ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819757 全員に公開 ハイキング房総・三浦

鴨川の里山 二ツ山

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー Yoshi3
天候2月27日(土) 曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
2月27日(土)
自宅6:00⇒<マイカー>⇒千葉・木更津・君津・保田⇒道の駅保田小学校⇒10:00大山千枚田P
    <二ツ山>
15:50⇒<マイカー>⇒道の駅保田小学校⇒ばんやの湯で入浴⇒18:20道の駅きょなん

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間51分
休憩
19分
合計
5時間10分
Sスタート地点10:2111:29二ツ山11:3812:43嶺岡馬の背12:5315:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2月27日(土)
出発10:20…二ツ山登山口11:20…二ツ山11:40…北尾根登山口11:50…八大龍王の塚12:15…大日様分岐12:45…大日様12:55…馬ノ背入口13:15…<廃道・竹藪>…14:20車道…15:30大山千枚田P

==========================
出発時刻/高度: 10:21 / 142m
到着時刻/高度: 15:31 / 142m
合計時間: 5時間9分
合計距離: 13.29km
最高点の標高: 373m
最低点の標高: 96m
累積標高(上り): 617m
累積標高(下り): 613m
==========================
コース状況/
危険箇所等
馬ノ背入口からは 右側へ
 今回辿った道は 国土地理院の地図上では 破線が記載してありますが、
それは廃道となったようです。
そのため 右側への道を辿った方が 無難のようです。
そして 帰宅後 地図で確認すると 右側へ行くと 嶺岡大塚山へ辿ることができるようです。
その他周辺情報ばんやの湯
http://www.banya-grp.jp/bath/

道の駅保田小学校の日帰り温泉
http://hotasho.jp/yado/#satonokoyu
ここには「里の小湯」がありますが、16時で閉館となります。

道の駅きょなん の近くにスパー
 道の駅に隣接してスパーがありました。 
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

大山千枚田の駐車場に車を置きました。
2016年02月27日 10:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山千枚田の駐車場に車を置きました。
1
大山千枚田の田圃には もう 水が張ってありました。
2016年02月27日 10:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山千枚田の田圃には もう 水が張ってありました。
2
水仙の花。
2016年02月27日 10:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水仙の花。
桜は 満開でした。
2016年02月27日 10:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜は 満開でした。
4
二ツ山登山口です。
2016年02月27日 11:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ツ山登山口です。
2
二ッ山山頂。
2016年02月27日 11:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ッ山山頂。
2
山頂からは 尾根を下りました。
この登山道は 踏み跡が多少薄いようです。
2016年02月27日 11:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは 尾根を下りました。
この登山道は 踏み跡が多少薄いようです。
1
遂に 車道に出ました。
2016年02月27日 11:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遂に 車道に出ました。
1
ミツマタの花。
2016年02月27日 11:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタの花。
のどかな 農道を歩きます。
2016年02月27日 12:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のどかな 農道を歩きます。
1
この分岐からに道が整備されたばかりなので 寄り道をしました。
2016年02月27日 12:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐からに道が整備されたばかりなので 寄り道をしました。
1
そこは 「八大龍王の塚」。
http://hachidairyuou.jimdo.com/寺史/ご本尊/
2016年02月27日 12:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこは 「八大龍王の塚」。
http://hachidairyuou.jimdo.com/寺史/ご本尊/
東屋がありました。
2016年02月27日 12:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋がありました。
1
当初 嶺岡大塚山へ行く予定でしたが、ツイ 大日様分岐から ここに来ました。
大日様と言われているところです。
2016年02月27日 12:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初 嶺岡大塚山へ行く予定でしたが、ツイ 大日様分岐から ここに来ました。
大日様と言われているところです。
3
この大日様は 大岩を彫り込んで祠が作られていました。
2016年02月27日 12:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大日様は 大岩を彫り込んで祠が作られていました。
1
馬ノ背からの展望。
2016年02月27日 13:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背からの展望。
2
馬ノ背入口。
馬ノ背を下るところまでは 登山道に踏み跡はありました。
2016年02月27日 13:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背入口。
馬ノ背を下るところまでは 登山道に踏み跡はありました。
1
ですが その下った前の写真から 近道と思って左側の道を辿ったのですが・・・
2016年02月27日 13:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ですが その下った前の写真から 近道と思って左側の道を辿ったのですが・・・
1
先へ進むと その登山道は踏み跡が薄くなり・・・
2016年02月27日 13:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先へ進むと その登山道は踏み跡が薄くなり・・・
1
竹のヤブに入って 難渋しました。
2016年02月27日 13:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹のヤブに入って 難渋しました。
2
なんとか そのヤブから抜けると 思わぬ所に来ましたが、車道となったので それを辿って大山千枚田向かいました。
2016年02月27日 14:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか そのヤブから抜けると 思わぬ所に来ましたが、車道となったので それを辿って大山千枚田向かいました。
1
車道を歩いて 約1時間半後に大山千枚田に戻って来ました。
2016年02月27日 15:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を歩いて 約1時間半後に大山千枚田に戻って来ました。
3
撮影機材:

感想/記録
by Yoshi3

当初 二ッ山から嶺岡大塚山を歩く予定でした。
ですが、大日様分岐から馬ノ背へ向かったので 
予定を大きく狂わしてしまいました。
馬ノ背を下った地点から 近道を狙って 左側の廃道を歩き 
さらに 猛烈の竹藪に迷って悪戦苦闘してしまいました。
結果的には 近道とならず 余計に時間がかかりました。
久しぶりの 猛烈なヤブでしたが、結構それを楽しんだ気分でした。
嶺岡大塚山へは 次の機会にしたいと思います。 
訪問者数:325人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

近道 東屋 廃道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ