ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900065 全員に公開 ハイキング甲信越

東海自然歩道 本栖湖ー田貫湖

日程 2016年05月23日(月) 〜 2016年05月24日(火)
メンバー meguyama
天候晴れ・曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間20分
休憩
0分
合計
9時間20分
Sスタート地点07:2016:40ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ひたすら歩いた。山の縦走の方がもっと楽しいのではとも感じた。
その他周辺情報本栖湖キャンプ場は料金がまあ納得できる範囲。広く、最盛期以外はのんびりできそう。直火可。新旧のトイレはあるが、テントを張った近くのトイレはウォッシュレットだった。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

前日(5/23)本栖湖キャンプ場にテントを張り、竜ヶ岳を往復した。
2016年05月23日 16:06撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日(5/23)本栖湖キャンプ場にテントを張り、竜ヶ岳を往復した。
本栖湖キャンプ場での朝。
平日でテントは少ない。但し、なぜか自衛隊が駐屯?していた。
2016年05月24日 06:07撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本栖湖キャンプ場での朝。
平日でテントは少ない。但し、なぜか自衛隊が駐屯?していた。
さあ、出発。
2016年05月24日 07:12撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、出発。
東海自然歩道入口
2016年05月24日 07:13撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道入口
一時間ほど歩いても、当然ながら他の人には会わない。
2016年05月24日 07:59撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一時間ほど歩いても、当然ながら他の人には会わない。
人には会わないが、獣跡はある。イノシシかな?
2016年05月24日 07:59撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人には会わないが、獣跡はある。イノシシかな?
手入れのしていない植林帯は薄暗くて湿っていて気持ちが悪い。一方、自然林明るい。ここは道の左右でその違いが明瞭なので、一枚撮った。
2016年05月24日 08:18撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手入れのしていない植林帯は薄暗くて湿っていて気持ちが悪い。一方、自然林明るい。ここは道の左右でその違いが明瞭なので、一枚撮った。
横の国道139に接近する県境。歩いてきた本栖湖方面を振り返っています。熊に注意の看板。
2016年05月24日 09:04撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横の国道139に接近する県境。歩いてきた本栖湖方面を振り返っています。熊に注意の看板。
県境から少しで、トイレと自然歩道の案内看板。
2016年05月24日 09:22撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境から少しで、トイレと自然歩道の案内看板。
端足峠(はした)への分岐。
2016年05月24日 10:14撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端足峠(はした)への分岐。
A沢貯水池。
2016年05月24日 10:40撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A沢貯水池。
根原の吊橋。
2016年05月24日 10:55撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根原の吊橋。
橋のそばにあったリアルなクマ注意の看板。
2016年05月24日 10:55撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋のそばにあったリアルなクマ注意の看板。
牧場脇に出る。
2016年05月24日 11:42撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場脇に出る。
道の駅朝霧高原付近のパラグライダーエリア。
2016年05月24日 12:02撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅朝霧高原付近のパラグライダーエリア。
広大な牧場を迂回してひたすら歩く感じ。
2016年05月24日 12:11撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広大な牧場を迂回してひたすら歩く感じ。
牧場横の有刺鉄線に沿って歩く。ふもとっぱらのオートキャンプ場では、優雅なキャンパーを横目に太陽に照りつけられながらひたすら歩く。
2016年05月24日 12:24撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場横の有刺鉄線に沿って歩く。ふもとっぱらのオートキャンプ場では、優雅なキャンパーを横目に太陽に照りつけられながらひたすら歩く。
車道からトレールに入ると、麓の吊橋。
2016年05月24日 13:18撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道からトレールに入ると、麓の吊橋。
吊橋の横には、毒ウツギは猛毒なので絶対食べないようにとの看板があった。
2016年05月24日 13:18撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋の横には、毒ウツギは猛毒なので絶対食べないようにとの看板があった。
井之頭(猪之頭)、目標の中学校は廃校になっていた。
2016年05月24日 14:02撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井之頭(猪之頭)、目標の中学校は廃校になっていた。
体育館と横のプールそして裏の運動場も結構立派で廃校にしておくのがもったいない。
2016年05月24日 14:03撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体育館と横のプールそして裏の運動場も結構立派で廃校にしておくのがもったいない。
陣馬の滝。
人のいない写真を撮りたかったが、いつまでも待てないので諦めて一枚。
2016年05月24日 14:54撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬の滝。
人のいない写真を撮りたかったが、いつまでも待てないので諦めて一枚。
陣馬の滝案内。
2016年05月24日 14:52撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬の滝案内。
猪之頭の集落から峠道を登り、再度下り始めたところに小さな湿原。
2016年05月24日 15:51撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪之頭の集落から峠道を登り、再度下り始めたところに小さな湿原。
明日の長者ヶ岳登山口を経て、田貫湖北岸に到着。南側キャンプ場にはさらに半周。
2016年05月24日 16:08撮影 by CX1 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日の長者ヶ岳登山口を経て、田貫湖北岸に到着。南側キャンプ場にはさらに半周。
南側キャンプ場。雰囲気は良いが、料金は高い。売店に野菜とか肉は無い、オートキャンプ場だから持参が当然か。
2016年05月24日 17:48撮影 by iPod touch, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側キャンプ場。雰囲気は良いが、料金は高い。売店に野菜とか肉は無い、オートキャンプ場だから持参が当然か。
とりあえず、富士山を眺めながら一本のロング缶をちびちびと。
2016年05月24日 17:47撮影 by iPod touch, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず、富士山を眺めながら一本のロング缶をちびちびと。
撮影機材:

感想/記録

丹沢ー本栖湖間は車を置いてバスで移動したりして、宿泊用具は車に置き、食料買い出しも車なので容易だったが、今回はそうはいかなかった。ある程度の食料は背負い、途中での入手を期待していたが、自然歩道は商店からは微妙に外れたところを歩く。自転車でもあれば行けそうなところも徒歩ではそうはいかないので、買い出し計画は事前に練る必要がある。
訪問者数:84人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ