ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 896168 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

西丹沢〜檜洞丸周回コース

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー owb1957
天候ほぼ晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大井松田ICから30分。西丹沢自然教室の前の駐車場は8時ではもういっぱいで手前の路肩が広くなったスペースに停める
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西丹沢自然教室で登山届提出
その他周辺情報丹沢湖畔に日帰り温泉あり(17時まで)

写真

西丹沢自然教室を出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室を出発
しばらくは車道を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは車道を進む
10分ぐらいで右に突然檜洞丸への登山口が表れた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ぐらいで右に突然檜洞丸への登山口が表れた
沢みたいで暗くて何となく不気味な感じだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢みたいで暗くて何となく不気味な感じだ
すぐにまともな登山道になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにまともな登山道になる。
ゴーラ沢到着。ここまでは比較的なだらか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢到着。ここまでは比較的なだらか。
沢は一応水が流れているが簡単に渡れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢は一応水が流れているが簡単に渡れる
対岸に階段がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に階段がある
ここからは先ほどまでとは違いかなり急な登りとなる。しかし危険なところはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは先ほどまでとは違いかなり急な登りとなる。しかし危険なところはない。
展望台の手前に初めてベンチが出て来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台の手前に初めてベンチが出て来た。
展望台に到着。ベンチがあるので休憩。富士山が見えた。
ふもとは雲だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台に到着。ベンチがあるので休憩。富士山が見えた。
ふもとは雲だ。
富士山アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山アップ。
木の階段。踏板が丸いので歩きづらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の階段。踏板が丸いので歩きづらい。
鉄の階段。というか梯子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄の階段。というか梯子。
鎖場も出て来た。登りでは必要ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場も出て来た。登りでは必要ない。
また富士山が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また富士山が見えた。
相模湾が薄っすら見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湾が薄っすら見えます
木道。長かった登りが終わり平坦な道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道。長かった登りが終わり平坦な道
1
木の階段が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の階段が多い
12時頃檜洞丸山頂らしき場所に到着。標識もないがたぶん山頂なのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時頃檜洞丸山頂らしき場所に到着。標識もないがたぶん山頂なのだろう。
蛭ヶ岳の方向に少し降りると青ヶ岳山荘。缶ビール350が600円。空き缶は自分で持ち帰る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳の方向に少し降りると青ヶ岳山荘。缶ビール350が600円。空き缶は自分で持ち帰る。
小屋の中でビールを飲むと有料なので外のテーブルでビールを飲む。天気がいいので少しベンチで横になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の中でビールを飲むと有料なので外のテーブルでビールを飲む。天気がいいので少しベンチで横になる。
再び檜洞丸山頂に登り、ピストンはつまらないので少し時間がかかるが犬越路へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び檜洞丸山頂に登り、ピストンはつまらないので少し時間がかかるが犬越路へ
ここからしばらくは稜線歩きでずっと富士山が眺められる。少し雲が多くなってきたがまだ見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらくは稜線歩きでずっと富士山が眺められる。少し雲が多くなってきたがまだ見える
1
下山開始。最初は階段などで易しいイメージだが結構急である。
階段も歩きにくいので転倒すると転げ落ちる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。最初は階段などで易しいイメージだが結構急である。
階段も歩きにくいので転倒すると転げ落ちる。
1
桧洞丸の彫刻?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧洞丸の彫刻?
1
稜線からの景色は抜群
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線からの景色は抜群
鉄の階段梯子。後ろ向きに降りないと怖い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄の階段梯子。後ろ向きに降りないと怖い。
下って、平坦な道があって少し登る・・の繰り返し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って、平坦な道があって少し登る・・の繰り返し
熊笹の峰を過ぎてから尾根が細く、険しくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊笹の峰を過ぎてから尾根が細く、険しくなる。
鎖場が続く。結構急で気が抜けない下りが延々と続く。ここを登るのも大変だろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場が続く。結構急で気が抜けない下りが延々と続く。ここを登るのも大変だろう。
たまに赤いツツジ?残ってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに赤いツツジ?残ってます
急な下りがようやく終わり、なだらかなになる。ほっとする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下りがようやく終わり、なだらかなになる。ほっとする。
先ほどの下りと比べると天国
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの下りと比べると天国
1
山肌がえぐられている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山肌がえぐられている
富士山もそろそろ見えなくなるだろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もそろそろ見えなくなるだろう
犬越路避難小屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬越路避難小屋に到着。
1
用木沢出合に向けて下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用木沢出合に向けて下山開始。
沢を降りて行く。結構急だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を降りて行く。結構急だ。
何回か橋で川を渡る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何回か橋で川を渡る
水はきれいだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水はきれいだ
1
用木沢出合到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用木沢出合到着
登山教室までは車道。途中バンガロー等キャンプ施設がたくさんある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山教室までは車道。途中バンガロー等キャンプ施設がたくさんある。
つつじ新道登山口に到着。これで一周。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじ新道登山口に到着。これで一周。
蛍が観れるのかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛍が観れるのかな
1

感想/記録

久しぶりに初めての山に登った。今一番日の長い季節なので夜明けぐらいにスタートして蛭ヶ岳まで行きたかったので金曜日は9時に寝て12時に起きる予定だったが起きたのは3時前。
西丹沢自然教室に着いたら8時を過ぎていた。
登山届には蛭ヶ岳と書いたがほぼ行くつもりはなかった。

ツツジ新道はゴーラ沢までなだらかな道が続くので助かる。ゴーラ沢からはしっかりとした登りが結構続くので登りごたえがある。木のハシゴか階段かわからないのがところどころにあるが踏板が丸いのでバランスが取りにくかった。

突然檜洞丸の山頂らしきところに着いたが、山頂と言っても展望はあまりよくなくて360度見渡せるようなところではなかった。でも皆さん青ケ岳山荘には降りず山頂で食事だ。

同じルートで下山するのも面白くないので犬越路避難小屋のあるルートで下山する。途中細く急な尾根道が結構大変だったが、稜線を左手に富士山を見ながら歩けるので気持ちよかった。

今度来るときは蛭ヶ岳に行きたい。

訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 避難小屋 出合 ピストン 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ