ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > モルゲンロート

モルゲンロート(もるげんろーと) / 朝焼け

最終更新:2015-12-04 20:30 - gutenmrgen
基本情報
夜明けの頃に、山肌が太陽の光を受けて赤く染まる現象

語源はドイツ語:Morgenrot

関連する写真リスト

モルゲンロート
モルゲンロート
モルゲンロート
モルゲンロート
モルゲンロート

山の解説 - [出典:Wikipedia]

夕焼け(ゆうやけ)は、日没の頃、西の地平線に近い空が赤く見える現象のこと。
夕焼けの状態の空を夕焼け空、夕焼けで赤く染まった雲を“夕焼け雲”と称する。日の出の頃に東の空が同様に見えるのは朝焼け(あさやけ)という。

「モルゲンロート」 に関連する記録(最新3件)

甲信越
  13   2 
2017年03月20日(日帰り)
甲信越
  33    5 
2017年03月19日(日帰り)
白山
  68    39 
2017年03月18日(日帰り)
ページの先頭へ