ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873142 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

三ツドッケ・蕎麦粒山(東日原BSから浦山大日堂BSへ)

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー sun_berg
天候晴れ
最高気温:24.1℃ 最低気温:11.9℃(アメダス秩父)

スカッとは晴れないものの、気温は平年並みで過ごしやすかったです。
アクセス
利用交通機関
電車バス
(往路)池袋630-639新宿646-821奥多摩835-859東日原BS
(復路)浦山大日堂BS1400-1424西武秩父1438-1531飯能1540-1626(遅延1638)池袋

・往路のホリデー快速は新宿で満席でした。
・奥多摩駅〜東日原のバスは大混雑で、2台増便が出ましたが、それでもなおバス2台分程度の積み残しが発生していました。
・復路の西武秩父線も、横瀬で満席でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間2分
休憩
42分
合計
4時間44分
S東日原バス停09:0510:29一杯水避難小屋10:3010:45天目山(三ツドッケ)10:5211:08一杯水避難小屋11:1011:52蕎麦粒山12:1812:28仙元峠12:3212:51大楢12:5313:49浦山大日堂BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◯仙元尾根
一般ルート(赤線)ですが、少し用心して歩く必要があります。
落ち葉の多い晩秋は避けた方がいいかもしれません。

大楢の分岐で尾根からいったん外れるのですが、
道標が見えづらくよく注意する必要がありそうです。

テープや道標は一応あるのですが、
登山道でないところにもテープがしばしばあります。
その他周辺情報下山後は渓流荘で風呂に入ることができます(\200!)。
バスの時間を見ながら、使うといいのではと思います。

来年春には西武秩父駅にも温泉ができるそうです。
嬉しいニュースですが、おそらく大混雑なんでしょうね。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

電柱に書かれた案内に導かれます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 電柱に書かれた案内に導かれます。
凝った道標です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 凝った道標です。
1
最初は地味な道をつづら折れ。ここが一番きついです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 最初は地味な道をつづら折れ。ここが一番きついです。
新緑と杉林のペア。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 新緑と杉林のペア。
トウゴクミツバツツジでしょうか。よく咲いてます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す トウゴクミツバツツジでしょうか。よく咲いてます。
2
アップしてみました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す アップしてみました。
花が落ちた道を歩くのも、悪くないです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 花が落ちた道を歩くのも、悪くないです。
1
それにしても、 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す それにしても、
上部は気持ちいいトレイルです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 上部は気持ちいいトレイルです。
楽しく歩いてるうちに、三ツドッケ到着です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 楽しく歩いてるうちに、三ツドッケ到着です。
2
好展望の山頂ですが、その理由は… 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 好展望の山頂ですが、その理由は…
無断で伐採した人が、かつていたかららしい。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 無断で伐採した人が、かつていたかららしい。
1
一杯水はちょろちょろ。量的には期待できません。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 一杯水はちょろちょろ。量的には期待できません。
1
楽に歩いてるうちに、蕎麦粒山に到着です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 楽に歩いてるうちに、蕎麦粒山に到着です。
1
東側が開けていて、ちょっと気持ちいいです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 東側が開けていて、ちょっと気持ちいいです。
1
本日の昼飯。とんこつラーメン、おいしかったです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 本日の昼飯。とんこつラーメン、おいしかったです。
1
山頂付近に咲くシロヤシオ。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 山頂付近に咲くシロヤシオ。
2
アップしてみます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す アップしてみます。
4
仙元峠から、秩父側に下ります。ここからはやや緊張。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 仙元峠から、秩父側に下ります。ここからはやや緊張。
1
いきなり倒木の嵐です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す いきなり倒木の嵐です。
1
人為的な印がいっぱいありますが、全てを信用していいわけではありません。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 人為的な印がいっぱいありますが、全てを信用していいわけではありません。
大楢のチェックポイントは、ロープが張ってありました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 大楢のチェックポイントは、ロープが張ってありました。
道標もあるのですが、下ってきた人にとっては、完全に死角です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 道標もあるのですが、下ってきた人にとっては、完全に死角です。
1
しばらく地味な道が続きます。そして相変わらずの倒木。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す しばらく地味な道が続きます。そして相変わらずの倒木。
57号鉄塔。ここから、60号鉄塔までカウントアップしていきます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 57号鉄塔。ここから、60号鉄塔までカウントアップしていきます。
これが道標として使えます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す これが道標として使えます。
1
緑のトンネルのような道です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 緑のトンネルのような道です。
59号鉄塔。60号は撮りそこねました…。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 59号鉄塔。60号は撮りそこねました…。
最後の階段下り、倒木に道を塞がれて迂回を余儀なくされます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 最後の階段下り、倒木に道を塞がれて迂回を余儀なくされます。
無事に下山できました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 無事に下山できました。
1
16時のバスのつもりが、14時のバスに乗れてしまいました。完全に想定外です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 16時のバスのつもりが、14時のバスに乗れてしまいました。完全に想定外です。
2
撮影機材:

感想/記録

◯ずっと前から温めていた仙元尾根を歩く計画を、やっと実行することにしました。シロヤシオが咲いているとの情報を見て、行かねばと思った次第です。

◯往路のホリデー快速は新宿で満席、奥多摩〜東日原のバスは2台増便の3台運行でも、まだ2台分積み残すくらいの大盛況でした。これほど混んでいるのは初めて見ました。びっくりぽんです。

◯その混雑とは裏腹に、三ツドッケの登山口に入ってしまえば、比較的静かな登山を楽しめました。前半はひたすら登りで辛いですが、後半はトウゴクミツバツツジやシロヤシオに彩られた尾根歩きが楽しめました。

◯三ツドッケの山頂は展望がいいのですが、雲が多めで景色はあまり楽しめませんでした。それより、この山頂がなぜ好展望なのか。かつて、展望が欲しくて違法伐採した人がいたんだとか‥。詳細は以下のレコが詳しいです。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-206396.html

◯三ツドッケから蕎麦粒山へは、ほとんどアップダウンのない道でした。トレランをやる人にとっては、楽しいコースでしょう。ただ、私は油断しすぎて、途中で何度も根っこに引っかかりました(反省)。

◯蕎麦粒山山頂はさほど展望がないですが、日向沢ノ峰への道が気持ちよさそうに見えて、あっちにも足を伸ばしたくなりました。ノリのよいトレランの方々と少々会話するなど、ほどほどに賑やかな山頂でした。

◯仙元峠からの下り(仙元尾根)は、あまりよい評判を聞かないので気を引き締めました。ただ実際歩いてみると、道はおおむね明瞭で、一定の登山経験がある人であれば、少々気をつける程度で問題なレベルでした。尾根歩き、トラバース、鉄塔巡り、クライマックスの階段激下りと、変化がはっきりした道で楽しめました。

◯順調に歩けたので、想定よりも一本早い14時のバスで帰宅しました。帰りの西武秩父線は、団体登山者がビールを持ち込んで宴会状態となり、辟易しました。寄り道でもして、遅い時間の電車に乗ればよかったなあと反省です。

●程良く歩きごたえや緊張感があり、花もしっかりと楽しめて、よい山行になりました。天気がもう少し悪いかと想定していましたが、おおむね晴れてくれたのも期待をいい意味で裏切ってくれました。この周辺はあまり歩けていないので、今後開拓していければと思ってます。
訪問者数:239人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

一本 倒木 ミツバツツジ 山行 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ