ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915882 全員に公開 ハイキング富士・御坂

表富士登山

日程 2016年07月11日(月) [日帰り]
メンバー N-noboru, その他メンバー1人
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
往:(マイカー)千里中央→吹田INT→新富士INT→水ケ塚駐車場→(仮眠)→(バス)新5合目
復:往きの逆コース
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
0分
合計
7時間30分
S新5合目07:2014:50剣ヶ峰G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
新5合目登山口7:20→6合目小屋7:40→新7合目小屋8:35→元祖7合目9:40→8合目小屋10:40→9合目小屋11:50→9.5合目小屋12:50→浅間大社奥宮13:50→(昼飯)→剣ヶ峰14:50→(乾杯)→下山開始15:00→17:50新5合目登山口
コース状況/
危険箇所等
相変わらずの火山灰ジャリ道。ロープの柵は頂上まで完璧に整備されており、杖なしでロープを支えにして登下山できました。
その他周辺情報山開き直後の平日で天気も良かったので新5合目へたどり着くまでの混雑を心配していましたが、水ケ塚駐車場は朝6時頃で約100台の車が駐車してる程度で閑散とした状態でした。また6時始発のシャトルバスには余裕を持って乗り込むことが出来ました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 サブザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ライト
備考 冬用セーター・酸素ボンベは持って行って無駄であった。
日焼け防止用に帽子があれば良かった。

写真

水ケ塚駐車場
2016年07月11日 05:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水ケ塚駐車場
新5合目登山口
2016年07月11日 07:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 80, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新5合目登山口
駿河湾を望む
2016年07月11日 08:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駿河湾を望む
1
剣ヶ峰
2016年07月11日 14:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 20 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰
2
剣ヶ峰
2016年07月11日 14:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 80, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰
2

感想/記録

股関節の痛みを気遣いここ数年途絶えていた登山でしたが、ヒョンなことから富士山に行くことになり、梅雨の晴れ間を狙って弾丸登山もどきの行程を終えました。
表富士の山開きは7月10日で11日は山開き直後の平日初日なので混雑を心配しましたが、水ケ塚駐車場やシャトルバスもスムーズに利用できて新5合目までは遅れも無く到着できました。8合目からは急に足に疲労が来て以降のコースタイムは惨憺たる結果でした。また高山病ではないでしょうが頭がフラフラして平衡感覚に支障が出てきました。9.5合目からは環境に慣れたのか元気が復活して来ましたが、タイムは稼げませんでした。
古希を間近に控え体力の衰退や普段の運動不足や酒とバラの日々の不摂生が祟り、コースタイムは見るも無残な結果になってしまい、愕然とうなだれて帰阪した次第です。
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

高山病 シャトルバス 梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ