ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 835661 全員に公開 山滑走尾瀬・奥利根

燧ヶ岳(御池方面から)

日程 2016年03月27日(日) [日帰り]
メンバー katsuki123
天候晴れ 上部ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ミニ尾瀬公園に駐車。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

[0:35]ミニ尾瀬公園 発
[6:35]熊沢田代 着
[11:05]下山
コース状況/
危険箇所等
ミニ尾瀬公園から先は冬季通行止め。
公園から御池手前の屈曲部付近までで、歩いた範囲ではおおむね路面が見えていた。ただし、ショートカットした部分は未確認。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

御池手前の国道屈曲部にて。月明りとヘッドライトを頼りに尾根に取り付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池手前の国道屈曲部にて。月明りとヘッドライトを頼りに尾根に取り付く。
2
つい最近のトレースを拝借して進む。すね〜ひざ下ラッセルだったようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つい最近のトレースを拝借して進む。すね〜ひざ下ラッセルだったようだ。
1
雪面を照らす月を見ながら広沢田代に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪面を照らす月を見ながら広沢田代に到着。
1
広沢田代。月の反対側から朝が来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢田代。月の反対側から朝が来た。
5
熊沢田代下斜面から撮影。トレースのない新雪に飛び込む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢田代下斜面から撮影。トレースのない新雪に飛び込む。
2
熊沢田代下の斜面を滑走中に振り返って。早い時間帯の北斜面ということもあってか、雪は軽かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢田代下の斜面を滑走中に振り返って。早い時間帯の北斜面ということもあってか、雪は軽かった。
4
残雪のガリガリスキーになるかと思っていたが、いい意味で裏切られた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪のガリガリスキーになるかと思っていたが、いい意味で裏切られた。
1
向かい側の山脈。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かい側の山脈。
2
広沢田代下の斜面は雪面が波打っているが、これはこれで良し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢田代下の斜面は雪面が波打っているが、これはこれで良し。
1
広沢田代下斜面から御池方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢田代下斜面から御池方面。
1
広沢田代を滑走後。せっかくなので御池方面にいってみることにした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広沢田代を滑走後。せっかくなので御池方面にいってみることにした。
1
御池方面の除雪は着々と進んでいるようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池方面の除雪は着々と進んでいるようだ。
4
国道を使って下山する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道を使って下山する。
1
御池の屈曲部付近から下は、雪はほぼなかった。少なくとも、今回歩いた範囲では。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池の屈曲部付近から下は、雪はほぼなかった。少なくとも、今回歩いた範囲では。
1
わずかに残った雪もこの程度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかに残った雪もこの程度。
2
登行時、ここから国道をショートカットした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登行時、ここから国道をショートカットした。
2
国道は緩やかな坂道。自転車があれば下山は楽でしょう。次回は持ってきたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道は緩やかな坂道。自転車があれば下山は楽でしょう。次回は持ってきたい。
1
振り返ると、きれいに晴れたピークが見えた。時間の余裕があればピークまで行けたのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、きれいに晴れたピークが見えた。時間の余裕があればピークまで行けたのに。
3

感想/記録

 3月最後の週末は燧ヶ岳で締めることにした。午前中に下山を完了したかったので、日付が変わったあたりから板を背負い、ヘッドライトをつけて出発。所々街路灯がついていたが、遠目に見るとぼんやりと光る何かに見え、一人でハラハラしていた。おっかないので、オーディオプレーヤーで気を紛らわせながら歩いた。

 co.1200国道の折り返しで履いていた靴をデポし、シール登行を開始。このあたりはスキーのトレースがあり、それに沿って進む。国道に復帰してからは、端の残雪をつないで御池手前の屈曲部へ向かい、ここから国道を離れて尾根に取り付く。・1531ポコ周辺は月明りに照らされた雪面がぼんやりと光り、なんとも幻想的だった。

 ポコを超えたあたりで、つい最近のものと思われるトレースを見つけたのでありがたく拝借し、ずんずん登行する。広沢田代に着くころに東の空が明るくなり、小休止を入れつつ熊沢田代へ。斜面を登り切ったころは問題ないが、湿原を行くにつれてガスがかかり、最終的には湿原より上の斜面は全然見えなくなった。しばらく待ってみたがどうにもいかず、午前中に下山したかったので引き返しを決定。

 熊沢田代下の斜面は先日降った雪が残っていて、粉雪とはいかないまでも軽い雪のスキーはなかなかに楽しい。ガリガリの残雪スキーかもと予想していただけに、いい方向で裏切られた。北斜面を満喫した後、御池経由で下る。屈曲部からは国道左側の雪壁を上って雪原を行き、デポした靴を回収して履き替え、ミニ尾瀬公園まで歩いて下山完了。

 今回の燧ヶ岳ではいい雪に恵まれた。厳冬期はもっと楽しいのだろう。国道はラッセルすることになり、大変そうだけど。
訪問者数:468人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス デポ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ