ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 820223 全員に公開 ハイキング中央アルプス

木曽駒ケ岳 クラッシックルート 桂木場

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー kenmapapa
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ゲート前に 数台駐車可能でした。
トイレはありません 伊那インターから 直近のコンビには
サークルK これを逃すと後はありません。
登山ポストは 登山口東屋の中にあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間35分
休憩
25分
合計
14時間0分
Sスタート地点01:4502:20桂小場02:2504:10横山道分岐05:10白川分岐06:25大樽小屋06:4006:50胸突八丁(信大コース分岐)08:20六合目06:5009:40津嶋神社10:50胸突八丁(信大コース分岐)11:20大樽小屋11:45白川分岐13:50桂小場13:5514:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書き入力です。
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありませんが 
暖かくなると 雪が緩むため 
登山道に 斜めに積もった雪が 崩れます。
その他周辺情報入浴施設は 直近に多数あり

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 地形図 コンパス 筆記具 保険証 飲料 トイレットペーパー バンドエイド タオル 携帯電話 計画書 雨具 ストック 飲料水 時計 非常食 食事 医薬品 カメラ アイゼン 12本爪 ピッケル コッヘル+コンロ 燃料 ツエルト スノーシュー又はワカン

写真

冬季閉鎖ゲート
今回はここまであがれました。
ここに 道路わきに駐車
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬季閉鎖ゲート
今回はここまであがれました。
ここに 道路わきに駐車
1
登山口
東屋があり 休憩できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
東屋があり 休憩できます。
1
横山との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横山との分岐
1
馬返し
ここまでは 登山道が凍結しているくらいで
雪は 凍っていたが ここから ふみ後は消え 新雪ラッセルの始まりです。雪のない アイスバーンもあり の 尾根道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬返し
ここまでは 登山道が凍結しているくらいで
雪は 凍っていたが ここから ふみ後は消え 新雪ラッセルの始まりです。雪のない アイスバーンもあり の 尾根道に入ります。
ここから茶臼山 行者岩の展望があるそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから茶臼山 行者岩の展望があるそうです。
白川との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白川との分岐
1
大樽避難小屋に着きました。
今回は 戸が凍っていなくて
入れました。
携帯トイレを使う 簡易トイレがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樽避難小屋に着きました。
今回は 戸が凍っていなくて
入れました。
携帯トイレを使う 簡易トイレがあります。
本日の日の出です。
この景色を 稜線で見る予定が
思わぬ 新雪ラッセルのため できませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の日の出です。
この景色を 稜線で見る予定が
思わぬ 新雪ラッセルのため できませんでした。
2
朝日を取っていたら 目の前を リスが 駆けていきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を取っていたら 目の前を リスが 駆けていきました。
2
登山道 踏み後なし 新雪 くるぶしから 深いところで 股下くらいまで 沈みます。その下は 見事に凍っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道 踏み後なし 新雪 くるぶしから 深いところで 股下くらいまで 沈みます。その下は 見事に凍っています。
1
六合目到着 マーカーを探しながら マーカーに向けて ほぼ直登の連続 かなり疲れてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目到着 マーカーを探しながら マーカーに向けて ほぼ直登の連続 かなり疲れてきました。
胸突き八丁に到着
信大との分岐になっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突き八丁に到着
信大との分岐になっています。
2
自分のラッセル跡を取ってみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分のラッセル跡を取ってみた。
いたずら書き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いたずら書き
1
きれいな青空 奥に見えるのは たぶん 茶臼山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな青空 奥に見えるのは たぶん 茶臼山
1
踏み跡はありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡はありません
2
勾配はこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配はこんな感じ
たぶん 西駒山荘近辺
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん 西駒山荘近辺
自分のふみ後を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分のふみ後を振り返る。
1
開けたところで 1枚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けたところで 1枚
3
この後 下ることにした。
あと少しで 茶臼との分岐だが 帰りの運転等を垣間見て 決定
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後 下ることにした。
あと少しで 茶臼との分岐だが 帰りの運転等を垣間見て 決定
1
下りは意外と早い
ただし シリセイドはほとんどできない。
すぐに 埋まってしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは意外と早い
ただし シリセイドはほとんどできない。
すぐに 埋まってしまいます。
小屋まで降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋まで降りてきました。
1
下ってきた道を振り返ってみたが 踏み跡は見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた道を振り返ってみたが 踏み跡は見えない。
ぶどうの泉
ここから下の斜面で 気温が上がったため
斜めに残った雪が 崩れる アイゼンをつけようがどうか迷ったが つけずに慎重に下った。横は谷底になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶどうの泉
ここから下の斜面で 気温が上がったため
斜めに残った雪が 崩れる アイゼンをつけようがどうか迷ったが つけずに慎重に下った。横は谷底になる。
1
かなり流れています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり流れています
登山口の戻ってきました。
雪がだいぶ解けていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の戻ってきました。
雪がだいぶ解けていました。
登山ルートの説明
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ルートの説明
1
東屋 中に登山ポスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋 中に登山ポスト
冬季閉鎖ゲートまで戻ってきました。
思わぬに新雪に 悪戦苦闘した 一日でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬季閉鎖ゲートまで戻ってきました。
思わぬに新雪に 悪戦苦闘した 一日でした。

感想/記録

歩き始めは 林道も雪のないところが多く 登山口についても
雪は薄かったので 今日は 山頂まで登れるなと 
思っていたが 予想が覆ったのが 馬返しから
踏み後がない 新雪・・・
新設の下は アイスバーン
ところどころ雪がなく 氷の上を 歩くところも あり
くるぶしくらいから 股下まで 
踏み後が無い為 避難小山までは なんとなく登山道がわかるが
そこから先は マーカーを探しながら 上る状態
おかげで ペースが 上がらない。
茶臼との分岐まで上ろうと考えていたが
帰路のことも考えて 10時前に下山を決めた。
ゆっくり昼食を取り
気持ちを 引き締めて 下山開始
トレースがあるので 下山は 早い
本日の入山者は 自分 一人だった様だ。
他の足跡は 小動物のみ。
思わぬところで ラッセル三昧の 一日となりました。

歩行距離 15.39km
高低差 1,430m
累積標高 上り 2,360m
     下り 2,330m
訪問者数:378人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ