ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 916932 全員に公開 沢登り中国山地西部

ウラオレ谷(十方山)

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー yasiyasi, その他メンバー1人
天候晴れ後一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:旧那須小学校前、那須登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間27分
休憩
0分
合計
4時間27分
Sスタート地点08:1612:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
0815 那須登山口
0830 入渓
1020 ナメ滝
1039 三つ滝下段
1140 三つ滝上段落ち口
1240 那須登山口
コース状況/
危険箇所等
ウラオレ谷は、藤十郎、前三ツ倉、丸子頭などの稜線を源流とする沢で、那須集落奥のウラオレ橋〜三ツ滝の区間が沢登りの対象となっているようです。
その他周辺情報お風呂:めがひら温泉クヴェーレ吉和
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS 携帯 時計 カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング アブミ フィフィ ハンマーバイル ナイフブレード アングルハーケン 渓流シューズ
共同装備 キャメロット

写真

那須登山口から風小屋着林道を僅かに下る。
2016年07月16日 08:21撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那須登山口から風小屋着林道を僅かに下る。
ウラオレ谷右岸の作業道に入る。
2016年07月16日 08:22撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラオレ谷右岸の作業道に入る。
作業道を出来るだけ歩き、入渓。
2016年07月16日 08:32撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道を出来るだけ歩き、入渓。
1
障子タキの懸崖。
2016年07月16日 09:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
障子タキの懸崖。
障子タキ下の淵。
2016年07月16日 09:19撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
障子タキ下の淵。
トレーニングのため、高巻きのロープを伸ばす。
支点に使った倒木を潜るのにバランスを要して気を使いました。
今日、最も緊張したポイントだったかも。
2016年07月16日 09:37撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレーニングのため、高巻きのロープを伸ばす。
支点に使った倒木を潜るのにバランスを要して気を使いました。
今日、最も緊張したポイントだったかも。
階段状の滝と左岸から落ちる滝。
2016年07月16日 10:37撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段状の滝と左岸から落ちる滝。
三つ滝全景。
2016年07月16日 10:39撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ滝全景。
左岸から落ちる滝。
2016年07月16日 10:39撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸から落ちる滝。
三つ滝下段。
2016年07月16日 10:41撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ滝下段。
右岸の岩棚へフリーで這い上がる。
2016年07月16日 10:49撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の岩棚へフリーで這い上がる。
下段の水流。
2016年07月16日 10:49撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下段の水流。
三つ滝中段。
2016年07月16日 10:50撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ滝中段。
右岸水流脇の岩を登る。
2016年07月16日 10:56撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸水流脇の岩を登る。
中段の水流。
2016年07月16日 11:01撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段の水流。
三つ滝上段。
2016年07月16日 11:15撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ滝上段。
上段落ち口。
2016年07月16日 11:41撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段落ち口。

感想/記録

私にとってウラオレ谷は、単独では2014年に初めて歩き、昨年2015年8月には山友達のgt氏と歩きました。
核心部の三ツ滝(5〜10m弱×三段)は下段は登りましたが、中段上段は手も足も出ず巻いています。

その後、沢沢沢と沢にのめり込み、ほかの沢でも初心者には難しいそうな滝は巻いていますが、ウラオレ谷の三ツ滝だけは心に引っ掛かっていました。
それは、ウラオレ谷が沢登りとしては「初級者」向けとされ、ヤマレコ等の山行記録でも「初級者」の練習として三ツ滝が登られているからです。
個人的には三ツ滝登攀にそれほど拘りはなかったのですが、gt氏の「悔しいですね〜」を聞いているうちに、「何故初級者に登れる滝が登れないのか?」との思いはつのりました。

gt氏はクライミングを始め、私はボルダリングジムに通い、半年間それなりのトレーニング を重ね、再度三ツ滝に挑戦してきました。

今回の目的は三ツ滝なので、出来るだけ踏み跡を詰めて時間短縮して入渓。

途中、支点構築の練習を兼ねて3mの小滝でロープを出す。
トップが右岸側壁の岩棚に登り倒木にスリングで中間支点を取り、落ち口まで進み立木をアンカーとしてATCガイドでビレイ。セカンドがスリングを回収しながら登る(私はセカンドなのでスリングを回収して登るだけなので非常に楽でした)。

順調に進み、三ツ滝の下に到着。
途中のナメ滝あたりで薄々気が付いてはいたのですが、「水量が多い」。二日前の雨の影響でしょうか。
予定しているラインは水流には入らないので「問題ないでしょう」。

下段は右岸の岩棚に向かって階段状に登るだけなので、フリーで登る(昨年もロープは使っていない)。

中段は昨年は触りもせずに巻いていますが、よくよく見ると水量左側のラインが明らかに「階段状」ではないですか。
「これは登れるでしょう」ということで、ロープを出して立木で中間支点を取って登る。
下段と同じくホールドもスタンスも豊富でした。

上段は、昨年は水流右側を登ろうとしましたが、「ホールドもスタンスも滑って怖い」で断念して巻いています。
今回は同じラインを登りましたが、「昨年の記憶は何だったんだろう?」と思えるほど問題なく登りきることができました。
カムで3ヶ所中間支点をとり、格段にトップの安全性が高まったこともあると思いますが、ホールドスタンスは全く問題なしでした。
セカンドの私としては、ボルダリングジムに通ってクライミングのムーヴに慣れたことが、大きな要因でした。

無事に一年越しの念願を叶えることが出来ました。

ルート工作はgt氏にお任せ状態でした。
そもそも私はセカンドをビレイの練習すらしたことがないので、現状ではトップは無理ですが「トップで自分の力で登りたい!」という人の考えが何となくわかってきたような気がしました。
訪問者数:117人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ