ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 852029 全員に公開 ハイキング東海

室兼高屋 テープ回収してください

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー sibasan, その他メンバー1人
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間57分
休憩
3分
合計
3時間0分
S登山口08:1310:07室兼高屋10:0810:12御嶽山展望地10:1310:17室兼高屋10:1811:13登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ずいぶん踏み跡が明瞭になり難易度下がりました。
テープだらけで気分が悪くなりました。

写真

いつもの看板から入山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの看板から入山しました。
1
ギンリュウソウ発見。一ヵ所でしか見つけられませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリュウソウ発見。一ヵ所でしか見つけられませんでした。
1
白いシャクナゲ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いシャクナゲ♪
1
ピンクのシャクナゲのほうが多かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクのシャクナゲのほうが多かったです。
1
ほとんど終わってたヒカゲツツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど終わってたヒカゲツツジ。
1
イワカガミは白ばかりでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミは白ばかりでした。
1
いつもの場所から室兼高屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの場所から室兼高屋。
1
こちらのヒカゲツツジのほうが元気だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらのヒカゲツツジのほうが元気だった。
1
室兼高屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室兼高屋に到着。
1
室兼高屋から更に進んで御嶽山展望台。御嶽山は見えませんでした(>_<)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室兼高屋から更に進んで御嶽山展望台。御嶽山は見えませんでした(>_<)
アカヤシオは終わりそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオは終わりそうです。
七宗方面でよくみるピンクのテープ。数は少ないけど的確な位置にあるので頼りになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七宗方面でよくみるピンクのテープ。数は少ないけど的確な位置にあるので頼りになります。
今回目についた白テープ。10〜20mおきにあるのでウザい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回目についた白テープ。10〜20mおきにあるのでウザい。
このテープもウザい。必要ない場所に被せて巻いてありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このテープもウザい。必要ない場所に被せて巻いてありました。

感想/記録

昨年10月に初めて登った室兼高屋。最初はルートが落ち葉と小枝に埋もれてしまい極めて歩きにくいルートでした。小枝をできるだけ左右にどかし、ルートを失いやすい箇所の落ち葉を掻き分けて分かりやすいルートにしました。途中、2回間違えたのでテープを6箇所に巻いて下山。しかし4箇所しか回収できず、翌週もう一度テープ回収に行きました。ついでに主尾根トラバースルートに入り、記録にないルート(640mピークと650mピークの鞍部に出るガレ場歩きのルート)を楽しみました。11月になって面識のあるかたが体育館からの新ルートをレコアップ。私は12月になってからヤマレコにアップするため歩きやすく危険度の低い主尾根ルートを通りイバラダワまでのルートをアップしました。その後は歩かれる方も増え、ログがアップされるのを楽しく拝見しておりました。

しかし一番いいとされるアカヤシオのログがアップされないので4ヶ月半ぶりに入山してみました。踏み跡は12月よりも更に明瞭になり、もう道迷いの心配はほとんどないように感じました。しかし、逆に新たに巻かれたテープの多さにびっくりしました。特に白のタフロープの傍若無人ぶりは目に余るものがありました。踏み跡は明瞭なのに、ジグの折り返しごとに巻いてあったり、10mおきに巻いてあったりでした。以前からテープが巻いてあった場所に隣接して巻いてある場所もありました。私が初めて登った時の踏み跡の状態なら理解できますが、その後ずいぶん人が入って踏み跡クッキリの状態なのになぜテープを新たに巻く必要があるのでしょうか?室兼高屋はガイドブックなどには掲載されず、マニアックな方のブログ等で紹介されている中上級者向けの山。そこへヤマレコを見た初心者が突撃したのかな?百名山やガイドブック登山といったいわば観光登山しか経験ないかたが意気がって突撃したものの、指標の全くないルートにビビってしまいテープ巻きまくったような想像をかきたてられてしまいました。七宗の山を歩かれてるかたならお分かりいただけると思いますが、ピンクのタフロープはポイントポイントに非常に上手く巻かれており、ちっとも目障りではありません。今回写真をアップした白テープ2名さん、是非とも回収に来てください。回収時に他のテープの巻き位置をよく見て学んでください。あんなにマーキングが必要とは思えないです。私は地主でも関係者でもありませんのでお願いするしかできません。七宗の山を愛する者としてのお願いです。今年の晩秋にまた登ると思いますがまだあるようでしたら全て外します。
訪問者数:239人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/24
投稿数: 58
2016/4/24 22:33
 お疲れ様でした
せっかくの山が残念ですね。何のためのテープなのか。ピストンするなら回収すればいいのに。テープを追いかける登山はつまらないと思うんですけどね。特にこういう山は、地形図とコンパスを持って目の前の地形と対話しないと意味がないと思うんですけど。
登録日: 2013/7/25
投稿数: 23
2016/4/25 5:41
 Re: お疲れ様でした
テープを追って迷うことも七宗の山では多いからテープを追う山歩きは道迷いのもとになりますよね。
同じテープを他の山でも見かけたら即行ではずします。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ