ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ブロッケン

ブロッケン(ぶろっけん)

最終更新:2016-03-19 06:54 - gutenmrgen
基本情報
太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現れる大気光学現象

関連する写真リスト

ブロッケン
ブロッケン
ブロッケン
ブロッケン
ブロッケン

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ブロッケン現象(ブロッケンげんしょう、Brocken spectre)とは、太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現れる大気光学現象。光輪グローリー、)、ブロッケンの妖怪(または怪物、お化け)などともいう。
ブロッケン現象は、霧の中に伸びた影と、周りにできる虹色の輪(ブロッケンの虹)の二現象をまとめて指している。両者とも霧の中のいたるところで起こっており、霧が見る人の間近にあるとき、奥行きと巨大さを感じる場合がある。虹に比べて、見かけの大きさは10分の1程度と小さく、光の輪は何重にもなる場合がある。また、見る人の影が十分小さければ、中心点にも輝点が見られる。内側は青色で、外側は赤色。水滴が起こすミー散乱の後方散乱が、光の色(波長)によって異なる角度依存性を持つ事によっておこる。ミー散乱を起こす粒子は雨粒に比べて非常に小さい(虹は雨粒による屈折と内部反射によるものである)。「Brocken」の由来はドイツのブロッケン山。ハルツ山地の最高峰 (1,142m) である。
日本では御来迎(ごらいごう)、山の後(御)光仏の後(御)光、あるいは単に御光とも呼ばれる。これは、古くは阿弥陀如来が『観無量寿経』などで説かれる空中住立の姿を現したと考えられていたためである。槍ヶ岳開山を果たした僧播隆の前に出現した話が有名。

「ブロッケン」 に関連する記録(最新3件)

丹沢
  71    30 
yokois, その他1人
2016年12月04日(2日間)
富士・御坂
  37    13 
2016年12月03日(日帰り)
奥多摩・高尾
  37    8 
nisitama, その他5人
2016年12月01日(日帰り)
ページの先頭へ