ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 865825 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰山その1 八経ヶ岳

日程 2016年05月07日(土) [日帰り]
メンバー guroguro
天候曇り&小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口までは、東側のR169から来る方がいいと思います。
西側のR309はなかなかの酷道でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
15分
合計
6時間13分
S行者還トンネル西口08:1809:20奥駈道出合09:45弁天の森10:10聖宝ノ宿跡11:10弥山小屋11:06弥山11:11弥山小屋11:39大峰山11:4712:09弥山小屋12:1612:50聖宝ノ宿跡13:34奥駈道出合14:27行者還トンネル西口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

行者還トンネル西口よりスタート。小雨交じりの天気です。晴れなくても、せめて雨はやんで欲しい。
2016年05月07日 08:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者還トンネル西口よりスタート。小雨交じりの天気です。晴れなくても、せめて雨はやんで欲しい。
すぐ近くにある登山口です。
2016年05月07日 08:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ近くにある登山口です。
はじめはこのような歩きやすい道です。
2016年05月07日 08:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめはこのような歩きやすい道です。
1
早速川を渡る橋。橋を使わずに川を渡れる位の水量でした。
2016年05月07日 08:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速川を渡る橋。橋を使わずに川を渡れる位の水量でした。
黙々と登ります。小雨の中湿度が高く暑いです。
2016年05月07日 08:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々と登ります。小雨の中湿度が高く暑いです。
奥駈道の稜線に出ました。ガスの中、全然展望無し。
2016年05月07日 09:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駈道の稜線に出ました。ガスの中、全然展望無し。
1
ここは、ガスってるからこそ映える森の景色かもしれませんね。
2016年05月07日 09:40撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、ガスってるからこそ映える森の景色かもしれませんね。
1
いい感じです。
2016年05月07日 09:41撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じです。
いい感じの森だけあって、弁天の森って場所なんですね。
2016年05月07日 09:45撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの森だけあって、弁天の森って場所なんですね。
相変わらずいい感じ。
2016年05月07日 09:47撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずいい感じ。
何度も撮っちゃう。
2016年05月07日 09:48撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も撮っちゃう。
聖宝ノ宿跡。
2016年05月07日 10:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖宝ノ宿跡。
1
その先もいい感じ。
2016年05月07日 10:27撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先もいい感じ。
梯子が。小屋は近いかな。
2016年05月07日 10:56撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子が。小屋は近いかな。
弥山小屋到着。
2016年05月07日 10:59撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋到着。
小屋の周りは苔がびっしり。ここまで苔が広がる光景は初。
2016年05月07日 11:00撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の周りは苔がびっしり。ここまで苔が広がる光景は初。
まずは弥山に向かいます。小屋のすぐ裏のようです。
2016年05月07日 11:03撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは弥山に向かいます。小屋のすぐ裏のようです。
ちょっぴり登って弥山。
2016年05月07日 11:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっぴり登って弥山。
1
裏に続く道があったので何かあるかなと?思いましたが、特に何もありませんでした。
2016年05月07日 11:08撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏に続く道があったので何かあるかなと?思いましたが、特に何もありませんでした。
1
それでは八経ヶ岳に向かいます。
2016年05月07日 11:13撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは八経ヶ岳に向かいます。
1
苔がびっしり。さすが紀伊半島。
2016年05月07日 11:20撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔がびっしり。さすが紀伊半島。
1
八経ヶ岳到着!
2016年05月07日 11:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳到着!
2
景色無し、、、、
2016年05月07日 11:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色無し、、、、
せめて記念撮影。
2016年05月07日 11:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せめて記念撮影。
2
あとはひたすら戻るのみ。下山時は泥道の場所もあるので転ばないよう注意して進みます。
2016年05月07日 12:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはひたすら戻るのみ。下山時は泥道の場所もあるので転ばないよう注意して進みます。
なんかの芽?
2016年05月07日 12:53撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかの芽?
相変わらずいい感じの光景です。
2016年05月07日 12:56撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずいい感じの光景です。
午後が過ぎ、辺りの景色が見えるようになってきた。
2016年05月07日 14:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後が過ぎ、辺りの景色が見えるようになってきた。
1
名前は知りませんが、花も咲いてた。
2016年05月07日 14:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前は知りませんが、花も咲いてた。
5
登山終了。思ってたより良いコースでした。
2016年05月07日 14:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山終了。思ってたより良いコースでした。

感想/記録

GWの西日本遠征5日目、大峰山の八経ヶ岳。
始めは双門コースで登ろうと思ってましたが、
前日と当日昼まで雨予報という事もあり、
行者還トンネル西口から登る事にしました。
(R309に懲りたのもありますが)

午後から晴れ間という中で、頂上では晴れてくれるといいなと
思ってましたが、結果として山行中晴れ間はありませんでした。
ただ、山の中は雨の多い紀伊半島ならでは?の感じで、
晴れ間ではなく、ガスった中でこそ映える光景なのかもしれませんね。

登る前は、いつか双門コースでと思ってましたが、
いざ、登り終えると、今回のコースで十分満喫出来ちゃいました(笑)
訪問者数:362人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ