ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ドッペルゲンガー

ドッペルゲンガー(どっぺるげんがー) / 自己像幻視、影患い、影病

最終更新:2016-03-21 15:17 - pipiy
基本情報
自分自身で、自らの分身を目撃する現象。またはその分身を指す。

ドッペルゲンガーには大別して2種あり、自らの分身を自らが目撃する場合(本稿では便宜上A現象と仮称)と、
明らかに同一人物が、全く異なる場所で、全く同時刻に第三者によって目撃されるケース(同B現象)がある。
尚、A現象でも、例えば自身の分身を、同行の他人も目撃した場合はB現象となる。

更に、A現象を体験した人は早死にするという伝承が付け加えられることもある。

登山に関連して本用語が使われる場合は、概ねA現象を指しているようである。
また、原因はわからないがA現象を体験しやすいと言われている山域もある(例、群馬県の岩塔ヶ原など)。

超常現象又は都市伝説の一種として扱われることもあるが、A現象は、精神心理学的なものを除き、医学的にはほぼ論理的に説明されている(脳疾患の一種)。
A現象体験者は早死にするという伝承も、脳疾患起因説にて説明できるとされている。
このため、ドッペルゲンガーのA現象を体験した人は、精神科や心療内科ではなく、念のため脳神経外科を受診することが推奨される。

B現象は、記録の検証などから現象があったこと自体の信憑性は高いとされているものの、定説又はそれに近いレベルの理論的な説明は未だ提起されておらず、現時点では超常現象の類である。

関連する写真リスト

ドッペルゲンガー? (笑)
ドッペルゲンガー? いや、ブロッケン。
ドッペルゲンガー違った.汗) ブロッケン.笑)
久住山、山頂手前 私の顔が現れます これはドッペルゲンガーでしょうか??
朝日が真横から照っているので、樹林帯の中央に自分の影が出来ました。ドッペルゲンガーみたい。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ドッペルゲンガー()とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である。自分とそっくりの姿をした分身。同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)。超常現象事典などでは超常現象のひとつとして扱われる。近年では医学的な説明の試みもあり、それで一応説明可能なものもあるが、説明不能なものもある。
(と同語源)とは、「二重」「生き写し、コピー」という意味を持ち、を逐語訳すると「二重の歩く者」「二重身」となる。英語風に「ダブル」と言うこともあり、漢字では「復体」と書くこともある
ドッペルゲンガー現象は、古くから神話・伝説・迷信などで語られ、英米圏では「double(ダブル)」、中国では「離魂」、日本では「分身」「影法師」「影の病」「影の煩い」などの名称で呼ばれ、肉体から霊魂が分離・有形化したものとされた。この二重身の出現は、その人物の「死の前兆」と信じられた
18世紀末から20世紀にかけて流行したゴシック小説作家たちにとって、死や災難の前兆であるドッペルゲンガーは魅力的な題材であり、自己の罪悪感の投影として描かれることもあった。

「ドッペルゲンガー」 に関連する記録(最新3件)

白馬・鹿島槍・五竜
  22    17 
2016年08月06日(2日間)
阿蘇・九重
  82    31 
2016年06月19日(日帰り)
日光・那須・筑波
  110     108  6 
WU-YAN, その他3人
2016年06月17日(日帰り)
ページの先頭へ