ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 845446 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

能登ヶ峰 (桜満開の鮎河から鹿の楽園へ)

日程 2016年04月11日(月) [日帰り]
メンバー whitewater
天候曇りのち晴れ。強風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鮎河登山口P(臨時?):約30台。無料。トイレ無し。
 鈴鹿スカイライン(R477)の甲賀市土山町大河原から約2.4km。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
27分
合計
4時間53分
S鮎河登山口P09:0310:47鹿の楽園11:22ドラム缶11:43660m地点(昼食)12:1012:45能登ヶ峰13:56鮎河登山口PG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・林道の取り付きから山頂までは植林地で、道が不明瞭。
 赤テープはあるが、分かりにくい。
・稜線上はアセビが多く迷いやすい。
・木の枝を引っ掛けやすいので注意。
 特に目を突かれないように注意。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

【朝の鮎河】
静かなうぐい川沿いの桜並木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【朝の鮎河】
静かなうぐい川沿いの桜並木。
2
【ここから】
道標はマジックで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ここから】
道標はマジックで。
1
【尾根に上がる】
赤テープに指示が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【尾根に上がる】
赤テープに指示が。
【アセビ大王】
一際大きいアセビの木に花がたわわに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【アセビ大王】
一際大きいアセビの木に花がたわわに。
2
【フモトスミレ】
うつむき加減の恥ずかしがり屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【フモトスミレ】
うつむき加減の恥ずかしがり屋。
2
【鎌遠望】
風が強くて冷たい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【鎌遠望】
風が強くて冷たい。
1
【アセビがいっぱい】
かくれんぼ出来そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【アセビがいっぱい】
かくれんぼ出来そう。
【風の通り道】
意を決して強風帯を突破!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【風の通り道】
意を決して強風帯を突破!
1
【網目状】
振り返ると木の根だらけの尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【網目状】
振り返ると木の根だらけの尾根道。
1
【ミツバツツジ】
薄紫に心が和む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ミツバツツジ】
薄紫に心が和む。
3
【咲きたて】
花付きは上々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【咲きたて】
花付きは上々。
3
【アセビの森】
中は迷路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【アセビの森】
中は迷路。
1
【赤紫の歓声】
青空によく似合う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【赤紫の歓声】
青空によく似合う。
5
【アセビの楽園】
自然のリゾート地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【アセビの楽園】
自然のリゾート地。
3
【雲上の牧場】
日向ぼっこしてるアセビがいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【雲上の牧場】
日向ぼっこしてるアセビがいっぱい。
4
【ドラム缶】
田村林道への降下点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ドラム缶】
田村林道への降下点。
1
【アセビのダンス】
アセビの花が揺れて賑やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【アセビのダンス】
アセビの花が揺れて賑やか。
2
【アセビの海原】
掻き分け掻き分け進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【アセビの海原】
掻き分け掻き分け進む。
3
【ゆっくりできない】
早く風を避けられる所に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ゆっくりできない】
早く風を避けられる所に。
1
【アセビの津波】
迫力ある〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【アセビの津波】
迫力ある〜。
1
【最難関】
ますます風が強くなってきて吹き飛ばされそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【最難関】
ますます風が強くなってきて吹き飛ばされそう。
2
【大揺れ】
アセビのドームは波打って揺れている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大揺れ】
アセビのドームは波打って揺れている。
1
【風が無ければ】
どこでも昼寝のバラダイス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【風が無ければ】
どこでも昼寝のバラダイス。
【晴れてる】
鎌の上は青空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【晴れてる】
鎌の上は青空。
1
【綿向山】
やっと雲が取れ顔を出した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【綿向山】
やっと雲が取れ顔を出した。
4
【遠い鎌】
ここで見納め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【遠い鎌】
ここで見納め。
3
【アセビだらけ】
アセビの多さにびっくりし通し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【アセビだらけ】
アセビの多さにびっくりし通し。
2
【あそこまで】
やっと林が近づいてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【あそこまで】
やっと林が近づいてきた。
1
【能登ヶ峰】
山頂は最後に通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【能登ヶ峰】
山頂は最後に通過。
1
【ショウジョウバカマ】
色白美人。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ショウジョウバカマ】
色白美人。
3
【トウゴクサバノオ】
咲きかけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【トウゴクサバノオ】
咲きかけ。
3
【シロバナネコノメ】
白さが引き立つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【シロバナネコノメ】
白さが引き立つ。
4
【シロバナネコノメ】
赤い葯がかわいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【シロバナネコノメ】
赤い葯がかわいい。
3
【イワボタン?】
ネコノメソウの仲間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【イワボタン?】
ネコノメソウの仲間。
1
【散歩】
下山後の花見は格別。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【散歩】
下山後の花見は格別。
1
【正面が能登ヶ峰】
やっと来れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【正面が能登ヶ峰】
やっと来れた。
6

感想/記録

「鹿の楽園」というフレーズに惹かれ、何度か計画をした能登ヶ峰。
登山口の鮎河の桜が満開ということで、花見を兼ねて行ってみた。
登山口の鮎河では、前日が桜まつりだったようだ。
まつりの余韻が残る中で花見を楽しんだ後、能登ヶ峰に向かった。

林道から取付いた後、稜線付近までは、ずっと植林地の中だ。
季節外れの冬型で、風が強く、林全体が唸り、木々を揺らす。
これでは稜線の強風が思いやられる。
踏み跡を辿っているうち、いつの間にか山頂下をトラバースして、稜線に出てしまった。
仕方ないから、山頂には帰りに寄るとしよう。

稜線では、広い草原とアセビの群落を縫うようにして進んでいく。
強風と闘いながら、アップダウンを繰り返す。
アセビの森の中は、迷路さながらだ。
テープを拾いながらアセビの枝をかいくぐる。

やっと錆びたドラム缶を見つける。
今日は、ここで折り返しとしよう。
少し戻ったアセビの陰の風の当たらない所で昼食だ。
この頃から青空が出てきて、ようやく太陽も顔を出した。

少し日向ぼっこを楽しんだ後、能登ヶ峰に向かう。
風は、青空と陽差しに反比例するかのように、ますます強くなった。
やっと樹林帯に入り、少しほっとする。
山頂は、平坦な林の中で、単なる通過点のようだった。

下る途中、登りで間違った地点を確かめた。
小さな石柱に巻かれた赤テープにマジックで矢印が書かれていた。
これじゃ間違って当然と納得して通り過ぎた。

鮎河に着くと、風は殆ど無かった。
川を挟んだ桜並木を歩く人もまばらだった。
時折吹く風に、桜の花びらが舞っていた。
しばらく花見をした後、散り始めた鮎河の桜にそおっと別れを告げた。
 
訪問者数:282人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ