ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854309 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

伊豆の国市・大男山(207m)

日程 2016年04月22日(金) [日帰り]
メンバー kumo864
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
珍野集落手前の藤ケ入墓所から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

伊豆の国市・大男山(207m)
【日付】2016年4月22日(金)晴れ
【タイム】藤ケ入墓所12:05・・大男山12:30〜35・・藤ケ入墓所=守山へ
コース状況/
危険箇所等
荒れているが道あり
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

GPSログ(車道はマイカーで走ったログです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GPSログ(車道はマイカーで走ったログです)
林道入口(珍野の手前を左に入る)
2016年04月22日 13:02撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道入口(珍野の手前を左に入る)
お墓の空き地に駐車させてもらいます
正面が大男山、伊豆中央道を潜ります
2016年04月22日 12:06撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お墓の空き地に駐車させてもらいます
正面が大男山、伊豆中央道を潜ります
草がうるさいが道ははっきりしてます
2016年04月22日 12:03撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草がうるさいが道ははっきりしてます
右手に石の切り出したところ 不気味です
2016年04月22日 12:03撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に石の切り出したところ 不気味です
倒れた竹やぶがひどい
2016年04月22日 12:12撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒れた竹やぶがひどい
上部にくると道もはっきり
2016年04月22日 12:22撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部にくると道もはっきり
大男山の山頂部
なんと三角点がありました
2016年04月22日 12:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大男山の山頂部
なんと三角点がありました
地形図では三角点はありませんコンクリート製の「三角点」があった
2016年04月22日 12:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図では三角点はありませんコンクリート製の「三角点」があった
うれしいことに山名板もありました
2016年04月22日 12:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うれしいことに山名板もありました
珍野方面から見た大男山の全景
2016年04月22日 13:03撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍野方面から見た大男山の全景

感想/記録

【感想】
 大嵐山を登ったあとは4番目は大男山です。県道129号から134号になり珍野の集落手前の林道を左折します。ここは何の標識もなく判りづらいところです。

 林道を走ると藤ケ入墓所に着くので奥の駐車スペースに駐車します。墓参りの女性の方に大男山のことを訊ねたが「判りません」でした。林道はここで終点で倒れた竹と伊豆中央道をくぐり踏み跡を歩く。

 歩き出してすぐ右に2ヶ所で石の切り出した大きな洞窟がありました。気持ち悪いので眺めて通り過ぎる。

 竹藪で倒れた竹など密集地に入りここでいいのだろうかと不安になる。竹の子があちこちで出ています竹藪地帯を抜けると道もはっきりしてきてきます。尾根部を大きく左折すると山頂部に向います。

 山頂は高さ3〜4mの突起したところにありコンクリート製の「三角点」がありました。何等だろうかと調べたが不明。地形図には三角点の表記はないのになんだろうかと調べたくなります。

 山頂には面白い名前の山らしく私製の山名板が2つもありました。来た道を下山して車に戻りました。展望のない山でしたね。なんで大男山という名がついたかはわかりません。次はすぐ近くの歴史ある守山です。
訪問者数:83人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 GPS クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ