ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830450 全員に公開 ハイキング近畿

宍粟天空回廊2座を歩く(赤西渓谷ー波佐利山ー赤西山 周回)

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー so-tuff
天候曇り
アクセス
利用交通機関
国道29号を北進。道の駅はがを過ぎて直ぐに「赤西渓谷」の標示に従って左折。
50m程で橋を渡ったら右折して、赤西川沿いの赤西林道をゲートのある最奥まで進む。ゲート手前3km程未舗装だが、慎重に進めば普通車でも通行可能。ゲート前に3台程駐車可能。トイレ有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間0分
休憩
35分
合計
8時間35分
S赤西林道ゲート07:2011:15音水登山口からの合流11:45波佐利山12:0513:40赤西山13:5514:45林道15:55赤西林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
波佐利山の音水渓谷からの登山道と合流するまで道は有りません。(波佐利山山頂まで)地図・コンパス・読図能力は必須ですが、尾根を外さなければ迷う所は少ない。
赤西山からの下りは、赤西川の二又へ直接延びる南の尾根を下る方が、分かり易くて無難かもしれない。
その他周辺情報波賀温泉 楓香荘  季節によってリンゴ風呂がある。
原観光リンゴ園
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

去年から設置されたらしいゲート。
この直ぐ脇から登るので支障は無い。
2016年03月20日 07:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年から設置されたらしいゲート。
この直ぐ脇から登るので支障は無い。
1
赤西キャンプ場の遊歩道の階段から尾根に取り付く。
赤ペンキのマーキング有り。
2016年03月20日 07:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤西キャンプ場の遊歩道の階段から尾根に取り付く。
赤ペンキのマーキング有り。
1
最初はこんな感じで歩き易い。
踏み跡は少ない。
2016年03月20日 07:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じで歩き易い。
踏み跡は少ない。
1
しばらくすると道は無くなるが、落葉と下草が無いせいか見通しも好く、尾根の形も分かり易い。
2016年03月20日 08:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると道は無くなるが、落葉と下草が無いせいか見通しも好く、尾根の形も分かり易い。
1
下から見ると今にも落ちそうな岩。
手前の岩は長くて尾根に突き刺さっている。
奥の岩は木に喰われてる様。
2016年03月20日 08:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見ると今にも落ちそうな岩。
手前の岩は長くて尾根に突き刺さっている。
奥の岩は木に喰われてる様。
2
中央右側が竹呂山かな?
三室山は雲がかかっていて見えなかった。
2016年03月20日 09:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央右側が竹呂山かな?
三室山は雲がかかっていて見えなかった。
2
2時間掛かって最初の1106ピークに到着。
ヌタ場が有るという事は知っていたが、何処か忘れた…
前日の雨のせいであちこちに水溜りがある…
2016年03月20日 09:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間掛かって最初の1106ピークに到着。
ヌタ場が有るという事は知っていたが、何処か忘れた…
前日の雨のせいであちこちに水溜りがある…
踏跡は僅かだが意外と歩き易い。
時折ゴーという音と共に突風が吹くが、
風は感じないので気味が悪い。
2016年03月20日 09:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏跡は僅かだが意外と歩き易い。
時折ゴーという音と共に突風が吹くが、
風は感じないので気味が悪い。
1
展望が開けた所から見えた三室山。
山頂はまだ雲の中。
2016年03月20日 10:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が開けた所から見えた三室山。
山頂はまだ雲の中。
2
音水渓谷からの登山道と合流。
2016年03月20日 11:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音水渓谷からの登山道と合流。
波佐利山に到着。
2016年03月20日 11:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
波佐利山に到着。
1
北に氷ノ山を遠望。三の丸までは良く見えた。
2016年03月20日 11:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北に氷ノ山を遠望。三の丸までは良く見えた。
1
赤谷山方面。
2016年03月20日 11:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷山方面。
1
樹氷かと思ったら雨氷だった。
2016年03月20日 12:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷かと思ったら雨氷だった。
2
気温は2.3度。道理で寒いわけだ。
大ボウシ分岐点の県境石柱。
2016年03月20日 12:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は2.3度。道理で寒いわけだ。
大ボウシ分岐点の県境石柱。
1
北西風が吹きつける尾根は雨氷だらけ。
2016年03月20日 12:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西風が吹きつける尾根は雨氷だらけ。
見た目の感動ほど写真に上手く残せない。
ここは露光を上げた方が良かったのかな?
2016年03月20日 12:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見た目の感動ほど写真に上手く残せない。
ここは露光を上げた方が良かったのかな?
1
赤西山が見えてきた。
2016年03月20日 12:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤西山が見えてきた。
1
アップで。
向こうも雨氷祭開催中。
2016年03月20日 12:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
向こうも雨氷祭開催中。
3
歩いてきた波佐利山への稜線。
最初の登りはキツかったが、乗ってしまえば極楽尾根の
天空回廊。
2016年03月20日 12:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた波佐利山への稜線。
最初の登りはキツかったが、乗ってしまえば極楽尾根の
天空回廊。
1
波佐利山を振り返る。
2016年03月20日 13:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
波佐利山を振り返る。
1
歩いてきた稜線の向こうに三久安山。
2016年03月20日 13:31撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線の向こうに三久安山。
1
雨氷。
2016年03月20日 13:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨氷。
花が咲いた様で綺麗だ。
2016年03月20日 13:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花が咲いた様で綺麗だ。
1
赤西山に到着。
2016年03月20日 13:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤西山に到着。
1
シダが枯れて開けた西側に三室山がドーン
と見える。
2016年03月20日 13:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダが枯れて開けた西側に三室山がドーン
と見える。
1
アップで。
2016年03月20日 13:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
2
植松山方面。
2016年03月20日 13:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植松山方面。
1
南へ伸びる尾根をやめて少し西側に下る。
林道への最短コースを選択。
2016年03月20日 14:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南へ伸びる尾根をやめて少し西側に下る。
林道への最短コースを選択。
1
激下りを木に掴まりながら下る。
左側に進んでしまい沢に出てしまったので、
右側(西)の尾根へ修正。
2016年03月20日 14:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激下りを木に掴まりながら下る。
左側に進んでしまい沢に出てしまったので、
右側(西)の尾根へ修正。
何とか林道に出た。
大分荒んでいる。
ワザワザこんな林道に出ることも無かったが、
早く楽になりたかったというのが正直なところ。
2016年03月20日 14:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか林道に出た。
大分荒んでいる。
ワザワザこんな林道に出ることも無かったが、
早く楽になりたかったというのが正直なところ。
赤西川支流。
2016年03月20日 14:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤西川支流。
1
本流。
紅葉に季節にまた来よう。
2016年03月20日 15:16撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流。
紅葉に季節にまた来よう。
2
小さな水溜りに大量のカエルの卵。
林道にまではみ出している。
2016年03月20日 15:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな水溜りに大量のカエルの卵。
林道にまではみ出している。
1
交尾中を撮っていたら、「ゲコゲコ」と鳴いて離れた。
「邪魔するな!」って怒られたかな?
まだまだ産まれる模様。
2016年03月20日 15:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
交尾中を撮っていたら、「ゲコゲコ」と鳴いて離れた。
「邪魔するな!」って怒られたかな?
まだまだ産まれる模様。
1
長い林道歩きの末、やっとゲートに戻って来ました。
2016年03月20日 15:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 220 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い林道歩きの末、やっとゲートに戻って来ました。
1
撮影機材:

感想/記録

最近の山行は地図は当然持って行くが、現地で見る頻度が減っていた。
踏跡とマーキングを追って漫然と歩いていたような気がする。
その為、先人の間違えた踏跡(けもの道?)を更に踏み進んでいくことも
しばしばある。
今回は、敢えて一般道で無い(道すらない?)と思われるルートに、
身を置いてみた。
分岐の少ない一本尾根だが、踏跡もマーキングも無かったら不安だが、
いっその事全く無かった方が今後の自信になっただろうが、
真新しいマーキングテープを見つけると、ホッとする。有り難い。
最近は2・3時間の山行が多かったので、久しぶりにガッツリ歩いた気がするが、
疲労感より達成感の方が大きかった。
今度は三室山へも縦走してみよう。
訪問者数:292人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ