ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 865167 全員に公開 ハイキング霧島・開聞岳

開聞中前バス停-開聞岳-開聞中前バス停

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー kent160
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、
【往】屋久島安房港07:00(高速船トッピー)-09:45鹿児島港(バス)-鹿児島中央駅10:47(JR枕崎線)-12:16山川駅12:37(バス)-13:11開聞中前バス停
【復】開聞中前バス停17:43-18:17山川駅前バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間46分
休憩
20分
合計
4時間6分
Sスタート地点13:1513:22一合目13:35二合目13:462.5合目13:5114:19五合目14:50七合目14:5815:41開聞岳15:4816:582.5合目17:05二合目17:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
2合目登山口のあるふれあい公園には自販機があり、飲料の調達ができます。
登山口まで徒歩のアクセスは、開聞中前バス停が最寄。
山頂近くは岩場、梯子あり。まったくのハイキング気分と装備では危険。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

開聞中前バス停。ここから出発。
2016年05月02日 13:15撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開聞中前バス停。ここから出発。
1
1合目の標識
2016年05月02日 13:22撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1合目の標識
1
2合目。ここから登山道。
2016年05月02日 13:35撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2合目。ここから登山道。
1
2.5合目。
2016年05月02日 13:51撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2.5合目。
5合目の先より長崎鼻方向
2016年05月02日 14:22撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目の先より長崎鼻方向
2
5合目の先より池田湖方向
2016年05月02日 14:23撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目の先より池田湖方向
1
9合目あたりから枕崎方向
2016年05月02日 15:28撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目あたりから枕崎方向
1
開聞岳山頂
2016年05月02日 15:41撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開聞岳山頂
2
山頂より池田湖
2016年05月02日 15:48撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より池田湖
1
開聞中前バス停まで戻る。登ってきた開聞岳を望む。
2016年05月02日 17:23撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開聞中前バス停まで戻る。登ってきた開聞岳を望む。
1

感想/記録

翌日は天気が崩れそうなので、午後からの登山になるが、開聞岳を目指す。朝一番の高速船で鹿児島に着くが、乗継が悪く、登山口に着いたのが13:15。船を降りてから鹿児島中央駅まで路線バスでなく、タクシーを使っていれば、あと1時間くらい早く登山口に着いていたことができたことがわかったのは、後の祭り。
登山道の下の方は暗くなるのが早く、道迷いしやすいので午前中に登るよう地図に書かれていたので、ちょっと不安。それでも、登り始めると、道迷いしそうな感じはなく、すこし安心して登り続ける。
山頂近くは、岩場やはしごが出てきて、山登りっぽくなり、楽しみながら山頂に到着。9合目あたりで追い越していった青年が、山頂に居て、写真を撮ってもらった。
彼は、時間がないので、と言って山頂の景色を惜しみながらも、すぐに降りて行った。もともと、翌日の朝に登るつもりだったので、帰りの時間をしっかり把握していなかった。たしか、暗くなるくらいまで遅い時間までバスがあった気がしていた。不安になって印刷してきた時刻表を調べると、終バスまで、全然余裕がない。
登りは汗を掻き々々であったが、夕方も近くなり、涼しくなってきたのと、下りなので、サクサクと駆けるように下っていった。前の2日間で20時間分くらいのコースタイムを歩いたが、この日の半日、休んだことで、足は大分回復しているようで助かった。
結局、4時間くらいで降りてきたので、終バスの20分ほど前に到着できた。
バス停では近所のおじいさんとゆったりお話して、のんびりと山川の宿まで戻ってくることができた。
またしても快晴で、山頂や途中からの景色を楽しんだ、いい山行となった。
この調子だと、明日、最終日に霧島の韓国岳もチャレンジできそうだ。
訪問者数:101人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

道迷い 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ