ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819544 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

岩谷堂〜鎌倉山

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー cahier41
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
仙台市営バス作並行最寄バス停乗車   〜 ニッカ橋バス停下車
 〃仙台駅前行鳳鳴四十八滝バス停乗車 〜 最寄バス停下車 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

ニッカ橋8.30ー岩谷堂8.53−穴薬師9.06〜9.35
仙山線踏切10.08ー登山口10.25ー山頂11.34−12.00(休憩)
下山踏切12.53−不動の滝13.24ー鳳鳴四十八滝バス停13.50
合計5時間20分(休憩含む)
コース状況/
危険箇所等
鎌倉山へは仙山線踏切から登山口まで泥濘の道ですので
長靴が良いと思います。
その他周辺情報作並温泉街、鳳鳴四十八滝など見所あります。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

おはよう ゴリサン あとでね♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはよう ゴリサン あとでね♪
13
山里には降雪ありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山里には降雪ありました
1
穴薬師の入口です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴薬師の入口です
2
かたい蕾ですが、春が近そう、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かたい蕾ですが、春が近そう、、
6
最初の洞窟です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の洞窟です
2
鐘楼もあります(小さく鳴らしました)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘楼もあります(小さく鳴らしました)
1
岩屋1階部分-右に階段
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋1階部分-右に階段
7
地蔵菩薩さま
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵菩薩さま
1
鬼子母神さま
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼子母神さま
1
羊歯のようなもの生えている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羊歯のようなもの生えている
4
大和薬師瑠璃光如来、と読めそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大和薬師瑠璃光如来、と読めそうです
1
堂内から外を、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂内から外を、、
3
鎖ついていますが慎重に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖ついていますが慎重に
5
すごいパワースポットの気配します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごいパワースポットの気配します
5
ここ左に巻いたらてっぺんに行けますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ左に巻いたらてっぺんに行けますね
真ん中の松の木のぽやぽやあたりが岩屋です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中の松の木のぽやぽやあたりが岩屋です
1
行きはもっと先から、帰りは此処に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きはもっと先から、帰りは此処に出ました
1
さぁ、待っててね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、待っててね
5
角度を変えて、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角度を変えて、、
2
はじめまして、よろしくです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめまして、よろしくです
4
けものトレースだけのよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けものトレースだけのよう
1
池-天沼ではなさそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池-天沼ではなさそう
シャリバテ補給タイム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャリバテ補給タイム
6
どうか青空つづいてください
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうか青空つづいてください
6
この赤テープのあと進路見失いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この赤テープのあと進路見失いました
岩ごろごろ、一回「らく〜」で、ずっと下まで転がっていきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩ごろごろ、一回「らく〜」で、ずっと下まで転がっていきました
2
あれ、ウレシやロープ発見!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、ウレシやロープ発見!!
4
着きました!(^^)!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました!(^^)!
8
自分の足跡だけです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分の足跡だけです
4
大東岳さまぁ(^'^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大東岳さまぁ(^'^)
12
下の先端にいってみるか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の先端にいってみるか
2
ダメです、けっこう急降下です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダメです、けっこう急降下です
1
ニッカ工場も見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッカ工場も見えます
1
山座同定は不得手です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山座同定は不得手です
2
戸神山、女戸神山ですか、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸神山、女戸神山ですか、
4
キブシに似てますが、御名忘れました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キブシに似てますが、御名忘れました
2
蔵王?烏帽子、屏風?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王?烏帽子、屏風?
3
帰途は樹の赤い印をたよりに楽楽下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰途は樹の赤い印をたよりに楽楽下山
1
登山口より先の様子です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口より先の様子です
下り電車いきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り電車いきました
ありがとう さようなら(._.)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとう さようなら(._.)
10
48号線から山形方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
48号線から山形方向
鳳鳴四十八滝の始まり部分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳鳴四十八滝の始まり部分
2
不動滝ズーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝ズーム
5

感想/記録

何度も企画倒れになっていた鎌倉山にようやく登ることがでました。
山里に降雪があったらしく白い風景に出会えてむしろ嬉しかったです。
鎌倉山の前座に「岩谷堂-穴薬師」に詣でました。
実は前日の土曜日、「西部地区の輝き」と題して「上愛子〜作並〜大倉」
が紹介されている写真展を見に行きました(東北工大一番町ロビー1F
ギャラリー 2/26〜3/2まで)。
思いがけないことに「定義如来参詣道中歌」をDVDで聞くことができた
のはもっけの幸いでした。しかも、詠っている本人=早坂傳夫氏が会場
におられました。係の方にお茶までふるまわれて早坂さんとお話すること
ができたのて、序でに展示されている写真の「岩谷堂」の場所を聞きま
した。ニッカウィスキー工場の近くと聞いて、帰宅してからネットで調
べて、作並温泉郷の観光マップにのっていたのでプリントアウトしました
が、詳しい道筋は不明でした。
ニッカ橋でバスを降りて適当に進み、新川川の橋の手前で右折してから
最初の民家の方にきいた通りに行きました。いやぁ、びっくりしました。
「パワースポット」ですね。なんとも不思議な体験をしました。
〈岩谷堂の伝説〉
 昔、叔父と姪が道ならぬ恋に落ちて、親に結婚の許可を願い
 出ましたが、条件付きの提案がなされました。「岩山に薬師様を
 祀る岩屋を穿てたら可」といわれ、一心不乱につるはしを振るい
 3年かけて完成させ、ふたりは夫婦になることができました。
 やがて娘は身ごもりましたが、難産で母子とも死んでしまいました。
 夫は運命を嘆き悲しみ後々の人が「難産のために死ぬことなかれ」と
 薬師如来を一途に念じ、先に完成した洞窟の真上に、再び7年の歳月
 をかけて洞を掘り、完成した暁に妻子のもとに旅立った、という
 悲話でした。その後部落の人は難産で命を落とすことがなくなったと
 いうことです。(※2階の扉の中は見ることも窺い知ることもできませ
 んでした)
さて、それからゴリサンに向かいました。踏切を通り山道を進むと道の
傍らに鉄砲担いだ猟師さんが鷹揚に座っていられました。挨拶して聞く
と猪狩りをしておられるとのこと。おもむろに携帯(無線?)を取り出して
「登山者あり」の連絡を。登山口あたりで2人目の狩人さんに会いました。
あとは山中誰にも会いませんでした。トレースも当日のものはなく自分
のだけ。ストックで雪の深さを測ると40僂らいの処もありましたが、
雪が締まっていて長靴で踏み抜くことはなかったです。途中赤テープを
見失い、岩ゴロゴロの急坂で尾根を探しひたすらに上をめざし、こけて
胸セーブ、かろうじて落下をこらえながら見回すと、なんと右側にロー
プがあるではないですか、助かりました。後は首尾よく山頂につきまし
た。先っぽに行けば眺望良さげでしたが、何しろ雪道の急降下で、
滑ったら一巻の終わりです。年寄りの冷や水は禍いのもとですから諦め
ました。長くなりますが鎌倉山にも伝説があります。
〈鎌倉権五郎〉
 後三年の役の折に、源義家に従った鎌倉権五郎景政が矢で目を
 射ぬかれても奮戦して、敵の鳥海弥三郎を撃退した。その際、
 傷ついた目を天沼で洗ったという。以来この沼のフナは片目の
 ものが繁殖すると言われているが、真偽のほどは不明とのこと。
 
無事下山して「不動の滝」が見たかっのでセイコー大橋迄歩きました。
樹幹越しでしたが見られてバス停に戻り、待ち時間があるのでぶらぶら
していると、鉄砲下げた猟師さんが線路の向こうから歩いてきました。
「猪は捕れましたか」と聞くと、「捕れたはずなんだけど、犬がめちゃ
くちゃ走ってダメだった」と。そういえば登山中鉄砲の発射音が響き
ましたが、手負いになった亥ノちゃんはどうなっただろう。
(里で会った人達からは「独りで?」と同じように訊かれました(-.-)
訪問者数:387人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/22
投稿数: 781
2016/2/29 12:27
 鎌倉山お疲れさまでした。
こんにちは。

遂に鎌倉山制覇ですね。

私ごとですが、その近所に姉が嫁いでいて、小学生の姪が河北新報の『小学生年賀状コンクール』に『山登りが好きなおじさんへ。ゴリラ山に登りに来てね。』と書いた作品が賞を頂いて、土曜日に表彰式に行って来たばかりでした(笑)

作品は、ちゃっかり昨日の河北新報折り込みに掲載されていました。

何だか、鎌倉山でつながっているなぁ、と感じた次第です。
登録日: 2015/3/25
投稿数: 886
2016/2/29 14:31
 プチ冒険ですね
ゴリサンのゴリはゴリラのゴリでしたね。なんか険しそうですね。作並みの付近は、砂岩で出来ているんでしょうか。ザラザラした感じの岩ですよね。削れやすいのかな。形が面白いです。どの山登っても、プチ冒険ですね。ちょっとワクワクしますよね。一般の人には「独りで?」となるんでしょうが。それも、また、ちょっと誇らしいですね。

大東岳ですが、カシミールの読み仮名は、オオアズマヤマになっていました。どっちが正なんでしょうね。東北百名山では「だいとうだけ」になってますが。
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/2/29 16:48
 Re: 鎌倉山お疲れさまでした。
74moonさま コメントありがとうございます。
可愛い姪御さんですね。しかも作文お上手で入賞なさるなんて
利発な御嬢さんが想像されます。あいにく河北が手元にないので
身内の所か図書館で拝見したいです(~_~)

私もようやく有名なゴリラ山に登れて、今日は気抜け緩んだ一日を
過しました。姪御さんに応えて是非moonさんのオリジナルレコを
期待しています(実は大沼−天沼の入口分からないままでした)。
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/2/29 17:00
 Re: プチ冒険ですね
妙高さま こちらもう、おばんですの暗さの寒い夕暮れに
なりました。コメントどうもです。
鎌倉山は愛称の方がとおりよくなってしまいました。観るアングルに
よりますがホント横顔がゴリラそっくりです。ただ、岩山ですので
クライマーの山としての方が有名で、時には犠牲者を出しています
ので、低いけれども侮れないお山です。
「独りで?」には、何となく「その様子で-年齢」を感じて「誇らしい」
とはまたニャンスが微妙で。ま、一人は歩速度等の我儘がききますので
私としては気楽であります。
大東岳、「オオアズマヤマ」とはお初に聞きますが読めないことはない
ですが、人の名と同じで固有名はキチンと決めなければなりませんね
登録日: 2014/5/9
投稿数: 685
2016/2/29 21:11
 岩谷堂! ゴリラ山‼ そして横スレごめんなさい
カイエさん
こんばんは
ワタクシれっきとした仙台じもてぃですが、岩谷堂の事は知りませんでした カイエさんにはいつも私の知らない仙台を教えて頂きありがたい限りです。ちょっと山寺の千手院奥の岩窟に似ている感じですね

そして、鎌倉山。途中からきゅっと隣の尾根に道が曲がるんですよね。雪付いていたら余計分かりづらいと思いました。無事登頂できて何よりでした そして登る前、入り口で狩人さんに出会ってよかったよかった、です

横スレですみませんが、74moonさんの姪っ子さんの作品拝見しました!
お名前と共にかわゆいゴリラさんでほっこりしました
姪っ子さんも学校登山で登られたのかしらん?
登録日: 2015/2/22
投稿数: 781
2016/2/29 22:53
 Re: 岩谷堂! ゴリラ山‼ そして横スレごめんなさい
カイエさんのレコで横レスのミクさん。

こんばんは。

河北新報のゴリラ山ご覧頂いてありがとうございますm(_ _)m

作並の小学生は皆さん鎌倉山に登るそうですよ。

私は眼下の岩壁と北側の鬱蒼とした沼が恐ろしかったですが(笑)
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/3/1 10:30
 Re: micremonさん
おそようございます。春到来先触れのような嵐の朝でした。
岩谷堂、ものしりミクさんが知らなかった! えへっ でしたが、私も写真展で知ったばかり ニッカ橋渡っても案内などは何もありません。崇高院鳥不動明王(日本庭園)の旗はおおきく出ています。その写真21の岐路を右に行きすぐ右に曲がるのが近道になります。知る人ぞ知る秘所のような感じを受けました。確かに千手院の岩窟に似ていると思います。
ほんと猟師さんに会って幸いでした。猪と間違われて撃たれたら大変でしたからね。もっとも目立つ赤紫のウェアでしたので少しは安心でした。
学校登山で思い出しました。黄色い帽子が洞窟の前に落ちていたので登ったばかりの学童いたのかしら。鳥居の前まで運べばよかったのにと気が付きましたが,後の祭りでした。
74moonさんの姪御さんのかわゆいゴリラさんに私もあってみたいです
登録日: 2013/8/20
投稿数: 653
2016/3/2 17:44
 Re[2]: 同じく?横スレごめんなさい
74moonさま 私も今日姪っこさんのゴリラ山に会ってきました。ほんとうにホッコリ優しい横顔でした(お名前も愛らしいですね)。私が登ったのが28日、河北に掲載されたのも28日、なんかご縁あるなぁ、とわが身に引き付けてしまいました
定義如来参詣道中歌を詠じた早坂さんと苗字のこと話したのですが、作並辺に多いということで由来を少し聞きました。平貞能の家来の早坂氏から貰って一族郎党が同じ姓になったということでした。
それから折りがありましたら姪っこさんにお伝えください。
八木山動物園にいるゴリラのドンは、46歳で日本一長生きのおじいさんゴリラです。「八木山のドン爺にも会いにきてね!!」、とよろしくです
登録日: 2015/2/22
投稿数: 781
2016/3/3 7:40
 Re[3]: 同じく?横スレごめんなさい
おはようございますm(_ _)m

さっそくご覧頂いてありがとうございます。
不思議なことに、『早坂』姓は船形連峰の麓に多いようです。

作並や定義はもちろん、加美の宮崎の奥地にも存在します。
これら一族なのかはわかりませんが、平家落人伝説と関わりがあるのでしょうか。
なお、定義から泉ヶ岳に抜ける白木集落には、『平』姓のお宅が数軒ひっそりと暮らしていらっしゃいます。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ