ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 877077 全員に公開 ハイキング奥武蔵

越生の虚空蔵尊を起点にふれあい里山ハイキングを楽しんだ

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー HIDEJI325
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間40分
休憩
20分
合計
2時間0分
S虚空蔵尊13:4314:12幕岩14:29桂木山14:38桂木観音14:4615:14管理小屋15:2615:43虚空蔵尊G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になし。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

虚空蔵尊に到着した。ここを起点に歩き始める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虚空蔵尊に到着した。ここを起点に歩き始める。
虚空蔵尊さくら公園の駐車場。10台くらいは優に停められそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虚空蔵尊さくら公園の駐車場。10台くらいは優に停められそうだ。
本日あるく予定の生越ふれあいの里山マップ。ひとまず幕岩を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日あるく予定の生越ふれあいの里山マップ。ひとまず幕岩を目指す。
のんびりと未舗装の西山林道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびりと未舗装の西山林道を進む。
植林帯にも新緑があって気分がいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯にも新緑があって気分がいい。
弁慶の手玉石というものがあった。手玉に取るには巨大すぎる(汗)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁慶の手玉石というものがあった。手玉に取るには巨大すぎる(汗)
ここの分岐から山道へ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの分岐から山道へ進む。
この辺りはシダ植物が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはシダ植物が多い。
1
巨大な岩盤が見えてきた。あれが幕岩のようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な岩盤が見えてきた。あれが幕岩のようだ。
1
フタリシズカが咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フタリシズカが咲いていた。
この階段を上ると。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段を上ると。
幕岩の展望台に到着した。誰もいないと思ったが、無線をやられていた方とカップルのハイカーさんがおられた。晴れている割に展望はいまいちだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕岩の展望台に到着した。誰もいないと思ったが、無線をやられていた方とカップルのハイカーさんがおられた。晴れている割に展望はいまいちだった。
歩いていると汗ばむが、じっとしていると風があってひんやりする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いていると汗ばむが、じっとしていると風があってひんやりする。
しばらく上ると稜線に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく上ると稜線に出た。
途中で小高いピークに差し掛かった。ここが桂木山のようだが、山名を示す標識などはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で小高いピークに差し掛かった。ここが桂木山のようだが、山名を示す標識などはない。
桂木山からは下りとなる。なだらかな斜面を下ると竹藪が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桂木山からは下りとなる。なだらかな斜面を下ると竹藪が見えてきた。
桂木観音にたどり着いたようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桂木観音にたどり着いたようだ。
ここにはお気に入りの展望台がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにはお気に入りの展望台がある。
特段、展望が素晴らしいわけではないが、ここには自販機とトイレがあり、何だか落ち着ける場所である。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特段、展望が素晴らしいわけではないが、ここには自販機とトイレがあり、何だか落ち着ける場所である。
落書きはやめましょう!(汗)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落書きはやめましょう!(汗)
ベンチに座って昼食にしようかと、展望台へ急ぐが、ベンチにはすでに先客いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチに座って昼食にしようかと、展望台へ急ぐが、ベンチにはすでに先客いた。
食事は諦めて戻る事にしよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事は諦めて戻る事にしよう。
この日は、ゆずではなく、夏みかんが無人路上販売していた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は、ゆずではなく、夏みかんが無人路上販売していた。
しばらく舗装された林道を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく舗装された林道を下る。
柚子畑へと進路を変える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柚子畑へと進路を変える。
分岐での道標の数の多さには閉口。これでは逆に分りづらいのではないか(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐での道標の数の多さには閉口。これでは逆に分りづらいのではないか(^_^;)
もうこの時間になるとハイカーと出会うことはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうこの時間になるとハイカーと出会うことはない。
のんびりと下ると、立派なログハウスが見えた。ボランティアセンターとなっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のんびりと下ると、立派なログハウスが見えた。ボランティアセンターとなっていた。
ここで食事休憩を取る。 今回は時短を狙って、戻し1分のこれにした。なかなか美味だったが、汁が辛くて飲み干すのが大変だった(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで食事休憩を取る。 今回は時短を狙って、戻し1分のこれにした。なかなか美味だったが、汁が辛くて飲み干すのが大変だった(笑)
道端の馬頭観音
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端の馬頭観音
時刻はすでに15時過ぎ。今日は暑い一日だったが、夏の午後のようなひんやりした空気が心地よい。汗もすっかり引いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時刻はすでに15時過ぎ。今日は暑い一日だったが、夏の午後のようなひんやりした空気が心地よい。汗もすっかり引いた。
林道に出るとじきに虚空蔵尊に到着した。 やはり長い石段を見上げるとげんなりする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出るとじきに虚空蔵尊に到着した。 やはり長い石段を見上げるとげんなりする。
石段のところに縁起が掲げられてあった。それによると虚空蔵菩薩は知恵と慈悲が大空のように無限にある仏であり、この社が、能満、智満、福満という三体の虚空蔵尊を祀っていることから、三満山虚空蔵尊ということだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段のところに縁起が掲げられてあった。それによると虚空蔵菩薩は知恵と慈悲が大空のように無限にある仏であり、この社が、能満、智満、福満という三体の虚空蔵尊を祀っていることから、三満山虚空蔵尊ということだ。
縁起を読むとつい興味を持ってしまう。折角だからと寄ってみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縁起を読むとつい興味を持ってしまう。折角だからと寄ってみた。
一対の牛と虎が出迎えてくれる。虎は分かりにくいが、ここは丑寅年の守り本尊なので、このような狛犬になるようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一対の牛と虎が出迎えてくれる。虎は分かりにくいが、ここは丑寅年の守り本尊なので、このような狛犬になるようだ。
1
横に沢山のダルマが奉納されていた。ダルマ市としても知られ、三月になるとダルマ市が開かれるようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横に沢山のダルマが奉納されていた。ダルマ市としても知られ、三月になるとダルマ市が開かれるようだ。
1
歩き足りない気もするが、左回りで石段を下り帰路についた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き足りない気もするが、左回りで石段を下り帰路についた。

感想/記録

日曜日の午後に予定していた用事がなくなり、4時間ほど時間が空いた。空いた時間でやることが無いわけではないが、いつも流れで山歩きに出掛けることにした。往復の移動も考えると、2時間程度で歩ける山がよい。奥武蔵登山詳細地図を引っ張り出して眺めてみるが、これといったコースが思い浮かばない。このような場合の引き出しを作っておかなければといつも思うのだが、こんな時の定番は越生になる。
越生町はハイキングの町として行政が力を入れており、そんなこともあってか、たまに歩きたくなるエリアだ。ただし時間がないので、なるべく楽なコースがよい。越生近辺を見ると、虚空蔵尊を起点に幕岩に上り、それから尾根伝いに桂木観音を巡る周回コースが短時間で歩けそうだ。 今の時季、花も何も期待出来そうもないが歩くだけでも気分が違う。サクッと歩いて帰ってこようと、早速出掛けることにした。
訪問者数:73人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 馬頭観音 道標 フタリシズカ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ