ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899424 全員に公開 講習/トレーニング奥多摩・高尾

越沢バットレス

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー hiroitoshik
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

写真

2スラ3P終了点より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2スラ3P終了点より
1
鋸ルート2P全景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸ルート2P全景
終了点着。ナイスクライミングでした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終了点着。ナイスクライミングでした!

感想/記録
by hiroi

北岳バットレスに行くため、とっしーと越沢へ。
7/10までに越沢バットレス10ピッチを完了しなくてはいけなかった
とっしーにお願いして10ピッチに向かう
とっしーにとっても私にとってものこぎりの初リードの日。しかもとっしーは初見!
気合入ります。
当日晴れ。あっつい!!!朝日がギラギラしてきて向かいの山とこっちの日陰の岩のコントラストがすごい
まず2スラを登攀。越沢に体を慣らす。


続いて核心ののこぎりへ。
とっしーリード。
まったく危なげなく、さくさくと登って行く。さすがですほんと・・・

続いてフォローで登り、すべてのテを再確認。強烈に暗記する。
大丈夫。たぶん。よっぽどのことが無い限りつぎはリードで行ける。と思う。
休憩を挟みきみこがのこぎりリード。
とっしーがすごく心配してくれた
大丈夫。大丈夫。と言い続ける
一番の核心左トラバース乗越し。めちゃくちゃ怖かったけど乗り越えた。きちんと見れば足も手もスタンスがある。右手はピンチ、左手はカチ持ちで体を左へ移動していく

とっしーアドバイスありがとう
ハーケンが抜けても体勢が保てるように保持しなくてはね。ワルちゃんと登った時それに気を付け登ることができました。

この日の後、いろいろあってくたびれてしまったけど。
やっぱりのこぎりをお互いに初リードできたこの日は最高でした!!
10ピッチの祝杯→のこぎりの祝杯となったけれど
最高の一日でした!!
6級リード万歳!!!
とっしーありがとう!!!

感想/記録
by toshik

きみこさんと越沢へ。

事前の打合せでの達成目標は10pと、可能なら鋸ルート叉薀肇薀い任△辰拭
山崎さんからの北岳バットレスの課題は事前トレと、越沢の一スラor鋸ルートのリードであったので、私個人は来週ホーリーとの越沢トレ、7月10日には全員での合同トレを控えているとは言え、この時期どこが雨で中止になってもおかしくない事からも可能なら出来る時に叉蕕鮨┐辰討きたいと思っていた。
ただ、きみこさんと2人きりで組むのは初なので、当日の岩と2人のコンディションを見て決める事に。
事前のリサーチでは一スラは長いし迷いやすそうだと思ったが、鋸は登っているのを見た事があるのと、記録を読み漁った感じでは支点もそれなりに取れ、核心部はガバ系ハング、複数支点を頼りにして行けるので怖さはないとの情報もあり、A0前提で行けばなんとかなりそうという印象。ルート取りを間違えない事が核心だったが、そこはきみこさんが登攀経験ありだったので、事前に口頭でもルート補足を貰い解決した。

天気は晴れ、梅雨時期とは思えぬピーカンぶり。岩は朝こそジメっとしていたが、昼にはカラカラ。ただし自分達もカラカラに。しかし雨を気にせず練習に打ち込めてラッキーだった。

後はお互いのコンディションの確認という事で、とりあえず2スラで様子見。
1P、3P 自分リード
2P、4P きみこさんリード
2Pで私がきみこさんのヌンチャクのビナを下に一枚落としてしまい、謝っていたら、3Pで私のビナを一枚きみこさんが落としてくれておあいこに。意気が合っているやら合ってないやらよく分からないがギアの落下は本当に気を付けねば。
さて、相変わらず3Pは怖いが、リードも3回目か4回目か、いい加減慣れもあり登りとしては平常運転。
核心ピッチも、フォローであればきみこさんは危なげなく登ってくれていた。
また、きみこさんは既に1度フォローで鋸を登っているというのも大きく、小休憩の後、鋸トライする事に決定。

1P 検,みこさんリード
いつもの右ルートから取り付き。アップがてらサクサク登る。

2P V- とっしーリード
ここからが鋸。入口は以前見た通りだが、慎重にルーファイ&既に登攀済のきみこさんのアドバイスをよく聞いておく。
出だしからハイステップで一段上がりトラバース。
すぐフリークライマー気分でA0に抵抗が出るので、どうでも良いところで敢えてさっそくA0しておく。もうフリー突破出来てないから変なプライドは捨ててA0しまくるぞと自己暗示を掛けておく。
噂通り要所で支点は取れるが錆びていてやや頼りない。A0を積極的に使って行くと言っても、不用意に全荷重を掛けるのは返って危なそうだ。
トラバース後の直上が始まる箇所ですぐのところにキャメ#3が使える。
直上すぐでカチ持ちっぽい遠い右手で支えながら体を持ち上げる箇所が核心ぽい。
その後もあまり良い手が無いなかでバランスを取りながら左上の凸角まで抜ける。
この辺もフリーだと怖いがA0で処理。
凸角に着いたらそのまま角を越えて左に出る。
直上するルートもあるが、登ってしまうと11以上はあるというバリエーションに入るらしい。触らぬ神に祟りなし、左に出る。
ここのトラバースが第二核心。切れ落ちていてかなりの高度感。A0で処理。
完全に凸角の向こう側に出て安定して立てたらルートとしてはほぼ終了。
そのまま右上してすぐに終了点となる。自分の体感としてはV〜V+。
経験済なだけあってきみこさんもフォローならスイスイ上がって来てくれた。
終了点はペツル1+リングボルト2。やや窮屈。

3P 此,箸辰掘璽蝓璽
ピッチは切ったがそのまま連続してリード担当。
ここが核心ピッチらしいが予想以上に短い。
支点は豊富。無くても行けるが出だしに#1〜2のカムを使うと安心感があった。
一段上がるとすぐ核心なので、2か所ランナーを取ってハングを乗っ越す。
探ってみて行けそうと感じたものの、ここは無難にA0で処理。すぐそこに終了点。
終了点は綺麗なペツルが2つあり手厚い。すぐ上のリングボルトも使える。
ルートとしては確かに強度は2Pよりも強いが、フリーのフェイスクライミングっぽさのあるガバのあるハングである為、支点が手厚い事もあって2Pより怖く無かった。
同じハングで日和田の松の木ハング5.9が思い出されたが、あれよりは簡単。
なので体感は5.9-くらいか。

4P ? ボディビレイで安全圏まで移動。

懸垂して昼休憩を挟み、鋸2Pをきみこさんがやる事に。

1P 検,箸辰掘璽蝓璽

2P V- きみこさんリード
自分でリードするより緊張したが、結果としてはスラスラ登ってた。ムーブとレストポイントが出来上がってるので、落ちそうな感じは無かったと思う。
集中してるようなので言わなかったし、後で言うかちょっと悩んでいたけど、レスト時ハーケンやリングボルトにハンギングするのは避けた方がいいかも。万が一抜けても体勢維持が出来る状態を保持したい。越沢の支点全般が信用ならない。。
かなり入れ込んでいるのが伝わっていたので、トップアウト時は自分も嬉しかった。

さて、自分はフォローなので、凸角トラバースのフリームーブにトライする。
フォローで冷静に見ると足置きが結構あったので、出来なくも無いか。
リードで来るとまた気持ちが違うはずなので、次来た時にまた考えよう。

3P 此,箸辰掘璽蝓璽
きみこさんがやってもと思ったが、順当につるべで行く事になる。
さっきの感覚でフリートライ。核心直下で2個ランナーを取れるので、一応安心だが、落ちるにしてもふんわり静荷重のつもりで、と意識するとやはり怖い。
テンションを掛けて貰いちょい探り。
左上のガバから右に伝ってトラバースしてからちょい右奥に右手が届けばそこにガバがあるので、これが取れると終わり。一応フリーでは抜けられた。次は繋げられるだろう。
きみこさん、A0ながらスイスイ。多分リードも問題無いだろう。

4P 安全圏まで一応ビレイ

4P×3で計12P。鋸の4P目はピッチに数えるのは微妙かも知れないが、いずれにせよ10P達成という事でここで終了。
懸垂終わって16:30。
充実の一日でした。帰りのビールが美味過ぎて泣きそうになった。

------------------------------------------------
2016.6.19追記
会長から指摘がありましたので、カモ内で今後越沢をやる人に誤解の無いよう追記しときます。
左ルート、二スラ、ノコギリ、一般ルート、一スラで10〜11Pやってこそ越沢10Pとの事。トポ上に記載の無いピッチはロープを出してもピッチとしては数えない。
まあ納得だけど厳しいっすな〜。
訪問者数:251人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ