ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 849825 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鷹ノ巣山 水根沢林道−鷹ノ巣山−六ツ石山−水根

日程 2016年04月20日(水) [日帰り]
メンバー kanao_y
天候晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
バス 奥多摩駅 8:42発 水根下車
バス 奥多摩湖 15:20 奥多摩駅行き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
38分
合計
5時間48分
S水根駐車場09:0010:00ワサビ田10:1311:27榧の木尾根-水根分岐11:44石尾根-榧ノ木尾根分岐12:04鷹ノ巣山12:2412:37水根山(金佐ノ頭)12:53城山(奥多摩町)12:5412:59カラ沢ノ頭13:0113:10将門馬場(馬責場)13:28六ッ石山分岐13:32六ツ石山13:48トオノクボ13:4914:46水根バス停14:4714:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に整備された登山道です。
水根沢林道 谷側は深く切れ落ちています。細い道が続きます。
六ツ石山から水根への下山 トオノクボからは急な坂道が続きます。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

水根バス停で下車。
2016年04月20日 09:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根バス停で下車。
1
トンネルの手前の道に入ります。
2016年04月20日 09:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルの手前の道に入ります。
鷹ノ巣山方面の道標に従って歩いてくると立派な山桜が咲いていました。
2016年04月20日 09:09撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山方面の道標に従って歩いてくると立派な山桜が咲いていました。
1
道標に従い右に進みます。
2016年04月20日 09:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標に従い右に進みます。
ここから登山道に入ります。
2016年04月20日 09:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道に入ります。
左に進みます。
2016年04月20日 09:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に進みます。
沢の水音を聞きながらずっとこんな道を進みます。ここは道幅が広い方です。
2016年04月20日 09:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の水音を聞きながらずっとこんな道を進みます。ここは道幅が広い方です。
1
だいぶ登ってきました。登山道はあまり判然としません。
2016年04月20日 09:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきました。登山道はあまり判然としません。
一旦沢に下りました。左に進み高度を上げていきます。
2016年04月20日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦沢に下りました。左に進み高度を上げていきます。
1
滝が見えます。
2016年04月20日 09:53撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が見えます。
ワサビ田と記録されている箇所での撮影です。
2016年04月20日 10:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ田と記録されている箇所での撮影です。
1
木の橋を渡りました。木橋は何カ所か渡りました。
2016年04月20日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の橋を渡りました。木橋は何カ所か渡りました。
道標。無ければそのまま下ってしまいそうです。
2016年04月20日 10:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標。無ければそのまま下ってしまいそうです。
1
ちなみに、左から来て右上に進みました。
2016年04月20日 10:47撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに、左から来て右上に進みました。
分岐道標
2016年04月20日 11:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐道標
数分で榧ノ木尾根−水根分岐
2016年04月20日 11:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数分で榧ノ木尾根−水根分岐
石尾根ー榧ノ木尾根分岐。左に進み石尾根巻き道に入ります。
2016年04月20日 11:44撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根ー榧ノ木尾根分岐。左に進み石尾根巻き道に入ります。
巻き道から石尾根に登る所。上の道標が石尾根です。
2016年04月20日 11:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道から石尾根に登る所。上の道標が石尾根です。
鷹ノ巣山が漸く見えるようになりました。
2016年04月20日 11:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山が漸く見えるようになりました。
1
鷹ノ巣山山頂(1736.6m)。バス停から3時間ちょっとで到着。ここで昼食。今回はおにぎり3個。
2016年04月20日 12:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山山頂(1736.6m)。バス停から3時間ちょっとで到着。ここで昼食。今回はおにぎり3個。
4
歩いて来た石尾根方向。奥多摩の大岳山、御前山が見えます。
2016年04月20日 12:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて来た石尾根方向。奥多摩の大岳山、御前山が見えます。
1
雲に覆われ富士山は望めませんでした。
2016年04月20日 12:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に覆われ富士山は望めませんでした。
1
石尾根を下り始めました。巻き道への分岐。帰りは真っ直ぐ進みます。
2016年04月20日 12:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根を下り始めました。巻き道への分岐。帰りは真っ直ぐ進みます。
六ツ石山までの尾根上の山頂標を探して歩きました。まず水根山(1620m)。登山道から少し奥まっている所にありました。
2016年04月20日 12:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ石山までの尾根上の山頂標を探して歩きました。まず水根山(1620m)。登山道から少し奥まっている所にありました。
城山(1523m)。登山道はピークの下を通っています。斜面をよじ登って見つけました。
2016年04月20日 12:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山(1523m)。登山道はピークの下を通っています。斜面をよじ登って見つけました。
将門馬場(1455m)。下りではピークへの道は分かりました。
2016年04月20日 13:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将門馬場(1455m)。下りではピークへの道は分かりました。
六ツ石山分岐。水根山から約50分。
2016年04月20日 13:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ石山分岐。水根山から約50分。
六ツ石山(1478.8m)。分岐からすぐです。
2016年04月20日 13:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ石山(1478.8m)。分岐からすぐです。
3
六ツ石山から水根への下り始めはゆったりとした斜面が続きます。正面は大岳山。
2016年04月20日 13:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ石山から水根への下り始めはゆったりとした斜面が続きます。正面は大岳山。
トオノクボ道標。ここから先は尾根をひたすら下ります。
2016年04月20日 13:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トオノクボ道標。ここから先は尾根をひたすら下ります。
尾根の下り。かなり急です。
2016年04月20日 13:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の下り。かなり急です。
急な下りが一息つき下ってきた尾根を見上げます。
2016年04月20日 14:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下りが一息つき下ってきた尾根を見上げます。
相変わらず急な下りを歩いてくると目の前に奥多摩湖とダムが見えました。
2016年04月20日 14:30撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず急な下りを歩いてくると目の前に奥多摩湖とダムが見えました。
六ツ石山登山道入口です。
2016年04月20日 14:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ石山登山道入口です。
1
椿と黄色い花とダム。
2016年04月20日 14:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椿と黄色い花とダム。
後は舗装路を歩きます。ここが鷹ノ巣山と六ツ石山登山道の分岐です。登ってきて左が鷹ノ巣山方面、右に進むと六ツ石山登山道入口です。
2016年04月20日 14:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は舗装路を歩きます。ここが鷹ノ巣山と六ツ石山登山道の分岐です。登ってきて左が鷹ノ巣山方面、右に進むと六ツ石山登山道入口です。
水根バス停に到着。バスの到着まで時間があったので一つ手前の奥多摩湖に移動しました。
2016年04月20日 14:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根バス停に到着。バスの到着まで時間があったので一つ手前の奥多摩湖に移動しました。
2
撮影機材:

感想/記録

日帰りで鷹ノ巣山に行ってきました。

歩いたコースは、登りは水根バス停から水根沢林道を経て鷹ノ巣山、下りは石尾根を六ツ石山分岐まで歩き、六ツ石山を経由して水根まで下りました。

計画では登りは六ツ石山経由、下りは稲村岩尾根で東日原に下りるつもりでした。ですが水根から歩き始めて六ツ石山登山道へ入る道に気付かず鷹ノ巣山に直登してしまいました。どこで間違えたのか確かめるため、下りは六ツ石山経由に変更しました。

間違えたのはNo.36の写真の箇所です。
多分道路の左側を歩いていて六ツ石山への案内表示が目に入らなかったのだと思います。その後の道標が鷹ノ巣山となっていたにもかかわらず気にせず進んでしまいました。

水根からのコースを比較すると、水根沢林道コースは沢沿いの崖道を長く歩いた後植林帯の厳しい登りになります。
一方六ツ石山コースは植林帯の急な尾根をひたすら登った後ゆったりとした山道になります。
どちらかと言うと水根沢林道コースの方が歩いて楽しいのではないかと思います。

道間違いをして計画とは異なるルートを歩いてしまい残念でしたが、日帰りでサクッと歩くには良いコースだと思います。
訪問者数:669人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 巻き道 直登 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ