ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822638 全員に公開 ハイキング東海

北側(国道473設楽町神田)から巡る三ツ瀬明神山

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー gakukoh
天候曇晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
設楽町神田から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
10分
合計
5時間56分
S神田駐車点林道入口09:2409:32鉄橋10:13666m標高点10:33郡界尾根G点11:30686m標高点11:42北西尾根合流点11:57障子岩12:33明神の肩13:08鉄塔13:19明神山13:2913:33柿野登山口下降点14:01スズガタ林道14:31白岩山登山口15:07スズガタ林道入口15:20神田駐車点林道入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1)郡界尾根から明神山北西尾根コースに合流する直前で樹木をかき分ける部分があるが、通過は容易。
2)北西尾根コースでは林道からの登り口は、落石させないように注意。
3)明神の肩の前の登りは、梯子が無いところは、斜面の狭い道なので、木や岩などにしっかり支持を確保して滑落しないように注意。
4)障子岩は怖くはなかった。怖そうな所と思ったら、斜面の反対側を移動すればよい。
5)明神山まえの柿の登山口への下りは、水の無いガレ沢に沿っているので、降りにくい。踏み跡も見つからない場合のあったので、経験者向き。
その他周辺情報東栄温泉

写真

今日の登山口は、神田です。
駐車点から東栄側に200m赤テープのところから登山道へ入れます。
2016年03月05日 09:28撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の登山口は、神田です。
駐車点から東栄側に200m赤テープのところから登山道へ入れます。
8
川へ下る道があります。
2016年03月05日 09:28撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川へ下る道があります。
2
鉄橋を渡って対岸へ
2016年03月05日 09:29撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄橋を渡って対岸へ
7
町づくりの標識。ルート整備がいいかもね。
2016年03月05日 09:30撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町づくりの標識。ルート整備がいいかもね。
5
真直ぐ尾根を上がります。最初はつらいです。
2016年03月05日 09:35撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真直ぐ尾根を上がります。最初はつらいです。
3
尾根に出ました。
2016年03月05日 09:42撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。
3
いい道だ。
尾根道は歩きやすいです。
2016年03月05日 09:42撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい道だ。
尾根道は歩きやすいです。
5
ずっといい道だね。
2016年03月05日 09:44撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっといい道だね。
10
gpsを見て、何度かの分岐を間違えずに進みました。
アップダウンもありました。
2016年03月05日 10:21撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
gpsを見て、何度かの分岐を間違えずに進みました。
アップダウンもありました。
2
郡界尾根に到達。かって知ったピークです。
Gマークは、目印に前回ここに来た時に付けたもの。
到達しましたよ。来ただけでうれしいです。 
2016年03月05日 10:34撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
郡界尾根に到達。かって知ったピークです。
Gマークは、目印に前回ここに来た時に付けたもの。
到達しましたよ。来ただけでうれしいです。 
8
記念写真
2016年03月05日 10:38撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念写真
6
ここから先は、北西尾根まで未知の世界。
今回の目的はここをチェックすること。
2016年03月05日 10:43撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は、北西尾根まで未知の世界。
今回の目的はここをチェックすること。
4
アップダウンがかなりありました。
2016年03月05日 10:49撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンがかなりありました。
2
移動につれて境界標識も次々
2016年03月05日 10:52撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
移動につれて境界標識も次々
5
ここから林道に下れそう。勿論、下りません。
2016年03月05日 11:02撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから林道に下れそう。勿論、下りません。
3
北西尾根側へ向かいます。
2016年03月05日 11:03撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西尾根側へ向かいます。
2
北西尾根合流。この直前は、道がないように塞がっていますが、通過は可能。この地点には、鳳来湖奥の砥沢の登山口からいい道がつながっています。
2016年03月05日 11:49撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西尾根合流。この直前は、道がないように塞がっていますが、通過は可能。この地点には、鳳来湖奥の砥沢の登山口からいい道がつながっています。
1
岩尾根に出た。
2016年03月05日 11:52撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩尾根に出た。
8
北西尾根の主、障子岩へ突入
2016年03月05日 11:53撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西尾根の主、障子岩へ突入
25
明神山が見える。
2016年03月05日 11:54撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山が見える。
23
障子岩から御殿山と茶臼山方面
2016年03月05日 11:54撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
障子岩から御殿山と茶臼山方面
8
障子岩は500m位の間だが、危険は感じない。
2016年03月05日 11:57撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
障子岩は500m位の間だが、危険は感じない。
27
エッジ又は、少し左側を移動する。右側は、落ちると下まで落ちるから。
2016年03月05日 11:57撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エッジ又は、少し左側を移動する。右側は、落ちると下まで落ちるから。
29
結構楽しいですよ。
ここに来るには、鳳来湖奥の砥沢林道の奥の登山口からが近道です。
2016年03月05日 11:57撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構楽しいですよ。
ここに来るには、鳳来湖奥の砥沢林道の奥の登山口からが近道です。
38
右側はこんな感じ
2016年03月05日 11:58撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側はこんな感じ
15
北側の眺め、向うは歩いてきた尾根と思われる。
2016年03月05日 11:59撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の眺め、向うは歩いてきた尾根と思われる。
1
落ちないから大丈夫。
2016年03月05日 12:00撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちないから大丈夫。
5
障子岩から見た宇連山。
遠いね。4月辺りにここを通過して宇連山へ歩くつもりなんです。
2016年03月05日 12:01撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
障子岩から見た宇連山。
遠いね。4月辺りにここを通過して宇連山へ歩くつもりなんです。
13
今日は、その下見です。
歩けることは分かったが、鳳来寺山まで考えると、一日でどこまで行けるかが課題です。
2016年03月05日 12:01撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、その下見です。
歩けることは分かったが、鳳来寺山まで考えると、一日でどこまで行けるかが課題です。
3
宇連山へは、右の北西尾根のピークから右折してGピークを経由して真ん中の尾根を移動します。
2016年03月05日 12:04撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇連山へは、右の北西尾根のピークから右折してGピークを経由して真ん中の尾根を移動します。
5
林道にでました。左手に登り口がありましたが、崩れないようにそっと上がりました。
2016年03月05日 12:09撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道にでました。左手に登り口がありましたが、崩れないようにそっと上がりました。
2
鉄ばしごの前から滑りやすい傾斜を上がります。
ここが、一番危険。滑落しないように注意して登りました。
2016年03月05日 12:38撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄ばしごの前から滑りやすい傾斜を上がります。
ここが、一番危険。滑落しないように注意して登りました。
3
上がると、明神の肩。ここから西尾根が右手に、左手は明神山山頂へ。
2016年03月05日 12:45撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上がると、明神の肩。ここから西尾根が右手に、左手は明神山山頂へ。
1
上甦篳面が見渡せました。
2016年03月05日 12:46撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上甦篳面が見渡せました。
3
明神の肩にて
2016年03月05日 12:47撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神の肩にて
14
明神山西峰(鉄塔の下)に到着。ここから栃木沢方面の下山道が右手に降りてます。
2016年03月05日 13:07撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山西峰(鉄塔の下)に到着。ここから栃木沢方面の下山道が右手に降りてます。
2
西峰から一旦下がって、登り返すと、本峰です。
ちょっとピンボケですね。
2016年03月05日 13:19撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰から一旦下がって、登り返すと、本峰です。
ちょっとピンボケですね。
46
明神山から東栄町
2016年03月05日 13:21撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神山から東栄町
6
西峰側への中間に戻ると、南と北への下山口があります。
柿野登山口へは、山頂から直接降りる道がありますが、今回はここから降りてみます。
2016年03月05日 13:32撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰側への中間に戻ると、南と北への下山口があります。
柿野登山口へは、山頂から直接降りる道がありますが、今回はここから降りてみます。
3
ほらここから。このコースは、山慣れした人以外は降りない方がいいです。
2016年03月05日 13:32撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほらここから。このコースは、山慣れした人以外は降りない方がいいです。
1
すぐザレ場になりました。
降りにくいです。
2016年03月05日 13:37撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐザレ場になりました。
降りにくいです。
3
迂回路を行きます。植樹の中や枯沢の傍などを下って行きました。道は、ほとんど不明瞭でしたが、沢の近くを降りて行きました。
2016年03月05日 13:38撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路を行きます。植樹の中や枯沢の傍などを下って行きました。道は、ほとんど不明瞭でしたが、沢の近くを降りて行きました。
1
なんとか林道にでました。尾籠への道を使っても、最後はこの林道に出るつもりでしたので、もう安心です。
2016年03月05日 14:00撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか林道にでました。尾籠への道を使っても、最後はこの林道に出るつもりでしたので、もう安心です。
1
林道から
2016年03月05日 14:01撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から
4
平山明神山
2016年03月05日 14:03撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平山明神山
2
誰かに見習ってカーブミラーで映して見たが、「ヘタッチー」ですね。
2016年03月05日 14:06撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰かに見習ってカーブミラーで映して見たが、「ヘタッチー」ですね。
9
神田の林業の小屋
2016年03月05日 14:11撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神田の林業の小屋
6
途中、白岩山登山口がありました。登ってみようと思いましたが、今回はパス。
2016年03月05日 14:31撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、白岩山登山口がありました。登ってみようと思いましたが、今回はパス。
3
林道は沢に沿っています。
2016年03月05日 14:40撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は沢に沿っています。
2
ここから川向うに行けそう。
2016年03月05日 14:55撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから川向うに行けそう。
2
綺麗なグリーン
2016年03月05日 15:01撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗なグリーン
20
上のおむすびのような岩はいつか転げ落ちそうだな。
斜面は写真よりはるかに急勾配だ。
2016年03月05日 15:02撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上のおむすびのような岩はいつか転げ落ちそうだな。
斜面は写真よりはるかに急勾配だ。
1
橋、向うでは、車の音がするので、県道に出るようです。
2016年03月05日 15:05撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋、向うでは、車の音がするので、県道に出るようです。
1
すずがた橋とありあます。
2016年03月05日 15:05撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずがた橋とありあます。
3
すずがた林道をでて、県道に合流。もう少しだ。
2016年03月05日 15:10撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずがた林道をでて、県道に合流。もう少しだ。
1
最初の鉄橋の脇を通過
2016年03月05日 15:16撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鉄橋の脇を通過
2
県道から登って行った尾根。
一周して約13km、地味であるが、初体験の部分もあり楽しかった。
2016年03月05日 15:17撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道から登って行った尾根。
一周して約13km、地味であるが、初体験の部分もあり楽しかった。
3
マイカーが見えて来た。
おとなしくしていたようです。
2016年03月05日 15:18撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイカーが見えて来た。
おとなしくしていたようです。
15

感想/記録

4月に歩く予定の明神山から宇連山へ郡界尾根を歩く予定のコースで唯一、確認していない、北西尾根分岐からGポイントまでのルートと、明神の肩付近のリスクを体験することを目標にした。
北西尾根分岐への直前は、樹木がルートを塞いではいるが、通過は十分可能だった。明神の肩の下も一歩一歩確認しながら通過すれば、大丈夫だ。
問題は、アップダウンが多くて結構、体力と時間を要するようなので、
鳳来寺まで1日で行けるかどうかにあると思われた。
今日は、13kmを歩いて、1リットルの水を飲んだ。この割合だと、
本番は2.5リットル以上は欲しそうだ。
砥沢の登山口から上がって、明神山本峰により、西峰から栃木沢への尾根を下ったことがあり、その時は障子岩は、少し濡れていた。今回は乾いているので、滑らず安全だった。
岩尾根は、ダイナミックであると同時に、宇連山の展望がいい。
遥かに望む宇連山までの尾根は長く遠い。
今日も、初めてのコースを上がってみて、マイナー好みの心が満たされた。
明日は、雨の予報のようだ。
2日連続の晴天予報の時があれば、テント持参で少し遠くに行きたいのだが、連続で晴天はなかなかない。1日だとやはりマイナーな地元の山が対象になる。それでも、歩く山は尽きないのだから、それだけ、三河の山は深いのだろう。
そろそろ来週は、テン泊したいのだがなあ。
「だれも見ず 岩を朋する 奥里の 尾根分け 登下し 明神到る」
「明神の 神渡りませ 橋掛けし 障子が岩を 踏みつましませ」
思ったよりいい尾根道だった。分岐ではミスをしそうなので、gpsは必須だ。アップダウンも結構あって、筋トレになった。(g)
訪問者数:884人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 2304
2016/3/6 9:42
 ナイスタイミング
gさん、おはようございます。

ちょうど、ここの障子岩が気になっていてヒルが出る前に行こうと情報収集していたところです
ナイスタイミングで行ってきましたね
さっそく「お気に入り 」入れました。このコースは、ちょっと長いし心配な部分もあるので、やっぱり砥沢かな
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2211
2016/3/6 9:56
 こんにちは gさん
赤色gマーク、覚えてますよ。
三河の山は確かに山深いですね。
GPSなしでは、迷子になってしまいそう。
下見で行かれたコースですが、十分価値がありましたね。
4月が楽しみだがや。
障子岩に迂回路あるんですね。寅は”おじくそ”なんで、多分迂回路だね。
いいレコでした。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 854
2016/3/6 12:45
 Re: ナイスタイミング
ritaどの
障子岩の普通のコースは、砥沢登山口からの北西尾根コースです。
当然、砥ぎ沢コースでしょう。
私のレコで2012.3.18にこのコースを上がって、栃木沢の方に周回した8kmのレコがあります。又、栃木沢へ降りる方は2010.5.16のレコには途中の岩尾根を下る(といっても難しものではないです)が有りますのでご参考に。障子岩から山頂にあがったら、同じコースを往復するのは多分しないでしょうから、これらのコースになるでしょう。(g)
登録日: 2013/3/24
投稿数: 854
2016/3/6 12:58
 Re: こんにちは gさん
toradoshiさま
いつもコメントありがとうございます。
Gマーク到達で達成感をたっぷり味わってこれました。何度も分岐があるので、gpsさまさまです。とても私の読図では心配ですよ。
障子岩だけでもいいですね。砥沢林道の奥の登山口から入ると岩へは、小さな山を1山越えるだけです。
4月は、明神、宇連、鳳来の三河三山トレイルを完歩したいと思っていますが、体力と日中の長さ次第で、通常なら宇連を境に2つに分けるのだと思いますが、一度通しでやってみたい願望でんです。(g)
登録日: 2014/5/29
投稿数: 170
2016/3/7 9:48
 お疲れ様です
gさん こんにちは。

障子岩には、2〜3度ほど行った事が有りますが、このコースはなかなか大変そうですね。
明神と障子岩、何かそそられるコースで行ってみたくなります。
奥三河の新鮮なコースを、いつもありがとうございます。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 854
2016/3/7 17:19
 Re: お疲れ様です
nakoe15さん
コメントありがとうございます。
コース確認のためだったのですが、どうせなら通過したことのないルートからということで神田からにしました。
マイナーのルートは私にとっては、達成感があります。
長く、迷いやすい分岐あり、アップダウンありでしたが、GPSにいれたルート図が便り、外れないように歩いてきました。

レコを見ていただいて、ご参考にしていただいてうれしい限りです。
それに加えて、ritaさん命名のおむすび岩の整備、レコで見ると、大変立派なルートになったと、nakoeさんの出来栄えと速さに感心しています。
あっちこっちと気が多くて、歩くことが多くて、まだ訪問してませんが、訪問して、私がいってない(一番高いピークまでいっただけなのです)先端まで行ってみたいと思っています。今後もよろしくお願いします。(g)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ