ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 檜洞丸

檜洞丸(ひのきぼらまる)

最終更新:2014-01-09 15:06 - oomuroyama
基本情報
標高 1601m
場所 北緯35度28分44秒, 東経139度06分10秒
檜洞丸の別名『青ヶ岳・彦左衛門谷ノ頭ノ丸・本藤裏・笹山・ヒノキボラ・本棚ノ頭・檜原丸・本棚ノ丸・本棚裏・本藤山(ほんどううら)』
山頂
分岐
展望ポイント 犬越路方面へ3分下ると絶景ポイントあり

檜洞丸の日の出・日の入り時刻

12/08(木) 12/09(金) 12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水)
日の出 6時33分 6時34分 6時34分 6時35分 6時36分 6時37分 6時37分
日の入り 16時39分 16時39分 16時39分 16時39分 16時40分 16時40分 16時40分

檜洞丸 (標高1601m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
2.7
平均気温
-2.9
最低気温
-8.6
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.9 時間/日
降水量 2.2 mm/日
最深積雪 6 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

檜洞丸(ひのきぼらまる)は、丹沢山地西部、神奈川県相模原市と同県足柄上郡山北町の境にある標高1,601mの山である。新字体で桧洞丸と表記されることもある。
丹沢山地最高峰の蛭ヶ岳から西へ伸びる丹沢主稜にある山であり、丹沢山地で4番目に高い山である。周辺の山々とともに丹沢大山国定公園に指定されている。5月下旬から6月上旬にかけて山を彩るツツジで近年人気の山となっており、多くの登山者が訪れる
山頂からは東・北西・南西の3方向に尾根が伸びており、東側の尾根は金山谷乗越、神ノ川乗越、臼ヶ岳、蛭ヶ岳へと伸びる。北西の尾根は東に伸びる尾根と合わせて丹沢主稜と呼ばれており、大笄、犬越路、大室山へ至り、その先は甲相国境の尾根に伸びている。南西の尾根は石棚山稜と呼ばれ、テシロノ頭、石棚山などの山を含む。石棚山稜のテシロノ頭付近からは南方向へ起伏の大きい同角山稜が派生し、同角ノ頭、大石山、ユーシンへと至る

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「檜洞丸」 に関連する記録(最新10件)

丹沢
  24    17 
2016年12月06日(日帰り)
丹沢
  18    34  4 
2016年12月04日(日帰り)
丹沢
  71    31 
yokois, その他1人
2016年12月04日(2日間)
丹沢
  29    45 
2016年12月03日(日帰り)
丹沢
  53    23 
2016年12月03日(日帰り)
丹沢
  89     24 
2016年12月03日(2日間)
丹沢
  97    20 
2016年12月02日(2日間)
ページの先頭へ