ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818895 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 途中撤退からバックカントリー

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー Ornetts
天候〜11時:晴れ
11時〜:曇り/雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
新宿〜松本:高速バス
松本〜新島々:電車(上高地線)
新島々〜乗鞍スキー場前:バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間41分
休憩
2時間50分
合計
5時間31分
Sスタート地点09:0309:40三本滝レストハウス09:49かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)10:0511:26ツアーコース終点14:0014:15かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)14:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
危険箇所はなし。
2/27に私が歩いた範囲では雪崩が起きそうなポイントもなかったです。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はなし。
その他周辺情報位ヶ原山荘( http://www.kuraigahara.jp/ )が営業中なので山荘泊でアタックも可。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

感想/記録

去年から厳冬期の3000m峰にチャレンジしたいという目標を持っていましたが
都合と天気が中々折り合わず行けないでいました。
半ば強行的に決行しましたが、結局天気に見放され途中撤退になりましたとさ・・・
(位ヶ原周辺は12時ごろには吹雪、山頂付近は10時にはガスっていた模様)

下山を楽にするために、スキーブーツとショートスキー(合わせて8.4kg)を担いでったが、装備を軽くするためにビバーグ用の装備は削った。
これが原因でスピードハイクもできず、ビバーグして天候回復を待つこともできなかった。
結果論ではあるが、翌日に天候が回復したため、スキー装備は持たずに十分なビバーグ装備を携えていれば100%登頂することができた。
シールやテレマークを装備せず、ましてやショートスキーで登頂もバックカントリーもしたいっというのは、乗鞍岳先輩にしてみたら「甘い!出直してこい!!」ということだったようです。
訪問者数:62人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 撤退 吹雪
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ