ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 861577 全員に公開 ハイキング近畿

眺望よし、小富士山。でも迷走してしまいました。

日程 2016年05月04日(水) [日帰り]
メンバー KENPEI
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
稲倉池に原付駐輪
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間7分
休憩
6分
合計
2時間13分
S稲倉池13:4314:39水呑地蔵15:02(休憩)15:0415:18小富士山15:2215:56稲倉池G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※稲倉池〜水呑地蔵で迷走してしまいました。素直に車道を歩けばよかった。
コース状況/
危険箇所等
初めての方は素直に水呑地蔵から登った方がいいです。稲倉池より登ろうとして迷走してしまいました。

水呑地蔵から登った場合、階段が終わってから滑りやすい急坂があります。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ストック(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) 地図(1) デジカメ(1) GPSロガー(1) ペットボトル(1L)(2) 単三充電池(1) 非常食(カロリーメイト)(2) 折りたたみ傘(1) 単四乾電池(3) ザック(1) サングラス(1) ファーストエイドキット(1) ホイッスル(1) スパッツ(1) SDカード(予備)(2) タオル(1) 手袋(2) 帽子(1) レスキューシート(1) ミニ三脚(1) 健康保険証(1) 雨具(1) レジャーマット(1) 虫除けスプレー(1)

写真

稲倉池と付近の山
2016年05月04日 13:46撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲倉池と付近の山
ここから小富士山へ登ろうとしましたが、迷走してしまいました。
2016年05月04日 14:02撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから小富士山へ登ろうとしましたが、迷走してしまいました。
1
まずは梯子。これは問題なし。
2016年05月04日 14:02撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは梯子。これは問題なし。
あれ?、登り方向のルートがわからない。今は下がってるけど、登り返すのか?方向もおかしいけど(実は迷走中)。
2016年05月04日 14:10撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?、登り方向のルートがわからない。今は下がってるけど、登り返すのか?方向もおかしいけど(実は迷走中)。
なんじゃこりゃ?
ロープで降りて、車道に出ただけでした(実は迷走中)。
2016年05月04日 14:13撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんじゃこりゃ?
ロープで降りて、車道に出ただけでした(実は迷走中)。
ここを登るのか?(実は迷走中)
2016年05月04日 14:14撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登るのか?(実は迷走中)
あきまへん。ブッシュだ(実は迷走中)
2016年05月04日 14:19撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あきまへん。ブッシュだ(実は迷走中)
素直に車道に出て、水呑地蔵へ。
2016年05月04日 14:39撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素直に車道に出て、水呑地蔵へ。
階段を登ります。
2016年05月04日 14:40撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登ります。
階段には石仏
2016年05月04日 14:47撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段には石仏
階段が終わると、山道へ。
2016年05月04日 14:52撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が終わると、山道へ。
テープを追いますが、道というよりただの急斜面。
2016年05月04日 14:53撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープを追いますが、道というよりただの急斜面。
岩場になってきました。
2016年05月04日 15:00撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場になってきました。
山頂かと思ったら、違ってました。でも景色いいので休憩。
2016年05月04日 15:02撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂かと思ったら、違ってました。でも景色いいので休憩。
山頂まで、もうちょっと登ります。
2016年05月04日 15:14撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで、もうちょっと登ります。
小富士山 登頂。
2016年05月04日 15:18撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小富士山 登頂。
1
小富士山 山頂
2016年05月04日 15:18撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小富士山 山頂
山頂よりの眺望
2016年05月04日 15:18撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂よりの眺望
1
ザレた道を下ります。
2016年05月04日 15:23撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた道を下ります。
稲倉池が近づいてきました。
2016年05月04日 15:37撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲倉池が近づいてきました。
1
モチツツジ
2016年05月04日 15:37撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モチツツジ
1
こんなところからのフェンスの隙間から下りてきました。右の標識に赤テープが貼ってあり、そこに「→小富士山」とありました。こんなところに出るとは思ってませんでした。
2016年05月04日 15:51撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところからのフェンスの隙間から下りてきました。右の標識に赤テープが貼ってあり、そこに「→小富士山」とありました。こんなところに出るとは思ってませんでした。
1

感想/記録
by KENPEI

小富士山の眺望がいいらしいので行ってみました。

稲倉池の近くに小富士山への道標を見つけていたので、そこから登りました。しかし、登り方向のルートが見つからず迷走してしまいました。

そこで素直に水呑地蔵から登りました。前半は、石仏の参道になっている階段でした。それなら楽勝と思っていたのですが、階段が終わってからが滑りやすい急斜面でなかなか登りごたえありました。

その急斜面を登り切ったところや山頂はとても眺望が良かったです。
すぐ登れる低山ですが、一度、登ってみる価値はあると思います。
訪問者数:205人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

赤テープ 三角点 ザレ 地蔵 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ