ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812086 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

韮崎市・御所山(1892m)

日程 2016年02月02日(火) [日帰り]
メンバー kumo864, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御座石鉱泉への林道分岐ゲート前から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間45分
休憩
30分
合計
8時間15分
Sスタート地点(ゲート前)09:1514:20御所山14:5017:30ゴール地点(ゲート前)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
韮崎市・御所山(1892m)
【日付】2016年2月2日(日)晴れ
【タイム】自宅6:20=中央道=韮崎IC=R20=御座石鉱泉林道分岐ゲート前8:50〜9:15・・みやま橋登山口10:28〜35・・(道失う)・・主尾根13:15・・御所山14:20〜50・・下降点14:55・・みやま橋16:25・・ゲート前17:35〜55=韮崎IC=自宅20:05(片道127km 往復255km )
同行者:Wさん
コース状況/
危険箇所等
尾根は1週間前くらいのかすかなトレースあり
林道は青木鉱泉まで車の轍あるがモナカ状の雪で歩きにくい
尾根から下るポイントは地形図の道とは大きく異なる
その他周辺情報ゲートまで四駆でなくても走行可
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

ゲート前、左の青木鉱泉へ歩く、右は御座石鉱泉へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート前、左の青木鉱泉へ歩く、右は御座石鉱泉へ
途中から正面に御所山
2016年02月02日 09:34撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から正面に御所山
青木鉱泉から別れて「みやま橋」をわたり取り付く
2016年02月02日 10:43撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青木鉱泉から別れて「みやま橋」をわたり取り付く
直登コースだが時間かかる
2016年02月02日 11:53撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登コースだが時間かかる
主尾根に上がり蛍光色のペンキが出てくる
2016年02月02日 14:15撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主尾根に上がり蛍光色のペンキが出てくる
御所山に到着
2016年02月02日 14:23撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御所山に到着
御所山の山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御所山の山頂
主尾根から左の青木鉱泉へ下るポイント
地形図より200mくらいずれている
2016年02月02日 15:55撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主尾根から左の青木鉱泉へ下るポイント
地形図より200mくらいずれている
車に戻る
2016年02月02日 17:33撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車に戻る

感想/記録

【感想】
 御所山は甘利山から西方の尾根に進み千頭星山とは尾根の反対側にありずっと行きたかった山です。登山口は青木鉱泉から登ってみました。

 久々の雪山でワカン、ピッケルも持たず、持ってきた軽アイゼンさえ車に忘れるなど緊張感のない山行であった。装備はストック1本だけ。

 車は御座石鉱泉と青木鉱泉の林道分岐のところで青木鉱泉側にゲートがあって空きスペースに車を停める。林道はほとんど舗装で除雪されていました。

 ゲートから車の轍を選んで歩く。雪は10cmくらいだが歩きづらい。登山口の「みやま橋」まで1時間15分かかった。立派なみやま橋で小武川を渡ってすぐ右に。雪は15cmくらいになるがトレースはなし。右手にペンキとテープが見つかり誘われるように右に上がっった。まもなく左に進むべきところを間違えてしまいまっすぐ歩く。

 左手遠くにテープがあったがあとで合流するだろう思った。結局主尾根まで急な尾根を2時間40分もかかった。 今朝ほど2〜3cmくらい雪が降ったようだ。主尾根に出てから1週間くらい前の登山者のトレースがあり幾分助かった。

 尾根は凍ってる部分もあり靴のエッジを効かせて登る。約1時間で山頂についた。最後は腿がつってしまった。頂上は雪が20cmくらいの深さ。樹間から鳳凰三山や八ヶ岳などが見えた。

 下山は地形図の「登山道」通りに下ってみようと思ったが地図とは違いかなり北に進んからUターンするように青木鉱泉へ降りる。1週間くらい前のトレースはそのまま右手の方に下っていたがどこから歩いたのだろうか。

 下りにもかかわらずテープがな場所もあり急斜面ではなんども道を失った。したがって登りに使ってもこちらの方がかえって時間を取られる気がしました。林道をひたすら歩いて車に戻った。
訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ