ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884646 全員に公開 ハイキング関東

朝一の高川山

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー teruyama
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
初狩駅から直接登れるハイキングコース。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間32分
休憩
8分
合計
1時間40分
S初狩駅07:0007:20登山口07:54高川山08:0008:20登山口08:2208:40初狩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
斜面によっては滑りやすい箇所に注意。

写真

スタート地点の初狩駅。暑くなりそうだが、この時間は気持ち良い気温。
2016年05月29日 07:00撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点の初狩駅。暑くなりそうだが、この時間は気持ち良い気温。
駅から20分登って登山口へ。
クマ注意って、熊鈴持ってない。大丈夫でしょう。きっと。
2016年05月29日 07:20撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅から20分登って登山口へ。
クマ注意って、熊鈴持ってない。大丈夫でしょう。きっと。
何のための柵かわからないけど、まっすぐ登っていくことはわかる。ここから、急登。男坂も続いて急登。息が切れる。
2016年05月29日 07:24撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何のための柵かわからないけど、まっすぐ登っていくことはわかる。ここから、急登。男坂も続いて急登。息が切れる。
休まずに登ったため、途中の写真は撮れず。誰もいない山頂。富士山見えて達成感up。
2016年05月29日 07:55撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休まずに登ったため、途中の写真は撮れず。誰もいない山頂。富士山見えて達成感up。
これがリニア線か。走っているところを見てみたいな。
2016年05月29日 07:56撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがリニア線か。走っているところを見てみたいな。
山頂は岩が多く、腰かけて休むには良いけど、これからの季節は暑い。
2016年05月29日 07:57撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は岩が多く、腰かけて休むには良いけど、これからの季節は暑い。
またまた富士山。そして下山。
2016年05月29日 07:57撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた富士山。そして下山。
1
登りで撮らなかった登山道。
今年初めて、蝉の鳴き声を聞いた。早いなー。
2016年05月29日 08:11撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りで撮らなかった登山道。
今年初めて、蝉の鳴き声を聞いた。早いなー。
登山口に降りて、舗装路の風景。
2016年05月29日 08:30撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に降りて、舗装路の風景。

感想/記録

大月駅に9時集合し、岩殿山ハイキングの予定。その前に登れる山を探し、電車の時間にも間に合うことを確認し、今回の高川山を選んだ。以前から登ってみたい山であったため丁度良い。しかし、コースタイム通り歩いていては間に合わない。折り返し時間を8時に設定しスタート。
車道を20分登り、登山口へ。舗装路歩きは退屈だし、足にもこたえる。
しばらく、樹林帯を歩くがやがて斜度が上がる。オレンジの柵が、ここは真っ直ぐ登るんだよ、と教えてくれるが息が切れる。やがて男坂と女坂の分岐点。登る高さは同じなんだから早く登れそうな男坂を選ぶ。が引き続き急登。普段、高尾山などゆるい山を登っていると、きつく感じる。この時間で汗が止まらないのだから日中やこれからの時期は暑さも加わり、なかなか登りごたえがあるだろう。
道の傾斜はやや緩やかになり、何とか8時前に山頂へ。54分で登り切ったが、足にキテいる。誰もいないなか快晴で、富士山もしっかり望める。最高だ。アブのようなブンブン虫も歓迎してくれる。リニア線を見下ろすことができ、いつかそちら側に下ってみたい。写真撮って水分補給して下山開始。
登った道を降りる。登りで飛ばしたため、やっぱり足の踏ん張りが弱い。何度か滑りそうになる。突然、蝉の鳴き声が聞こえ、足を止める。もうそんな時期か。やや早い気がするが、耳を澄ませて自然の音を聴くのも良い。癒される瞬間だ。
山頂から20分で登山口へ。舗装路をのんびり下り、初狩駅へ。
この後、大月駅までJRで行き、岩殿山ハイキングに合流。充実の山だった。
訪問者数:231人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 熊鈴
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ