ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 落石

落石(らくせき)

最終更新:2016-03-12 21:39 - gutenmrgen
基本情報
自然的な要因または人的な要因で、山の斜面や崖から石や岩が落ちてくること。

自分が落石を起こした場合や、落石を目撃した場合は、大声で「落石!」や「ラーク!」と叫んで、周囲の人に知らせるのが山行のマナー

ちなみに「ラーク」は日本語の「落石」と英語の「ロック(rock)」とをかけあわせた言葉で、比較的外国人に対しても伝わりやすい掛け声になっている。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

落石(らくせき)とは、山の斜面や崖から石が落ちてくること。また、落下した石・岩塊等も落石という。
落石は様々な要因で起きる。表層堆積物、火山噴出物、固結度の低い砂礫層の中の岩塊、礫が表面に浮き出して、斜面を落下することもある。岩石の不連続面(岩盤中に発達する節理面、片理、層理等の割れ目)が拡大して、岩塊や礫がはく離して起きることもある。はく離しやすい状態の石・岩塊に人が触れたことで落石を起こすこともある。
大雨で地盤が緩くなると、より一層 発生しやすくなる。

「落石」 に関連する記録(最新3件)

丹沢
  52    6 
2016年12月07日(日帰り)
丹沢
  73     38  2 
2016年12月06日(日帰り)
東海
  88     11  1 
2016年12月05日(日帰り)
ページの先頭へ