ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 846266 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 大石沢(箒沢方面)

日程 2016年04月15日(金) [日帰り]
メンバー kamog(CL)
天候晴れ(風も心地よくポカポカ陽気)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢自然教室から出合まで7、8分程度。
または箒沢駐車場から同10〜15分程度。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■大石沢
  中川川水系の白石沢支流にも同名の沢があるが、今日行ったのは箒沢に近い
  大石バンガローキャンプ場と奥箒沢山の家入口の間の沢で、真面目に詰めれば
  箒沢権現山東の肩(1100m)で終わる(はず)。
  585二俣から右沢に入ったところに出てくる6m滝以外はとりわけ難しい
  箇所はないが、上流部は巨岩ゴーロ帯が延々続きそうなので、700mから
  左岸尾根に逃げ下降しました。
  遡行グレード:1級(今日遡行した区間)

\消安自然教室から南下し中川川を渡る橋を渡って最初に右岸から合わさる
 小沢がヌタノ沢。監視カメラがある。この沢は堰堤ばかりで短い。
 出合すぐが二俣になっている。
 これをやり過ごし次に右岸から合わさるのが大石沢。
 左岸に割と広い道にロープが張ってある。
 この道を進み3基続く堰堤はすべて右から越していく。
 少し進むと標高560mで右(北西)から判別しづらい涸れた枝沢が合わさり
 本流は少し西北西に向く。
 すぐに2×10mナメ、少し開けて2×15mナメ。
 ややヌメリがあるが問題になるほどでもない。

2つ目のナメが終わったところで585m二俣で水量比はほぼ1:1。
 左俣(南西向き)には3段6×10mが架かっている。
 今回は長い右俣(北西向き)に進む。
 すぐに3段4×12m小滝だが教蕕曚匹婆簑蠅覆ぁ
 その先も一見すれば二俣状だが、右側は上部がえぐれたザレですぐ終わり、
 左側には2段6m滝が架かっている。
 ヌメリもありやや立っているし、左右脇ともアバウト感覚なら登れそうにも
 見えるが、頼りになるホールドも疎く、こういう物には手を出さない方が
 よいだろう。
 高巻きを探る。
 左側のザレから大きく巻いても滝上流部がラペルなしでクライムダウンは
 たぶん期待できないという勘が働く。
 右側(左岸)の何だか隙間が開いたところがクマの寝床だったら嫌だなぁと
 思わせるゴーロの上側を通過し、逆くの字状に上がって巻くことにする。
 上は気持ちの良い平地状で、すぐに沢に下りるのも急だから、そのまま
 標高610m二俣まで進む。
 二俣周辺もゴルジュ状で、少し右沢沿いに歩くと植林内をロープなしで
 問題なく下りられた。
 二俣まで戻ってみると2mの苔混じりの砂岩スラブ滝(水はチョロチョロ)
 が2つ繋がっており、登るとなるとヌメリスラブクライミングで難儀しそう
 だったから、この高巻きでよかったかもしれない。

水は涸れ、沢筋には苔を纏った大岩が目立つようになってきた。
 すぐに2つの3m岩がCS状となり沢を塞いでいた。
 左隅を越えるが、左上にも大岩がはみ出しており、その下から張り出している
 木の根を刺激しないよう進む。
 左岸側にもう既に終わってしまったミツマタ群を2箇所ほど見送ると
 700m付近に目立つ6m四方の平岩がでんと横たわっていた。
 地形図を見ると、この先から次第に傾斜も増していくし、下降に使いたい
 左岸側は壁になるであろうし、大岩ゴーロ床は続きそうだし、
 小アブがかゆいので、エスケープするならこの辺りであろうと決める。
 平岩手前の左岸側にちょうどよい按配に植林作業径路が北東方向についていた
 のでこれを使わせてもらう。
 50〜60mほど径路を使って大石沢左岸尾根(小西沢との界尾根)に乗り下降。
 P708に少し登り返すと植生保護柵が、ピークから北東尾根側と南東尾根側沿いに
 付けられている。
 北東尾根は奥箒沢山の家方面だが末端近くは急下降となり小西沢側に下りることも
 できる。
 今回南東尾根は初めてなのでそちらを使う。
 柵沿いにずっと下りれば太った植林尾根帯から北東に向きを変え、監視カメラの
 あるヌタノ沢出合で県道76号に下りられる。
 太った植林から柵を離れ南東に向かっても大石沢出合に径路で出られるであろう。

■kamog丹沢限定沢登り記録↓
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

 ※最近会う人会う人から「丹沢の沢登りばかりしているんですよね」なんて
  言われますが、丹沢以外の奥利根、谷川、東北。上越など過去多くの沢は
  遡行しておりますし、クライミング(フリー&マルチ)も普段好んで行います
  ので悪しからず。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

上流部のヌタノ沢出合
2016年04月15日 11:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流部のヌタノ沢出合
西丹沢方面
2016年04月15日 11:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢方面
1
地形図見るとどうやらこれが大石沢のようだ
2016年04月15日 11:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図見るとどうやらこれが大石沢のようだ
堰堤まで左岸に道がある
堰堤工事用かな
2016年04月15日 11:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤まで左岸に道がある
堰堤工事用かな
堰堤3つはすべて右から越えました
2016年04月15日 11:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤3つはすべて右から越えました
1
ナメが2ヶ所あり
ちょっとヌメる
2016年04月15日 11:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメが2ヶ所あり
ちょっとヌメる
2
585m二俣
左俣には3段6×10m滝
水量比はほぼ1:1
2016年04月15日 12:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
585m二俣
左俣には3段6×10m滝
水量比はほぼ1:1
2
右俣に入る
2016年04月15日 12:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣に入る
すぐに2段6m滝
ちょっと立っているうえヌメリがあるので巻きを探ります
2016年04月15日 12:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに2段6m滝
ちょっと立っているうえヌメリがあるので巻きを探ります
1
手前左岸のゴーロ群の上側を戻るように巻き開始
2016年04月15日 12:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前左岸のゴーロ群の上側を戻るように巻き開始
1
左岸側尾根は平地で気分がよいところ
2016年04月15日 12:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸側尾根は平地で気分がよいところ
そのまま真っ直ぐ進み
2016年04月15日 12:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま真っ直ぐ進み
610m二俣の右沢に向かい下ります
2016年04月15日 12:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
610m二俣の右沢に向かい下ります
もうほとんど水涸れです
2016年04月15日 12:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうほとんど水涸れです
2
少し戻って610二俣に架かる2m×2砂岩コケ状滝を見る
2016年04月15日 12:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻って610二俣に架かる2m×2砂岩コケ状滝を見る
ちょっと上流に進むと3m岩×2のCS状
左脇から越します
2016年04月15日 12:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと上流に進むと3m岩×2のCS状
左脇から越します
1
巨岩が点在している
名前通りかな
2016年04月15日 12:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩が点在している
名前通りかな
1
700m付近に出てきた6m四方の平岩
地形図上だとこの辺から急になるし、上部も巨岩ゴーロだし、小アブに刺されてかゆいので「もういいや」
2016年04月15日 13:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
700m付近に出てきた6m四方の平岩
地形図上だとこの辺から急になるし、上部も巨岩ゴーロだし、小アブに刺されてかゆいので「もういいや」
2
左岸尾根に向け北東向きの作業径路があったので使わせてもらいました
2016年04月15日 13:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸尾根に向け北東向きの作業径路があったので使わせてもらいました
1
左岸尾根(小西沢との界尾根)を下降開始
2016年04月15日 13:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸尾根(小西沢との界尾根)を下降開始
小西沢左俣のザレ場
小西沢左俣は以前遡行しましたが短い割に侮れない沢でした
2016年04月15日 13:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小西沢左俣のザレ場
小西沢左俣は以前遡行しましたが短い割に侮れない沢でした
開放的な708ピーク
2016年04月15日 13:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開放的な708ピーク
1
708ピークには植生保護柵あり
2016年04月15日 13:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
708ピークには植生保護柵あり
1
振返れば箒沢権現山
あのまま沢を詰めても結構大変だったな
2016年04月15日 13:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振返れば箒沢権現山
あのまま沢を詰めても結構大変だったな
1
南南東に向かう尾根を柵沿いに下降します
2016年04月15日 13:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南南東に向かう尾根を柵沿いに下降します
1
末端近くに来ると太った植林帯尾根に
2016年04月15日 14:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
末端近くに来ると太った植林帯尾根に
ヌタノ沢出合に下りたかったので柵沿いに急下降
2016年04月15日 14:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌタノ沢出合に下りたかったので柵沿いに急下降
ヌタノ沢出合
監視カメラあった。不法投棄監視用?
2016年04月15日 14:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌタノ沢出合
監視カメラあった。不法投棄監視用?
2
短い時間の冒険だった
2016年04月15日 14:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短い時間の冒険だった
2
撮影機材:

感想/記録
by kamog

大石沢・・・特筆すべきことはないけれども
名前に相応しく割と大き目な巨岩ゴーロが連なる沢でした。
今日は風が気持ちよかったな。
ミツマタはもう完全に終わったけれど
新緑が春の陽を浴びて一気に萌え出している。
訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ