ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 897738 全員に公開 ハイキング関東

相模湖駅から嵐山経由石老山+高塚山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー mariji3(CL), その他メンバー2人
天候晴天、真夏日の気温
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き JR相模湖駅 7:56到着を利用
帰り バス利用 石老山入口 三ヶ木行 16:17
乗り継ぎ 橋本駅北口行き 16:36
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間43分
休憩
1時間38分
合計
9時間21分
S相模湖駅08:0608:25嵐山登山口(相模ダム側)09:04嵐山09:0710:05鼠坂10:11プレジャーフォーレスト前10:0510:14顕鏡寺登山口10:0510:32キャンプ地入口10:0510:36ゲート先取り付き口10:0511:21大明神展望台11:2211:27大明神山11:3012:21石老山13:0213:26高塚山13:2813:49石老山14:3314:56融合平見晴台14:5815:08八方岩、さくら道分岐14:58さくら道から本道に合流15:31顕鏡寺15:3315:47石老山駐車場16:04石老山入口バス停16:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
三週続けての同じ山へ上がるのには特別な事が無い限り上がらいものと
思うが山頂へ上がれる道を替えれば何度でもと成るはずです。

昨日、6/18日はウォーキング日でしたが、
相模湖駅に着いた時役員さんは既に参加者の受け入れ態勢であった。
その場に入れば毎度の歩きへと成るのですが、
今日は山歩きに変更しました。

仲間三人で数日前からコース案内をしてました、
仲間の一人はアルピニストなので物足りない歩きだと見てましたが、
その当人足指骨折から復帰一か月であって体調準備が
全く行っておらずでした。

低山の歩きなので足慣らしを考えて見ました、
相模湖駅から二十号線を渡り相模湖へと下りになる、
道はダムサイトへ降りられる歩きで駐車場からダムに歩く。
車はその手前からと成る。

車に邪魔されず歩く事が出来る堰堤を渡り左へと進むと
山肌に取り付き口嵐山への道標が見えます。
石段を上がって行くも九十九の道が急坂を作る
場所に依っては左トラバースもある。

汗を落としながら登りました、今朝は気温上昇と予報が出ている、
東京神奈川は30度越えが聞かれた。
低山だから軽い歩きかもとタカをくくってた。
疲れより暑さが応える。

山頂手前に展望箇所が出て来る、相模湖が眼下に広がる、
山並みは陣馬山方角と見る。汗を拭って山頂へ上がる。
405.9mである。景色は先ほどの場所と余り変わらない。

社を抱えて鳥居も立つ、いろはにほへとの文字で書かれたプレートが
有る、早速バナナで潤すお腹だ、朝ごはんは早く済ませて来たので
バナナ一本ぐらいは簡単に入ってしまう。

其れならと山頂から次の石老山へと行きますか。
下りに入った相変わらずの九十九が出て来た、
此のままだとした道へ降りてしまうような錯覚に落ちる。
下っては行くが地図でも長く取り付きで遊園地の外周を
使っているのだ。

気持ちいい桧林の中から竹林の中も歩く結構気持ち良い場所です、
徐々に下がって行くが沢に架かる橋が五か所程度渡り返す、
低山と思いたくない場所が現れ意外と楽しませてくれる。
一時間とは掛からなかった明るい場所大観覧車が上に聳える
遊園地が見える、昔は相模湖ピクニックランドだったが
今の名前言いづらい。

ぷれじゃー・ふぉーれすと、プレジャー・フォーレストと
名前を替えた、出口は少し手前に成るが人家の横道にでる、
そして歩道橋を渡ってフォーレスト入口の信号に来た。

信号交差点から赤い鳥居を巻くように県道517に入って行く、
車の数は一気に減ります、この道は大型は通行出来ずだ、
牧馬峠(まきめ)で入口が絞られ大型は入れませんなので
途中から右に入る道路になる。
篠原方向から熊騒ぎのやまなみ温泉方向へと行ける。

フォーレストの交差点から歩くと先ずは顕鏡寺入口の道標が現れます、
この道を使えば短い歩きで石老山へ上がれる。我らは敢えて通過する、
この先500mの場所からキャンプ地に入り右側を歩いてゲートを越える。

ゲート先からやっと山道となる、岩の間をくねらせて上がって行く、
岩に苔むし倒木にもコケが生えて山奥の心境が漂う、暫く続く岩、
石の道です。高度間の岩混じりの道も出て来るのは思っても見ない。

階段も可なりある、歩き疲れで立ち寄る場所には眺望の
良い大明神展望台が似合う。
景色は良いが炎天下では眺めも短時間でした。
水分補給しもう少し先にと歩く階段攻めの有るのでゆっくりとした
歩行は欠かせない。

こうして歩く石老山登山に似合わないとコースと思った、
顕鏡寺から上がると奇岩に出会う、
名前を見ながらだと足は止まるし適当に休みが取れる
その辺かに王道の道として使われる。

裏道では無い物此方は本格的とも感じられる歩きが出来た。
展望台から大明神山に着きそして分岐が出る。
分岐は篠原から来る道です。
後は山頂へと成りますが近いです、人の声が聞こえだせは着いたと
思うはず、お昼目当てで上がって着るので混んでました。

一角のベンチに相席しお昼ご飯を取る。冷たいゼリーで暑かった喉を冷やした。気温は30度越えている?でもこの場所は702mと高い場所、日向に出ればもろに暑さは感じるが日蔭は別世界爽やかなクーラーを回している風が気持ちいい。

今日は随分水分を取ったな〜とアルビリスト、そしてもう一人も話した
此処までで1.5Lの消費だとか低山の歩きでは無いよねと続けた。
自分もいつもより多かったのは確か。

味噌汁におにぎりです、隣の女子会は山料理に余念がない、色んな材料を入れてオジヤ?嫌今風のリゾット、チャーハンそれらしきご飯である。
小さな入れ物に少量だったあれで足りるのと言いたかった。

山遊びは体力勝負なのでカロリーを取らないと行けないのだがそもそも女性は小食?なのかな。我らは大食漢で無いが果物やお菓子なども有るのでお腹は毎度満たされる。

一息入れて、ザックは今の場所にデポして隣の山へハイキングことした
高塚山である、石老山に耀道の延長と成る、物珍しさで行くのだが40分要すると地図に記載、最初はナダラカの下りが続き終わると少し登りに入るこの繰り返しで高度差40m程度が二か所ある。

この上りは若干急登です、でも行ってみればこんな場所かいな
変哲もない山頂、表示板は手作りです、面白くない場所景色も有りませんし単なる小山675mと感じる石老山から27m下がった程度の場所と見た、さらっと見て戻る行ってこいで40分だった。地図の半分で往復出来ました。

如何だったと聞かれても普通としか答えられません、自分はその先その先へと降りたいのだが市の広報で書かれた物を見て取り合えず諦めるか。
石老山に戻った時は廻りに居たハイカーは居ません下山されたようです。

我らも降りますかとザック背負った、本通りの道から下山します、階段から下りに成り登り返して小ピークに上がる、樹木に山頂3分のリレーフが
付いている。此れを見れば後少しで山頂かと気持ちを高ぶらせるのだろう。

平たんな道や緩い段差の道を進む両脇に谷を抱えている桧の林を歩く、
30分弱で見晴場の融合平に着く、立ち寄ります、眼下の湖相模湖を眺める、陣馬山、生藤山が見えます。

コースに戻って下りの続行です、暫くすると地図には記載無いがさくら道と八方岩の分岐が出る、愛慣れしてない方には此方を勧める。林の中から
小さなつづれを返すと下に景色が現れる、相模湖も見えるし城山の町も望める遠くに津久井湖横の城山がちょこんと立つ。

やがて合流する後は奇岩を眺めながら顕鏡寺へと降りて行きます、参拝を
終えて再度茂った間の山道を下れば石畳の道に着きます、車で来られれば
終わりの場所と成りますが、病院の前を通過し一般道を下って20分程度でバス通りに着く、この辺には汗流す場所は無い諦めてバスに乗車し三ヶ木で乗り継ぎ橋本行きとなる。方や反対は相模湖駅へと向かう足取りで帰宅できる。

毎土曜日の三連続は終わるが石老山にはもう一度行く予定が入りそうですよ。
コース状況/
危険箇所等
駅から相模湖ダムの上を歩き嵐山に取り付く、歩き安い。山頂から先遊園地に降りる道は沢に架かる丸田橋が五ケ所渡りますが不安は在りません。
石老山の取り付きは412号線プレジャーフォーレスト先から篠原へと成る道に歩く、途中に顕鏡寺の道標を通過します。その先にゲートが有る左に入って行きます。コースは不安な場所は有りません。
その他周辺情報最近やまなみ温泉近くで熊の目撃情報有り、石老山では登山者が多い為鈴は必要ないと思う、しかし渡って歩かれる方石砂山方向へは特に単独の歩きでは持ってた方が良いのではと見ます。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 夏山装備です

写真

相模湖駅から近道の坂道からの嵐山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湖駅から近道の坂道からの嵐山
ダムサイドを歩きます突き当りを左に進むと入口です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムサイドを歩きます突き当りを左に進むと入口です
道標から階段に上がります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標から階段に上がります
嵐山山頂に到着、駅から一時間程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嵐山山頂に到着、駅から一時間程度
1
下山道は社側に歩き下ります、こんな橋五か所渡ります。此処が最後だったかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道は社側に歩き下ります、こんな橋五か所渡ります。此処が最後だったかも
プレジャー・フォーレストが見られる、観覧車も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレジャー・フォーレストが見られる、観覧車も
ねん坂に到着しました、道は歩道橋を渡って反対に歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ねん坂に到着しました、道は歩道橋を渡って反対に歩く
フォーレスト前から右折し進むと道標が出ますが先に歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フォーレスト前から右折し進むと道標が出ますが先に歩きます。
500m先にキャンプ地が出る、入って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
500m先にキャンプ地が出る、入って行く。
ゲート二つ目の先に登山口、岩山を上り始めた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート二つ目の先に登山口、岩山を上り始めた
大明神展望からの景色、余りにも暑く直ぐに立ち去りです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神展望からの景色、余りにも暑く直ぐに立ち去りです
1
大明神山、祠が祀られてる、ベンチもある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神山、祠が祀られてる、ベンチもある
四回目の石老山山頂、混んでました、生憎の富士山は姿見えませんがちょこっと右の肩が分かるか程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四回目の石老山山頂、混んでました、生憎の富士山は姿見えませんがちょこっと右の肩が分かるか程度
1
散策で高塚山まで行ってみた、林の中675.4mの場所、見晴ゼロです。地図の時間寄より半分程度で行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
散策で高塚山まで行ってみた、林の中675.4mの場所、見晴ゼロです。地図の時間寄より半分程度で行けます。
融合平展望から、陣馬山左に三頭山も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
融合平展望から、陣馬山左に三頭山も
1
さくら道に廻り犬足ショーマに会う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さくら道に廻り犬足ショーマに会う
さくら道からの展望城山地区が開ける、真ん中が城山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さくら道からの展望城山地区が開ける、真ん中が城山
1
下り終えて顕鏡寺手前の岩屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り終えて顕鏡寺手前の岩屋
登山口、相模湖病院口です。右から来ます石老山入口バス停の方角、左は石段に上がらず進むと顕鏡寺まで舗装道で行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口、相模湖病院口です。右から来ます石老山入口バス停の方角、左は石段に上がらず進むと顕鏡寺まで舗装道で行けます。
訪問者数:226人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

近道 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ