ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 841935 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

【臼杵山・市道山・刈寄山】戸倉三山周回

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー mutsuki
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
十里木の駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
10分
合計
5時間4分
S十里木バス停07:3707:53荷田子登山口08:05荷田子峠08:59臼杵山09:0309:46市道山09:4811:21刈寄山11:2511:48刈寄山登山口12:16沢戸橋バス停12:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
刈寄山登山口周辺の沢沿いの道は倒木などがあり登山道は少々荒れ気味。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

荷田子バス停からまずは荷田子峠を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷田子バス停からまずは荷田子峠を目指す。
荷田子峠。臼杵山へと向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷田子峠。臼杵山へと向かう。
臼杵山までは所々標識もありルート明瞭なので迷う事はないと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臼杵山までは所々標識もありルート明瞭なので迷う事はないと思う。
戸倉三山1座目にして本日の最高地点。臼杵山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉三山1座目にして本日の最高地点。臼杵山。
戸倉三山2座目。市道山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉三山2座目。市道山。
市道山〜刈寄山間はこのように距離表示の標識が点在。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市道山〜刈寄山間はこのように距離表示の標識が点在。
市道山〜刈寄山の中間点くらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市道山〜刈寄山の中間点くらい。
入山峠近くの鉄塔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入山峠近くの鉄塔。
戸倉三山3座目。刈寄山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉三山3座目。刈寄山。
あとは下山するのみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは下山するのみ。
若干荒廃気味の登山道だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干荒廃気味の登山道だった。
ここから地味に長いアスファルト歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから地味に長いアスファルト歩き。
十里木へ帰還。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十里木へ帰還。

感想/記録

季節はすっかり春模様である。

雪山山行は3月にいい形で締めくくったので、久しぶりに近場の低山に
行きたいと思い山行を画策。この時期、近場の低山でひとつ注意すべきは
トレランの大会である。前年、同じ時期に戸倉三山へ行った時に、
丁度開催されていたトレラン大会に巻きこまれ大変な目にあった。
今年は同じ轍を踏まぬべく調べてみると、昨年戸倉三山で巻きこまれた
トレラン大会(ハセツネ30K)は4月3日に開催済だった。とすると今週は
戸倉三山へ行くのに支障はないだろう。こうして今回の山行が決定した。
雪山山行を締めたので、今回はローカットシューズにULTIMATE DIRECTIONの
軽量ザックと、久しぶりのライトウェイトの出で立ちである。
靴の軽さに任せグイグイ進んだら臼杵山に到着する前にバテ気味になった。
久しぶりのライトウェイトでペース配分が上手く掴めなかったようだ。
臼杵山から市道山の区間は標高は下がってゆくものの所々アップダウンもあり
登り返しの局面が煩わしかった。
市道山まで会った人は数名。ここまでは昨年同様の静かな山行である。
そして、昨年、トレラン大会に巻き込まれた市道山から刈寄山の区間だが、
この区間が本日一番人と出会った区間だがそれでも数名程度で10名に満たない。
昨年叶わなかった刈寄山までの区間、静かな山行を堪能することができた。
刈寄山からは荒廃気味の登山道を下るのみで昨年織り込み済みである。
登山道を下ったあと、単調なアスファルト歩きを経て十里木に帰還終了。

戸倉三山もそうだが、武蔵五日市界隈の山は標高は1000Mに満たないが、
登山道の行程は決して短くなく、たやすくもない、そのように感じる。
また、新緑の芽吹く少し前の時期ということもあってが、基本的には静かな
山行が堪能できるのも魅力と思う。
ただし、ひとつ忘れてはならない注意点がある。
花粉舞い散るこの季節、花粉の原材料地へ飛び込んでゆくわけになる。
かく言う私も、本日たらふく花粉を吸い込んだであると思われ、
帰路に着く際からくしゃみと鼻水が止まらない始末となった。
この山域は花粉症の終わる季節に行くというのも重要な選択肢であろう。

今回も成功。
訪問者数:362人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ザック 倒木 山行 UL ハセツネ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ