ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 829190 全員に公開 講習/トレーニング八ヶ岳・蓼科

横岳西壁 日ノ岳稜

日程 2016年03月17日(木) [日帰り]
メンバー tanukigo, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口より美濃戸区間は凍結箇所有。深夜、4WD スタッドレスでアクセスするもののスタックしてしまい、結局美濃戸口まで戻りました。
今後の気温上昇にて、大幅に変わると思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間20分
休憩
57分
合計
12時間17分
S八ヶ岳山荘05:0305:47やまのこ村05:59美濃戸山荘06:0106:43堰堤広場07:28赤岳鉱泉07:5115:20赤岳鉱泉15:5016:15堰堤広場16:39美濃戸山荘16:42赤岳山荘16:4317:17八ヶ岳山荘17:1817:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【コース状況】
石尊稜と中山尾根の中間にあるリッジで石尊稜と同じ構成で、下部岩壁〜雪稜〜上部岩壁と3部構成になっています。
岩が非常に脆いです。
支点は整備されていました。
2級/鍵
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

赤岳鉱泉のアイスキャンディー
もうそろそろ営業終了〜
2016年03月17日 07:28撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のアイスキャンディー
もうそろそろ営業終了〜
1
石尊稜へ向かうトレースへ入って行きます
2016年03月17日 08:04撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尊稜へ向かうトレースへ入って行きます
沢を詰めて行くと、荒々しい岩壁が広がります
2016年03月17日 08:46撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を詰めて行くと、荒々しい岩壁が広がります
1
いきなりですが取り付き
左には石尊稜〜
2016年03月17日 09:27撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりですが取り付き
左には石尊稜〜
3
右には中山尾根〜
2016年03月17日 10:11撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右には中山尾根〜
2
石尊稜下部岩壁をアップで
2016年03月17日 10:11撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尊稜下部岩壁をアップで
3
日ノ岳稜下部岩壁取り付き点
2016年03月17日 10:11撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ岳稜下部岩壁取り付き点
2
1P目終了点より下部を振り返って
2016年03月17日 11:47撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1P目終了点より下部を振り返って
2
tanukigo妻!登攀中〜
2016年03月17日 11:58撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
tanukigo妻!登攀中〜
5
2P目。
終了点より下部を振り返って
2016年03月17日 12:37撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2P目。
終了点より下部を振り返って
3
上部岩壁
タイムアップにより撤退をします
情けない!
2016年03月17日 12:53撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部岩壁
タイムアップにより撤退をします
情けない!
6
懸垂を交え下降します。
2016年03月17日 13:55撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂を交え下降します。
4
撮影機材:

感想/記録

高気圧に覆われる快晴の空の中、横岳西壁 日ノ岳稜へ行ってきました。
3月らしい積雪の中、赤岳鉱泉へとアプローチ。鉱泉にて登攀準備を整え、日ノ岳稜へと向かいます。
数日前の降雪のせいかトレースは薄っすらと有るものの、ラッセルを強いられながら取り付きへ向かいました。
沢を詰め、急壁の雪壁を登り切ると岩壁に突き当たり、ここが取り付きとなります。
ここから2Pが下部岩壁になります。
下部岩壁では、1P目がいきなりの核心。脆い岩を慎重に処理し時間をかけ高度を上げます。50mいっぱいまで伸ばしピッチを切りました。
続く、2P目岩と雪のミックス。頭上の岩稜を左より巻いた後、右上しながら高度を上げて行き雪壁を登りリッジへと抜けます。この区間も50mいっぱいまで伸ばし灌木にてピッチを切りました。
ここで下部岩壁は終了。高度感あふれる展望の良い雪稜の登攀となりますが、思いのほか雪が重く快適な登攀とはなりません。
予定していた行動時間より、大幅に遅れを取っていた為、上部岩壁取り付き手前にて登攀終了。
悔しさを胸に抱えながら同ルートを懸垂を交え下降しました。

訪問者数:308人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ