ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 854335 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雁掛沢右岸尾根〜真名井北稜〜曲り尾根

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー NOAH
天候曇り一時霧雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大丹波川沿いの林道途中の路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
0分
合計
5時間0分
Sスタート地点09:3014:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雁掛沢右岸尾根は中腹の鉄塔より下は踏み跡はほとんど無く、急な尾根を登る。危険な所は無い。曲り尾根は踏み跡あるが、何箇所か急で滑り易い箇所あり。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

雁掛ノ峰付近のアカヤシオは満開
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁掛ノ峰付近のアカヤシオは満開
1
曲り尾根を少し下るとイワウチワの群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲り尾根を少し下るとイワウチワの群落
2
大丹波川沿いのシコクスミレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丹波川沿いのシコクスミレ
1

感想/記録
by NOAH

林道から登山道を少し下った所の踏み跡を左に入って大丹波川に架かる木橋を渡った所が雁掛沢出合。沢を渡って右岸の尾根に取り付く。フモトスミレが咲く急な斜面を登る。尾根が狭まる所は薄い踏み跡があるが、全体的に踏み跡は不明。送電鉄塔から先は巡視路なので急な箇所には階段が設置されている。真名井北稜からの巻き道が出合う辺りから1002mピークまではアカヤシオが多くなるが、この辺りは既に散っている木が多い。真名井北稜を進んで、1168mの雁掛ノ峰付近のアカヤシオは満開。これから下る曲り尾根上部にかけてアカヤシオのピンク色に染まっている。少し下ると足元にはイワウチワの群落がある。途中から降り出した霧雨も送電鉄塔の所で上がったので昼食。所々に咲くアカヤシオやミツバツツジを眺めながら、滑り易い急坂をゆっくり下って、曲り尾根の最後は切れ落ちているので左の山腹に入って登山道の木橋のたもとに下り着く。大丹波川沿いの登山道はニリンソウのお花畑。ネコノメソウ、ミヤマハコベ、シコクスミレ、キケマンなども混じって華やかだった。
訪問者数:98人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ