ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917698 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

蔵王山・馬の背カルデラはコマクサの楽園

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー kibitaki99
天候高層と1300m以下に雲あり,18時頃から降雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.7〜1.8(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間33分
休憩
30分
合計
9時間3分
Sスタート地点09:3011:02かもしか温泉跡11:1813:38追分(北蔵王縦走路)13:4316:09大高山分岐16:1016:12熊野岳避難小屋16:17馬の背分岐16:29馬の背16:46蔵王レストハウス内避難小屋16:5016:56刈田岳16:5717:00刈田岳避難小屋17:13剣ヶ峯17:1517:50大黒天登山口18:04駒草平18:0518:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
賽の河原駐車場と熊野岳避難小屋東に,賽の河原→追分コースの通行止めを知らせる立て札が設置されていた。道は藪に覆われ始めており,通行困難になりつつある。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

出発地点の賽の河原駐車場。運転者のいない自動車が数台ある。先行者が何人かいるようだ。
2016年07月16日 09:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発地点の賽の河原駐車場。運転者のいない自動車が数台ある。先行者が何人かいるようだ。
火山活動が活発化しているので,これから歩こうとしている谷の中は通行止めとされている。噴火したら火砕流の流れる経路になったりするのか。悩んだけど・・行くことにした。
2016年07月16日 09:55撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山活動が活発化しているので,これから歩こうとしている谷の中は通行止めとされている。噴火したら火砕流の流れる経路になったりするのか。悩んだけど・・行くことにした。
賽の河原を横断する道は舗装路になっていて歩きやすい。その昔は運搬車が通り,今は無きかもしか温泉へ荷物を運んだ道。
2016年07月16日 09:58撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原を横断する道は舗装路になっていて歩きやすい。その昔は運搬車が通り,今は無きかもしか温泉へ荷物を運んだ道。
濁川に降りる坂道にはヤマブキショウマ?等の草が生い茂り,藪になりつつある。たっぷり水を含んだ草をかきわけて歩くと,すぐびしょ濡れになる。早く合羽を着ればよかった。
2016年07月16日 09:59撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濁川に降りる坂道にはヤマブキショウマ?等の草が生い茂り,藪になりつつある。たっぷり水を含んだ草をかきわけて歩くと,すぐびしょ濡れになる。早く合羽を着ればよかった。
シラネセンキュウ?の花にやってきたアオハムシダマシ?
2016年07月16日 10:03撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネセンキュウ?の花にやってきたアオハムシダマシ?
1
羽根を開いたヤマトシジミ?に近寄れたので,身動きせずに撮影する。
2016年07月16日 10:08撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽根を開いたヤマトシジミ?に近寄れたので,身動きせずに撮影する。
2
濁川の渡渉点では,鋼管を組んだ橋に乗せてあった板がなくなっている。渡るな,帰れということか。
2016年07月16日 10:44撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濁川の渡渉点では,鋼管を組んだ橋に乗せてあった板がなくなっている。渡るな,帰れということか。
1
開けた場所では藪がひどくなってきた。低木が雪の重みで覆い被さったりもしているし,何年かするとほとんど歩けなくなるだろう。この道はもう絶えたと思った方がよい。
2016年07月16日 10:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた場所では藪がひどくなってきた。低木が雪の重みで覆い被さったりもしているし,何年かするとほとんど歩けなくなるだろう。この道はもう絶えたと思った方がよい。
かもしか温泉跡から追分に向かう登り口で,迷った。GPSの表示を見るとまさに登山道の上にいるように見えるけど,そこは深い藪の中。決心して斜面を直登し,灌木を無理やりかき分けて進んだら,やっと本当の道に出会った。
2016年07月16日 11:10撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かもしか温泉跡から追分に向かう登り口で,迷った。GPSの表示を見るとまさに登山道の上にいるように見えるけど,そこは深い藪の中。決心して斜面を直登し,灌木を無理やりかき分けて進んだら,やっと本当の道に出会った。
1
北蔵王へ向かう縦走路との合流点にたどり着く。この場所に立つのは40年振り。
2016年07月16日 13:49撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北蔵王へ向かう縦走路との合流点にたどり着く。この場所に立つのは40年振り。
振り返ると,濡れた藪の斜面は深い霧の中。
2016年07月16日 15:56撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると,濡れた藪の斜面は深い霧の中。
熊野岳へ到る斜面ではコマクサが花盛りだ。発芽したばかりのような小さな苗から鈴なりに花をつけた見事なものまで,様々な大きさの株がある。
2016年07月16日 16:01撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳へ到る斜面ではコマクサが花盛りだ。発芽したばかりのような小さな苗から鈴なりに花をつけた見事なものまで,様々な大きさの株がある。
6
登山道を外れると,コマクサを踏まずには歩けないようなところもある。今は昔話として語られるだけの,コマクサの楽園が復活する途上なのか。
2016年07月16日 16:04撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を外れると,コマクサを踏まずには歩けないようなところもある。今は昔話として語られるだけの,コマクサの楽園が復活する途上なのか。
1
火口湖(御釜)を左手に見ながら馬の背を下る。この区間はつい先頃まで通行止めだった。数カ所に,刈田駐車場方向へ降りるための緊急避難路が造られている。
2016年07月16日 16:42撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口湖(御釜)を左手に見ながら馬の背を下る。この区間はつい先頃まで通行止めだった。数カ所に,刈田駐車場方向へ降りるための緊急避難路が造られている。
3
刈田岳避難小屋から後烏帽子岳方面を望む。小屋の脇には,東北大学の地震噴火予知研究観測センターが地震計を設置していた。別の場所には地磁気観測装置も。
2016年07月16日 17:07撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈田岳避難小屋から後烏帽子岳方面を望む。小屋の脇には,東北大学の地震噴火予知研究観測センターが地震計を設置していた。別の場所には地磁気観測装置も。
刈田岳から大黒天への下り道。石段や木の歩み板のうえを歩く。ここにもコマクサがある。
2016年07月16日 17:37撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈田岳から大黒天への下り道。石段や木の歩み板のうえを歩く。ここにもコマクサがある。
たくさんの車が行き交う蔵王エコーラインの路側にも,さりげなくコマクサが咲いている。ほとんど全ての人たちは気付かずに,先を急いで通り過ぎるのだろう。
2016年07月16日 16:07撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんの車が行き交う蔵王エコーラインの路側にも,さりげなくコマクサが咲いている。ほとんど全ての人たちは気付かずに,先を急いで通り過ぎるのだろう。
3
霧が湧き谷を埋める。頭上の雲からも雨が降ってきた。
2016年07月16日 17:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が湧き谷を埋める。頭上の雲からも雨が降ってきた。
2
訪問者数:244人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ