日も良いドラマを見させていただきますた。
帰ったら肉まんをご馳走してあげちゃうよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殊勲賞のつるはし君

君のおかげで今日も良いドラマを見させていただきますた。
帰ったら肉まんをご馳走してあげちゃうよ。
5
白山〜ショウガ山panorama
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山〜ショウガ山panorama
1
ショウガ山〜大辻山panorama
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウガ山〜大辻山panorama
3
惚れ惚れZOOM

加賀禅定道の稜線から美女坂へ。
その上部には白く煌く四塚山と清浄ケ原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惚れ惚れZOOM

加賀禅定道の稜線から美女坂へ。
その上部には白く煌く四塚山と清浄ケ原。
4
クライマックス男

見てちょうだいな。
この絶好調ぶりを。
またまた美味しいところで見事に晴れよったで。
これで6打数6安打、奇跡の快進撃はまだちぢくのだ。
ふふん、この素敵なロケーションを今日も独占よ♡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライマックス男

見てちょうだいな。
この絶好調ぶりを。
またまた美味しいところで見事に晴れよったで。
これで6打数6安打、奇跡の快進撃はまだちぢくのだ。
ふふん、この素敵なロケーションを今日も独占よ♡
6
頂上は結構広い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上は結構広い
給食のお時間

本日のメニューは庶民に愛される塩ラーメンからセレブに愛されるチャンポンめんへグレードアップよん。
もちろん具も用意いたしますたわ。
お湯が沸くまでまたまた撮影TIMEとするわね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
給食のお時間

本日のメニューは庶民に愛される塩ラーメンからセレブに愛されるチャンポンめんへグレードアップよん。
もちろん具も用意いたしますたわ。
お湯が沸くまでまたまた撮影TIMEとするわね。
3
神々しさ500%

北部白山Fanのお方なら鳥肌モンでございましょう。
この時期にこのダイナミックなシーンを見られるところが他にあるかしら?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神々しさ500%

北部白山Fanのお方なら鳥肌モンでございましょう。
この時期にこのダイナミックなシーンを見られるところが他にあるかしら?
2
出来上がり♡

頂上は風も殆ど無く日差しも当ってむしろ暖かいのよ。
こんな素敵なロケを前にして食べるイタリア料理は格別だわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出来上がり♡

頂上は風も殆ど無く日差しも当ってむしろ暖かいのよ。
こんな素敵なロケを前にして食べるイタリア料理は格別だわ。
2
大笠山 笈〜白山panorama
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大笠山 笈〜白山panorama
3
下山開始

あまりの心地よさに1時間以上のんびりとしちゃいますた。
名残惜しいんですけれど車に着く頃には陽が暮れちゃうかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始

あまりの心地よさに1時間以上のんびりとしちゃいますた。
名残惜しいんですけれど車に着く頃には陽が暮れちゃうかも。
大好きな森で道草三昧

下山がスタスタといかないのよ。
パリパリ雪はスノーシューの敵だわ。
急ぐと足首の捻挫しそうなので雰囲気の良い森をゆっくり楽しみながら降りるとするわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好きな森で道草三昧

下山がスタスタといかないのよ。
パリパリ雪はスノーシューの敵だわ。
急ぐと足首の捻挫しそうなので雰囲気の良い森をゆっくり楽しみながら降りるとするわ。
再び鉢伏平

白山さん、今日は本当にありがとうございますた。
また必ず来るね。
ばいば〜い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び鉢伏平

白山さん、今日は本当にありがとうございますた。
また必ず来るね。
ばいば〜い。
気が抜けない急勾配

鉢伏平からの降りもパリパリ春雨雪質なもんだから足が悲鳴を上げちゃってハラハラもんの拷問だったよん。
スキーが欲しいね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気が抜けない急勾配

鉢伏平からの降りもパリパリ春雨雪質なもんだから足が悲鳴を上げちゃってハラハラもんの拷問だったよん。
スキーが欲しいね。
タムシバ君

よっ!新一年生ガンバレ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバ君

よっ!新一年生ガンバレ!
ほんのりSHADOW
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんのりSHADOW
黄昏て三村山

陽が暮れてきちゃいますた。
これよりグラデーションTIMEとなるのでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄昏て三村山

陽が暮れてきちゃいますた。
これよりグラデーションTIMEとなるのでしょうか?
3
高倉山〜中宮山ライン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高倉山〜中宮山ライン
1
笈 大笠山がヤバいくらいに美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笈 大笠山がヤバいくらいに美しい
1
鉢伏平もほんのり色付く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢伏平もほんのり色付く
1
究極の笈 究極の大笠山

モナカに苦しんで下山がはかどらなかった事が功を奏したのか?
めっちゃ危険な美しさを施した笈&大笠山に遭遇できた。
こんな美しい笈は初めて見たよ。
夕刻時の笈は絶品中の絶品だね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
究極の笈 究極の大笠山

モナカに苦しんで下山がはかどらなかった事が功を奏したのか?
めっちゃ危険な美しさを施した笈&大笠山に遭遇できた。
こんな美しい笈は初めて見たよ。
夕刻時の笈は絶品中の絶品だね〜。
4
夕焼け色に染まってキター
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼け色に染まってキター
白山も燃えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山も燃えてきた
1
四塚山&清浄ケ原のアーベントロート

今日は一日たっぷりと遊んだジョ。
サクサク降りていりゃこんな美しい白山にも出会えなかったっつう事でんな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四塚山&清浄ケ原のアーベントロート

今日は一日たっぷりと遊んだジョ。
サクサク降りていりゃこんな美しい白山にも出会えなかったっつう事でんな。
1
さようなら白山

赤く燃えて今日の日が終わった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さようなら白山

赤く燃えて今日の日が終わった。
1
すっかり真っ暗な目附谷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり真っ暗な目附谷
星が出てきてGAME SET
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星が出てきてGAME SET
1

感想/記録

アップが遅〜てすんませんス。

いやぁ、この日もね北陸地方は午前中まで雨が残り午後からは曇り模様と出ていたので眺望も樹氷も期待出来やしないと思い、これまで奇跡の絶好調を維持してきたけれどこりゃ今日はPASSだなと諦め朝6時までぐっすりしちゃっていますた。
だけど明日の日曜もはっきりしないと出ているし(実は超どピーカンになっちゃう)退屈な週末はやっぱ耐えられん。
これから雨が止むっつうのならちょっくら出かけてくるかいなと、ムックっとzombieが目覚めた。
相方のハーマイオニーちゃんは必殺稼業が入っているので今回はFREEとなっちまった。
朝食時、永谷園のお吸い物をすすりながら行き先を何処にしようか思案していたら、向かいに座るクロワッサンに紅茶を洒落込むハーマイオニーちゃんが「Sanchanさんとsouさんのいる越前甲に突撃バズーカしておいで!」と言ってきた。
それもおもろい企画かもね。
雪の越前甲は唯一敗北を喫したほろ苦い想い出のある侮れない里山である。
まだリベンジも果たせていないのである意味絶好のチャンスかもしんない。
ホウキに乗って行ってみますかとまたいでみたが・・・、おい!一向に動いてくれないやんか!。
右往左往しているところを通学途中の中学生のお嬢ちゃんに見られてしまい、彼女の心の中を覗いてみた。
「朝からバカがいる」。
・・・。
「こっちゃ〜仲代達矢さんの劇団を夢見て真剣に練習してんだぞ!」という想いはどうやら彼女には伝わらなかったようだ。
バズーカを車に積んだのだが彼らの取付き先に到着する頃には朝の9時半を回っちゃうだろう。
今のMillerさんにとって越前甲は月と同じくらいに遠い場所でこりゃ諦めざるを得ない。
もっと近い場所で静かでワクワク出来るところにしよっと。
時間的にウチから医王山へ向かうのとなんら変わらず、昨年2度楽しんだことのあるカラスカグラの頭に決めた。
北部白山の大好きなMillerさんにとってここはお気に入りの場所でもありますねん。
そうよ、PEAKからの大展望が5つ星なの。
おまけにここは登山道も整備されていない冬期限定でありますて、どこぞの賑やかなお山と比べ人が全く入らない静けさが保証された場所でもあるねん。

取付き場所に到着したらやっぱり1台も車が停まっていなかった。
ブログもヤマレコもされない地元BCスキーヤーのお方達の密かな穴場でもあるので、ひょっとしたらトレースが期待出来るかもと思っていたのですが、どうやら今日はMillerさんの独壇場のようだ。
前回までは駐車場所からダイレクトに地蔵尾根を目指して挑んでみたが、今年は記録的な暖冬小雪化に伴い標高の低い辺りの雪の付き具合が全く読めないので今回は林道を活用してシャクシケ平から攻めてみる事に決めた。
朝方までプチプチと降っていた雨が上がり予報通り曇り空の展開の中高度を上げて行くが嬉しい事に遠望が効いているのである。
ランドマークである笈ケ岳がよ〜く見えんのよ。
シャクシケ平を過ぎ林道出合に到着すると雲の合間から陽も差すようになってきたジョ。
これは今年の山行の典型的な絶好調の証と変わんない。
このあとのクライマックスを大いに期待しちゃって良さそうかも・・・フフフ。
胸を躍らせながらも足取りは非常に重く、取付き開始早々からのモナカ雪に悪戦苦闘なにょよ。
フカフカラッセルもかなりしんどいけれど、重重ラッセルも結構足にく来んねん。
ここは妙なHIGHになる魔法の飲料を摂取して気合を入れ直すしかあらへん。
気合が実り感動の白山ご対面を鉢伏平で果たせたMillerさんはラスボスへ果敢にATTACK。
恐怖のクラスト急斜面を私は何を考えて進んでいただろうか?
ホウキが有ったらビュ〜ンと行けちゃうのに、便所のスリッパみたいなモノを履いて俺は一体何をしてんだろ?
ブツブツ言いながらも遠くを見つめると笈&大笠山が慰めてくれる。
そして・・・。
ババ〜ン!!!
「初恋の彼女との○十年降りの再会」ってな瞬間が訪れた。
クライマックス男、今日も健在!
カラスカグラのPEAKに立つと今日も晴れちゃった。
豪華眺望は勿論ごちそうさんであります。
白山北方稜線が見事。
ショウガ山や大辻山もドーン。
そして主役の白山は息を呑む美しさと豪快さ。
来て良かった。
今朝寝坊したアンタはエラい!
一人で胴上げ監督の気分に浸る。
下山時のモナカ斜面に苦しみ大幅に遅れてしまったが、そのお陰でアーベントロートまで堪能出来た。
夕刻の笈には涙が出たよ。
今日も良い一日を思う存分たっぷり楽しんだMillerさんであった。
今晩は良い夢見れそうだわ。



訪問者数:284人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/14
投稿数: 2370
2016/2/6 7:09
 近くにいたんですか
ホウキ乗ったホビットさん!
越前甲で待ってたのにボンタン履いてこんな所で油売ってたんですか。

いやー、最高に素晴らしいですね。
スキーじゃなくてスノーシューってところが悲しいところですが・・・今度行ってみようかな。
時間がない時にサクっと行ってみたいと思いながら、実は内灘からだと1時間半くらいかかるので五箇山界隈や富山の方が近かったりするんですよ^^;

越前甲も午後から晴れてきていましたが、こちらの方がより良かったみたいですね。

それにしても美女坂の傾斜・・・おそろしや
登録日: 2014/12/7
投稿数: 381
2016/2/6 8:16
 ジュワッと感動!
Sanchanさん、おはようございます。
ありがとうございます。

そ〜よ〜、ホウキを持ったレレレのボクちゃんが実はそばにいたのよ。
道の駅瀬女にsouさん所有の三菱重工業製の戦車も見かけたわ。
軍歌をガンガン鳴らして凱旋してもらいたいわね。

そ、実はここも冬の隠れ白山FANの静かな静かな穴場なの。
(って、バラしちゃいけね〜か)
密集した木々が少なく開放感溢れる斜面が多いので地元のBC好きーやー様達の静かに楽しみたいPrivate Fieldとなっているよん。
人がほとんど入らないお山なのでルーファイ能力が試されアドベンチック満載ってところもお気に入りね。
北部白山オタクのSanchanさんなら間違いなく一目惚れしちゃうわよ〜ん。
まゆみさんを思い出してTRYしてみてね
登録日: 2014/10/11
投稿数: 2547
2016/2/6 9:51
 この角度ですよ!
ミラーさん こんにちは。

これですよ!
いやね、写真7の角度から見る笈が昔っからたまらなく好きなんです(^.^)

写真右上に尾根を巻いて来た林道が写ってますが、
雪が無い天気のいい時にフラッと行っては よくこの場所から笈眺めてました。
おそらく自分が一番通った場所かもしれません。
懐かしく拝見させて頂きました(^.^)


それと、荒谷取り付きにもこんな建物なかったでしたっけ
(目附谷と勘違いしてんのかな(^_^;))
欲をいえばもうすこし最終ピークを降りて頂いて
東の深谷出合も見たかったな〜(^_^;)・・・


この目附谷から始まったと言ってもいい私の山歩き。
感慨深く レコ見させて頂きましたm(__)m


PS
今気が付きましたが、1/25000にも目附谷巡視道は記載されてないんですね。
深谷から7.7キロ地点の取水堰堤のみの様です。
登録日: 2010/12/25
投稿数: 115
2016/2/6 16:56
 贅沢ランチ
私も食べた〜いあの素晴らしい展望を具にしての贅沢なラーメンを・・・カラスカグラの頭からの展望は最高ですね。そして主婦には絶対見られない夕刻の山々、その頃私は台所で戦斗モードでした。心奪われるミラーさんの画像のおかげで今日も夕食の準備が遅くなってしまいました。今から頑張らなくちゃ。
登録日: 2014/12/7
投稿数: 381
2016/2/7 3:01
 沢名人
touryouさん、おはようございます。
ありがとうございます。

な、なんですと❗
お山を始められたきっかけがこちらだって‼
いやぁ、いきなりブロードウェイって感じでハードルが高いっすね〜。
ウチらなんざ近所の散歩から始めて、3km先のパン屋さんまでの買い物にグレードを上げ、樹木公園の散策を経て宝達山がデビュー戦でしたけどね。
そうですかそうですか。
ここは笈ヶ岳のアングルが良い具合に見られる好位置にあるんですよ。
昨年歩いた時にMillerさんもtouryouさんと同じように感じてまた来てみたくなりました。
白山を拝むにしても定番の取立山からのアングルも良いんだけど、Millerさん的にはこちらからの方が好きかも。

Peakから先にも興味津々でショウガ山まで尾根が延びていてるの。
偵察がてらに見てこようかと思ったけど時間が押し迫っていてバキュンですた。
深谷の事まで頭に入っていなかったのでお役に立てず申し訳ね〜ですたい。
touryouさんもデビュー戦の事を思い出してこちらにチャレンジしてみて下さいませ。
登録日: 2014/12/7
投稿数: 381
2016/2/7 3:19
 夕焼けロマン
syonenkさん、おはようございます。
ありがとうございます。

そ、そ、そうなのよ。
眺望は昨年も見て度肝を抜く感動を覚え、またまた見たくなりまして登っちゃいました。
syonenkのおっしゃっる通り夕焼けシーンにはノックダウンさせられちゃいましたわ。
光の辺り具合なんですけれども、笈ヶ岳は午後からの方がくっきりと輪郭が現れ夕暮れ時にはクライマックスを迎えるんですね。
これはホントにHlTですたよ。
それでも普通はこんな時間までお山の中にいないよね。
あ〜、でもまた見てみたい。
ここは、毎年の行事として盛り込んじゃいますわ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ