ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824917 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

日本国[ニホンコク] … 山の名前に魅かれて

日程 2016年03月08日(火) [日帰り]
メンバー takakei
天候曇り/霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新潟県の最北のJR駅である府屋駅の手前で国道7号線から離れ、県道52号線(山北関川線)で小俣を目指します。
日本国トンネルを抜けて500m程走ると左側に「日本国登山道入口」の標識が、右側に「日本国ふれあいパークの」標識が見え、日本国ふれあいパークに駐車場と休憩小屋があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間19分
休憩
47分
合計
3時間6分
S小俣登山口08:4008:49ラジウム清水09:11松ヶ峰09:26沖見休憩所09:35<休憩>09:4509:56蛇逃峠09:59鷹待場10:20日本国10:5011:01鷹待場11:03蛇逃峠11:1011:25沖見休憩所11:33松ヶ峰11:46ラジウム清水10:51小俣登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありません。
登山ポストは登山口にあります。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック アイゼン ピッケル 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

8時10分、小俣登山口前の「日本国ふれあいパーク」駐車場に着きました。
2016年03月08日 08:12撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時10分、小俣登山口前の「日本国ふれあいパーク」駐車場に着きました。
駐車場から道路を挟んだ向かい側に「日本国登山道入口」の標識が見えています。
2016年03月08日 08:12撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から道路を挟んだ向かい側に「日本国登山道入口」の標識が見えています。
1
8時40分、登山を開始しました。
2016年03月08日 08:40撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時40分、登山を開始しました。
2
登山道入口脇にはこんな案内がありました。結構人気のある山なのかも。
2016年03月08日 08:40撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口脇にはこんな案内がありました。結構人気のある山なのかも。
2
登山道入口にある登山ポストです。積雪は見えません。
2016年03月08日 08:40撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口にある登山ポストです。積雪は見えません。
登山道の積雪は僅かです。登り始めて直ぐに登山道が2つ(写真中央から直進する道と左側に進む道)に分かれています。左側の道を進むことにしました。
2016年03月08日 08:41撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の積雪は僅かです。登り始めて直ぐに登山道が2つ(写真中央から直進する道と左側に進む道)に分かれています。左側の道を進むことにしました。
1
意外と急な登りでどんどん高度を稼いで行きます。
2016年03月08日 08:47撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と急な登りでどんどん高度を稼いで行きます。
1
8時49分、水場(ラジウム清水)に着きました。
2016年03月08日 08:49撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時49分、水場(ラジウム清水)に着きました。
1
積雪が無くガスっている登山道を登ります。
2016年03月08日 08:55撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪が無くガスっている登山道を登ります。
標高300mを超すと積雪が出てきました。
2016年03月08日 09:08撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高300mを超すと積雪が出てきました。
1
9時11分、休憩ベンチがある松ヶ峰という広場に着きました。
2016年03月08日 09:11撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時11分、休憩ベンチがある松ヶ峰という広場に着きました。
松ヶ峰からの進行方面です。
2016年03月08日 09:12撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松ヶ峰からの進行方面です。
標高340mの尾根上で再び積雪が無くなった、
2016年03月08日 09:17撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高340mの尾根上で再び積雪が無くなった、
と思ったら標高400m地点からまた雪道になりました。
2016年03月08日 09:24撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったら標高400m地点からまた雪道になりました。
1
9時26分、沖見休憩所に着きました。ここからは日本海の粟島が見えるということですが、ガスっていて見えず残念です。
2016年03月08日 09:26撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時26分、沖見休憩所に着きました。ここからは日本海の粟島が見えるということですが、ガスっていて見えず残念です。
418mピークの手前の様子です。
2016年03月08日 09:28撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
418mピークの手前の様子です。
1
蛇逃峠(じゃのげとうげ)への登りの標高420m地点で10分間の休憩をとることにしました。
2016年03月08日 09:36撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇逃峠(じゃのげとうげ)への登りの標高420m地点で10分間の休憩をとることにしました。
2
蛇逃峠が見えてきました。
2016年03月08日 09:55撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇逃峠が見えてきました。
1
9時56分、東屋のある蛇逃峠に着きましたがそのまま通過します。
2016年03月08日 09:56撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時56分、東屋のある蛇逃峠に着きましたがそのまま通過します。
2
蛇逃峠から日本国頂上への道の様子です。
2016年03月08日 09:57撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇逃峠から日本国頂上への道の様子です。
2
蛇逃峠出発すると直ぐに鷹待場に着きました。
2016年03月08日 09:59撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇逃峠出発すると直ぐに鷹待場に着きました。
雪面を踏み抜いたりしながら峠から20分ほど登ると日本国頂上が近づいてきました。
2016年03月08日 10:19撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪面を踏み抜いたりしながら峠から20分ほど登ると日本国頂上が近づいてきました。
1
10時20分、かなり広い日本国頂上に着きました。頂上には休憩舎が見えています。
頂上は新潟県と山形県の県境となっています。
2016年03月08日 10:22撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時20分、かなり広い日本国頂上に着きました。頂上には休憩舎が見えています。
頂上は新潟県と山形県の県境となっています。
4
頂上の休憩舎です。
2016年03月08日 10:23撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の休憩舎です。
3
休憩舎の中で休むことにしました。
2016年03月08日 10:23撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩舎の中で休むことにしました。
頂上には展望台もありましたが残念ながらガスで何も見えません。
晴れていれば日本海の粟島や鳥海山、朝日連峰、飯豊連峰が見えるとのことです。
2016年03月08日 10:38撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上には展望台もありましたが残念ながらガスで何も見えません。
晴れていれば日本海の粟島や鳥海山、朝日連峰、飯豊連峰が見えるとのことです。
9
展望台には日本国の由来が書かれていました。
2016年03月08日 10:38撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台には日本国の由来が書かれていました。
2
展望台にある日本国の由来。
2016年03月08日 10:38撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台にある日本国の由来。
1
何もみえないけど展望台に上ってみました。展望台の上で記念にセルフで。
2016年03月08日 10:39撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何もみえないけど展望台に上ってみました。展望台の上で記念にセルフで。
3
さらに休憩舎の中でもセルフで。右後方の地図をみると頂上から山形県側への登山道もあるようです。
2016年03月08日 10:40撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに休憩舎の中でもセルフで。右後方の地図をみると頂上から山形県側への登山道もあるようです。
6
景色が撮れないので頂上標識の脇でもセルフで記念撮影し、10時50分に下山を開始しました。
2016年03月08日 10:50撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色が撮れないので頂上標識の脇でもセルフで記念撮影し、10時50分に下山を開始しました。
5
11時1分、鷹待場に戻ってきました。
2016年03月08日 11:01撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時1分、鷹待場に戻ってきました。
11時3分、蛇逃峠に戻ってきました。何も見えないけれど東屋で7分間休憩しました。
2016年03月08日 11:05撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時3分、蛇逃峠に戻ってきました。何も見えないけれど東屋で7分間休憩しました。
418mピークへの登りにかかります。
2016年03月08日 11:21撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
418mピークへの登りにかかります。
11時25分、沖見休憩所に戻ってきました。
2016年03月08日 11:25撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時25分、沖見休憩所に戻ってきました。
11時33分、松ヶ峰に戻ってきました。
2016年03月08日 11:33撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時33分、松ヶ峰に戻ってきました。
松ヶ峰は広々としています。
2016年03月08日 11:33撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松ヶ峰は広々としています。
11時46分、ラジウム清水に戻ってきました。
2016年03月08日 11:46撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時46分、ラジウム清水に戻ってきました。
登り始めて直ぐの分岐に戻ってきました。どちらの道を進んでもラジウム清水の手前で合流するようです。
2016年03月08日 11:50撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて直ぐの分岐に戻ってきました。どちらの道を進んでもラジウム清水の手前で合流するようです。
11時51分、登山道入口と駐車場が見えてきました。
2016年03月08日 11:51撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時51分、登山道入口と駐車場が見えてきました。
1
駐車場入口には日本国ふれあいパークの標識があります。
2016年03月08日 11:52撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場入口には日本国ふれあいパークの標識があります。
1

感想/記録

新潟で生まれ育ち、山登りも新潟の山から始めたのに「日本国」という変わった名前の山は知りませんでした。
知ったのは山と渓谷社の新・分県登山ガイド「新潟県の山」の一番初めに掲載されていたのを見てからです。

ガイドブックでは登山適期は5月から11月となっており、新潟県と山形県の県境上にある山なので3月でも積雪がかなり多く残っているように思われましたが、日本海まで5kmも離れておらず、標高も555mと低いため残雪は少ないのではとも思われ、兎に角登山の準備をして登山口まで行ってみることにしました。

新潟市の実家に行く機会を利用することにし、朝の6時15分に実家を車で出発しました。
当日は県内に濃霧注意報が出ていて出発した時から霧の中の走行となりましたが、小俣登山口までの110kmの道のりも国道7号線(新新バイパス)、日本海東北自動車道を使うと8時10分には小俣登山口に着くことができました。
途中、日本海東北自動車道終点から国道7号線に入り暫く海岸線から離れた山中を走った時、道の両側の田畑および周囲の山々には多くの積雪が残っていて日本国登山は無理かと思われました。

府屋の手前で国道を離れ県道52号線を走ると周囲の山々の積雪は少なく、道路脇には無い状態となっていました。
また登山口手前のトンネルの名前が「日本国トンネル」となっているのにもビックリ。
マイナーな山と思っていたら登山口には立派な標識が、そしてその反対側には「日本国ふれあいパーク」という大きな標識があり、この辺り一帯を日本国と呼ぶのかと思われました。

平日でもあり、ふれあいパークの駐車場に停まっている車はありませんでしたが、中腹に残雪は見えるものの登山口を通して見える登山道に積雪は無く、これなら大丈夫であろうと登ることにしました。

8時40分に登山を開始。登山口には「日本国登頂証明書発行中」との大きな案内板があり、余程人気のある山なのか、または人気を盛り立てようとしている山なのかを窺わせる山であると感じました。

雪の無い登山道を登りはじめて10分もしないうちに「ラジウム清水」という水場を通過し、そこから約20分後の標高300m辺りから雪道となり、400mから上は完全な雪道となりました。
ガスで周囲の景色が全く見えないため、休憩ベンチのある松ヶ峰や沖見休憩所はそのまま通過することにしました。
晴れていれば日本海や粟島、日本国頂上や朝日連峰が見えるとのことですが全く見えなくガッカリです。

雪面上の固そうなところを選んで慎重に進むものの、418mピークから先は数歩に1歩は雪面を踏み抜きながの登りとなりました。

蛇逃峠(じゃのげとうげ)には東屋もありましたが、視界が利かないためここも通過し、歩き始めて1時間40分後の10時20分に日本国頂上に着きました。
頂上は広々としていて立派な休憩舎や展望台があり、展望台には日本国の名前の由来の紹介が記されていました。
また、休憩舎内には日本国登頂証明書発行申請書が置かれていました。

登山道は雪面下でしたが、標識や赤布は整備されており標高差も450m程度なので家族連れでも手頃に登れる山であると感じました。
尚、標高が低いので無雪期の春および秋がハイキングに適しているように思います。
訪問者数:406人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ