ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914142 全員に公開 ハイキング近畿

虚空蔵山(陶の郷・自然遊歩道コース)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー ganmar88
天候晴れ
気温は30℃程度。とても暑かった。
風は山頂でも無風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■ルート
国道372号から篠山市今田町で県道292号に入り、陶の郷へ。

■駐車場
陶の郷の駐車場(50台程度)
トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間47分
休憩
34分
合計
2時間21分
Sスタート地点12:4213:47虚空蔵山14:2115:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
万歩計では7000歩程度
コース状況/
危険箇所等
全般的に踏み跡は明瞭。陶の郷からの自然遊歩道コースでは稜線に出るまで終始黒階段が設置されていて迷うことはないと思います。
今回山頂標識より少し北側まで進み展望が開けるところまで進みましたが、こちらは自然遊歩道ではないようで踏み跡が少し弱くなります。
0ニョロ、0ヒル、0シカ。
ヒトは山頂付近でお会いした一人のみでした。

■丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷
https://tanbayaki.com/
その他周辺情報■温泉
こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷
http://yume-konda.com/
大人700円
※露天風呂・水風呂、サウナあり
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツバ広帽子 長袖のドライ服(行動着) 夏用半ズボン 膝下タイツ 登山用靴下 ローカット登山靴 レイン上(着用せず) レイン下(着用せず) LEDヘッドランプ ラジオと鈴 テーピングテープ・絆創膏等 日帰り用ザック 水600mlx1本 ミックスナッツ おにぎり
共同装備 シングルストック 携帯防虫器(パワー森林香)

写真

陶の郷の駐車場にお邪魔してここからスタート。
焼き物教室とか開催されているようです。
2016年07月10日 12:45撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陶の郷の駐車場にお邪魔してここからスタート。
焼き物教室とか開催されているようです。
1
一旦車道に出てここを左折して登っていきます。
2016年07月10日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦車道に出てここを左折して登っていきます。
すごく簡単な案内図です。(笑)
2016年07月10日 13:01撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごく簡単な案内図です。(笑)
2
おいしそう。
2016年07月10日 13:02撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おいしそう。
4
キャンプ場のバンガロー。誰もいませんね。
2016年07月10日 13:03撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場のバンガロー。誰もいませんね。
2
案内板には陶の郷からJR藍本駅までのルートが記されています。
2016年07月10日 13:04撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板には陶の郷からJR藍本駅までのルートが記されています。
1
ここから山道になります。階段が続きます。
2016年07月10日 13:10撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山道になります。階段が続きます。
1
途中、いくつか休憩ポイントがありますが、湿っていて座れません。。
2016年07月10日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、いくつか休憩ポイントがありますが、湿っていて座れません。。
1
パワースポットって感じですね。
2016年07月10日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パワースポットって感じですね。
5
稜線まで黒階段が続きました。稜線に出ると虚空蔵山の山頂方面は左折です。
2016年07月10日 13:24撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まで黒階段が続きました。稜線に出ると虚空蔵山の山頂方面は左折です。
2
道標が宙に浮いています。
2016年07月10日 13:30撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標が宙に浮いています。
3
JR藍本駅からのルートと合流です。
2016年07月10日 13:35撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR藍本駅からのルートと合流です。
1
尾根道の様子はこんな感じ。
2016年07月10日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道の様子はこんな感じ。
2
丹波岩まできました。
2016年07月10日 13:44撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹波岩まできました。
6
展望抜群です。六甲山系がばっちり。
2016年07月10日 13:45撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望抜群です。六甲山系がばっちり。
6
虚空蔵山の山頂に到着〜。
2016年07月10日 13:46撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虚空蔵山の山頂に到着〜。
4
ヒョウモンチョウのお出迎え〜。
2016年07月10日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒョウモンチョウのお出迎え〜。
2
山頂は独り占めでした。写真の案内板はだいぶ傷んでいます。
2016年07月10日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は独り占めでした。写真の案内板はだいぶ傷んでいます。
1
今日は握ってきたおにぎりと水で。
2016年07月10日 13:52撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は握ってきたおにぎりと水で。
4
山頂からさらに先に進んでみます。
2016年07月10日 14:03撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からさらに先に進んでみます。
2
展望が開けた岩場がありました。
奥に白髪岳と松尾岳。
2016年07月10日 14:07撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が開けた岩場がありました。
奥に白髪岳と松尾岳。
6
先月行った播州清水寺が見えてます。
2016年07月10日 14:10撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先月行った播州清水寺が見えてます。
6
播州清水寺をアップで。
2016年07月10日 14:11撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
播州清水寺をアップで。
4
ずっと奥に多紀連山。左から西ヶ岳、三嶽、小金ヶ岳。
景色が楽しめたので戻ります。
2016年07月10日 14:12撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと奥に多紀連山。左から西ヶ岳、三嶽、小金ヶ岳。
景色が楽しめたので戻ります。
5
戻ってきました。さてさて、下山しましょう。今日はピストンなので来た道を戻ります。
2016年07月10日 14:17撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきました。さてさて、下山しましょう。今日はピストンなので来た道を戻ります。
1
丹波岩まできました。自撮りを楽しんでいたら今日初めての別の登山者が登ってこられました。
2016年07月10日 14:28撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹波岩まできました。自撮りを楽しんでいたら今日初めての別の登山者が登ってこられました。
3
自撮りはうまく撮れなかったので上げるのやめました。
JR藍本駅への分岐です。
2016年07月10日 14:36撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自撮りはうまく撮れなかったので上げるのやめました。
JR藍本駅への分岐です。
2
陶の郷方面へ下ります。道標も焼き物っぽいですね。
2016年07月10日 14:36撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陶の郷方面へ下ります。道標も焼き物っぽいですね。
1
稜線はここまで、ここから黒階段をひたすら下ります。
2016年07月10日 14:42撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はここまで、ここから黒階段をひたすら下ります。
1
下り道はこんな感じです。
2016年07月10日 14:48撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り道はこんな感じです。
3
キャンプ場の炊事場です。残念ながら水は出ませんでした。
2016年07月10日 14:54撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場の炊事場です。残念ながら水は出ませんでした。
4
車道まで降りてきました。駐車場までもう少し。
2016年07月10日 14:59撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道まで降りてきました。駐車場までもう少し。
2
バックに虚空蔵山。お疲れさま〜。
ほんと暑かった〜。
2016年07月10日 15:03撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バックに虚空蔵山。お疲れさま〜。
ほんと暑かった〜。
3
撮影機材:

感想/記録

とても暑い中、篠山市の虚空蔵山(ふるさと兵庫100山)へ行ってきました。今回、暑さでバテそうなので陶の郷・自然遊歩道コースでピストンしました。コースは荒れてるのかと思いきや藪もそれほどなく、稜線までは黒階段がひたすら続いておりきちんと整備されていました。風がなく湿度が高かったので稜線に出るまでに滝汗で、しかも稜線に出ても風がなかったのでとても暑かったです。
景色がよく山頂からは南は六甲山系や北は多紀連山、西は笠形山が見えていました。次回は縦走にもチャレンジしてみたいと思います。
訪問者数:189人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ