ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 919495 全員に公開 ハイキング奥秩父

新ルート開拓/単独/真の沢右岸歩道(仮称)

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月18日(月)
メンバー takasuga
天候7/16 曇り後ガス
7/17 晴れ・曇り
7/18晴れ・曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間0分
休憩
50分
合計
5時間50分
S西沢渓谷BS09:4013:40破風山避難小屋14:3015:30真の沢1800m処
2日目
山行
4時間0分
休憩
50分
合計
4時間50分
真の沢1800m処09:4012:40真の沢2050m処13:2014:00荒川林道碑14:1014:30甲武信小屋
3日目
山行
3時間30分
休憩
0分
合計
3時間30分
甲武信小屋06:2009:50西沢渓谷BSゴール地点09:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
☆自己責任前提で歩いて下さい☆
当方は一切責任を負えませんのでよろしくお願いいたします。

・西沢渓谷〜破風山避難小屋は過去ルートを参照して下さい。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-239278.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-529621.html

・破風山避難小屋〜木賊沢支流下降。
木賊沢支流の両岸に微妙な踏み跡が続く。
正解ルートを辿れれば木賊沢本流まで接続する。
自分は過去に数回歩いているが未だに本ルートはすんなりと歩けない状況です。
枝道が多数存在する。

・木賊沢本流渡渉地点〜真の沢・木賊沢分水尾根鞍部〜真の沢1800m地点。
これより先のルートは迷いが激しいと思われます。

・真の沢1800m地点〜真の沢右岸尾根道取りつき。
取りつき箇所に黄色ビニールテープを巻きました、
フォト参照して下さい。

・真の沢右岸尾根道。
踏み跡は複数あるので迷いやすい。
枝道分岐路は上へ上と歩くのが正解ルート。
踏み跡を外す毎に歩き易い地形を辿ると踏み跡と合流する。
危険個所は無い。

☆2050m処のヤセ尾根北側は断崖絶壁なので注意箇所☆
・2050m処のヤセ尾根付近
2020m幅広大地から西側に15m下降、
トラバース道の先の真の沢側には地形図に表示された2040m処の垂直な岩稜が見える。
折り返して40mほど登る。
そこには突如想像していない背丈を超える激ヤブが出現した。

藪の薄い東南に進路を求めた。踏み跡らしきは存在する。
斜上して生えた灌木&激藪を回避して踏み跡らしきは高度を20m下降して2020m処を通過するが一向に距離は進まない。

真の沢1780mから派生する右岸枝沢の左岸の砂礫窪にでた。
踏み跡らしきは2ルートありトラバース距離は15m。
一旦水平にトラバースしてから折り返して上部に続いている、砂礫歩行は慎重に横断。(このルートは現在獣道と思慮)

水の残量は1L、一時間前より最悪のビバークを想定して水は一切補給していない。
激藪&灌木帯の終了地点が判明していない、熱中症の危険あり。
一旦稜線に復帰して真の沢に下降して水補給が最善と判断。

砂礫を折り返して登り、その後激藪無理やり稜線へと登る。
稜線は自分の足元も見る事ができない激藪&灌木帯だ。
それでも稜線を藪を強引にかき分け、灌木を上下に跨いで進む、

すると、2050m処のヤセ尾根付近を通過した地点で激藪&灌木帯は無くなり穏やかな尾根筋となった。
両手と首筋は擦り傷で流血していた。

真の沢に向かう踏み跡は明瞭で苦も無く下降できた。

その後の真の沢は悪場も無く甲武信小屋で仲間と宴会を楽しんだ(^^

GPSログ取得は失敗しました、ルートは全て推測になります。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

近丸新道の東尾根筋は藪も無く静かに歩ける。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 近丸新道の東尾根筋は藪も無く静かに歩ける。
1
破風山避難小屋到着時はガスで視界は10m。
木賊沢支流下降を40分試案の末に決行。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山避難小屋到着時はガスで視界は10m。
木賊沢支流下降を40分試案の末に決行。
木賊沢本流の大滝20m。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 木賊沢本流の大滝20m。
1
木賊沢支流への渓相。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 木賊沢支流への渓相。
砂礫の獣道を歩く。
新しい熊の足跡が頻繁にある。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂礫の獣道を歩く。
新しい熊の足跡が頻繁にある。
こんな良道が人知れず深山に存在している。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな良道が人知れず深山に存在している。
廃道が現在は鹿道になったのかは不明だが、
謎の多い踏み跡。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃道が現在は鹿道になったのかは不明だが、
謎の多い踏み跡。
往時はかなりの主要ルートであろうと推測。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 往時はかなりの主要ルートであろうと推測。
1
真の沢1800m処で野営しました、
ゲートウッドケープは330gの軽量。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真の沢1800m処で野営しました、
ゲートウッドケープは330gの軽量。
1
山岳ガイド・山田哲也氏と久しぶりに再会。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 山岳ガイド・山田哲也氏と久しぶりに再会。
1
真の沢1800m処の右岸の取りつき箇所、
踏み跡は明確に確認できる。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真の沢1800m処の右岸の取りつき箇所、
踏み跡は明確に確認できる。
1
真の沢1800m処の右岸の取りつき箇所、
黄色ビニールテープを巻いた。
後方に踏み跡が確認できる。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真の沢1800m処の右岸の取りつき箇所、
黄色ビニールテープを巻いた。
後方に踏み跡が確認できる。
1
先人達の古道は健在だった。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 先人達の古道は健在だった。
なだらかな道経。
2012年01月01日 00:00撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな道経。
真の沢右岸尾根。
のどかな森、
野鳥のさえずり、
人が皆無の最高のルートです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真の沢右岸尾根。
のどかな森、
野鳥のさえずり、
人が皆無の最高のルートです。
踏み跡が明瞭な箇所。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 踏み跡が明瞭な箇所。
1
踏み跡は分散するが地形図・コンパスで歩けば良い。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 踏み跡は分散するが地形図・コンパスで歩けば良い。
分かり易い踏み跡。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 分かり易い踏み跡。
1
フォトの左側に踏み跡が有る・ 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す フォトの左側に踏み跡が有る・
真の沢右岸尾根より踏み跡らしきは20m高度を下げる。
この先の稜線西側は断崖絶壁の垂直な岩稜地帯、
踏み跡はそちらに向かっているので緊張する。
(H11年に真の沢から確認済みの20m垂直岩稜) 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真の沢右岸尾根より踏み跡らしきは20m高度を下げる。
この先の稜線西側は断崖絶壁の垂直な岩稜地帯、
踏み跡はそちらに向かっているので緊張する。
(H11年に真の沢から確認済みの20m垂直岩稜)
踏み跡は東側尾根筋に折り返して40m登り安堵した。
しかし2040m処手前で予想外の激藪&灌木帯が出現し、
フォト中央に進路をとる。
踏み跡らしきは斜上して生えた灌木を回避して高度を20m下げて2020処を進むと真の沢1780mから派生する右岸枝沢の左岸の砂礫窪にでた。
この地点まで自分の辿った踏み跡はらしきは分散しており灌木帯を上下に右往左往状態でもはや遭難状態で距離は一向に進めなかった。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡は東側尾根筋に折り返して40m登り安堵した。
しかし2040m処手前で予想外の激藪&灌木帯が出現し、
フォト中央に進路をとる。
踏み跡らしきは斜上して生えた灌木を回避して高度を20m下げて2020処を進むと真の沢1780mから派生する右岸枝沢の左岸の砂礫窪にでた。
この地点まで自分の辿った踏み跡はらしきは分散しており灌木帯を上下に右往左往状態でもはや遭難状態で距離は一向に進めなかった。

激藪&灌木帯終了地点の稜線。(振り返って撮影) 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 激藪&灌木帯終了地点の稜線。(振り返って撮影)
真の沢に下降。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 真の沢に下降。
悪い滝は無い。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 悪い滝は無い。
倒木帯は以前より歩き易くなっている。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 倒木帯は以前より歩き易くなっている。
甲武信小屋到着! 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 甲武信小屋到着!
撮影機材:

感想/記録

書籍・ネット等に記述は皆無のルートを単独で開拓してきました。
真の沢右岸尾根への取りつきは以前に確認済みなので、
今回は実証見分で歩いてきました。

荒川源流域に興味を抱き、歩き始めて五年の月日が経ちました。
沢・尾根に拘らずに歩いた感想は、
記述無き踏み跡が多数見分されぞれらの道筋は今後は淘汰され、
存在自体が無くなると思慮しました。

それらの旧踏み跡を後世に伝える目的意識もあって今回のルート図は掲載しています。

今後も更に荒川源流域の深山の開拓を計画しています。



訪問者数:358人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/2
投稿数: 64
2016/7/25 17:37
 おつおかれさまです。
相変わらず魅力的な歩き方をされていますね。真の沢も歩きたいのですが。。。まだまだです(^^;
登録日: 2010/8/31
投稿数: 143
2016/7/26 22:44
 Re: おつおかれさまです。
ありがとうございます。
2050m処は危惧していた地点でした。
しかし、想像以上の激やぶ難所。
その先は心が折れて真の沢に降りてまったりと歩きました(笑

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ