ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 921967 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走ヨーロッパ

ヴァレ・ブランシェ氷河横断

日程 2016年07月11日(月) [日帰り]
メンバー s_fukuchan, その他メンバー1人
天候晴のち時々雲が
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
0分
合計
4時間43分
Sエルブロンネル09:0210:15最低高度(3160m)13:45エギーユ・デュ・ミディG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
基本的にはガイド同伴、今回の場合はシャモニーガイド組合にガイドの
手配を直接Eメールにて依頼。
ガイド1名で2名までをサポートし250ユーロ(ガイドの交通費は
不要であった)
ツアー前日にガイドとの打合せあり(装備や集合時間の確認等)
支払いはツアー終了後に直接ガイドに手渡し
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

中央のエギュ・デュ・ミディまで歩きます(直線距離で約4.9キロ)
2016年07月11日 09:25撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央のエギュ・デュ・ミディまで歩きます(直線距離で約4.9キロ)
先頭がガイドさん
2016年07月11日 09:36撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先頭がガイドさん
ツール・ロンド
(3792m)
2016年07月11日 09:36撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツール・ロンド
(3792m)
メール・ドゥ・グラス氷河の対岸の山並み
2016年07月11日 09:37撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メール・ドゥ・グラス氷河の対岸の山並み
1
ダン・デュ・ジェアン
「巨人の歯」
(4013m)
2016年07月11日 09:42撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダン・デュ・ジェアン
「巨人の歯」
(4013m)
ガイドさんに「眼が」
と言われて良く見ると
確かに
2016年07月11日 09:47撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガイドさんに「眼が」
と言われて良く見ると
確かに
眼の拡大
2016年07月11日 09:48撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼の拡大
縦のスリットも
あちこちに
2016年07月11日 09:50撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦のスリットも
あちこちに
モン・ブラン・
デュ・タキュール
(4248m)
東面の岩峰郡
2016年07月11日 09:52撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モン・ブラン・
デュ・タキュール
(4248m)
東面の岩峰郡
1
大きなクレバス
2016年07月11日 09:56撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなクレバス
ツール・ロンド
2016年07月11日 09:59撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツール・ロンド
ダン・デュ・ジェアン
2016年07月11日 10:02撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダン・デュ・ジェアン
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰郡
2016年07月11日 10:21撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰郡
1
中央右の岩峰が
グラン・カピュサン
2016年07月11日 10:21撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央右の岩峰が
グラン・カピュサン
セラック地帯やデブリの跡を抜けて振り返って撮影
2016年07月11日 10:30撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セラック地帯やデブリの跡を抜けて振り返って撮影
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰郡
2016年07月11日 10:31撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰郡
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰
2016年07月11日 10:32撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰
2016年07月11日 10:32撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰
プチ・カピュサン
2016年07月11日 10:32撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチ・カピュサン
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰群
2016年07月11日 11:07撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モン・ブラン・
デュ・タキュール
東面の岩峰群
PANORAMIC
MONT-BLANC
の中間駅
2016年07月11日 11:47撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
PANORAMIC
MONT-BLANC
の中間駅
エギュ・デュ・ミディ
南壁登攀中のクライマー
2016年07月11日 12:47撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エギュ・デュ・ミディ
南壁登攀中のクライマー
ナイフリッジを上ってます。ガイドさんが撮影、シャモニ側は雲がわいて恐怖感が少し減少、でも、この後に雲が消えて下が見えてきました。
2016年07月11日 20:39撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジを上ってます。ガイドさんが撮影、シャモニ側は雲がわいて恐怖感が少し減少、でも、この後に雲が消えて下が見えてきました。
1
9日に撮影したナイフリッジの雪稜
2016年07月09日 06:58撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9日に撮影したナイフリッジの雪稜
同じく9日に上から見下ろして撮影
2016年07月09日 08:08撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく9日に上から見下ろして撮影

感想/記録

岩登りをしない私にとってアルペン的な雰囲気を楽しむためには
必然的に氷河歩きとなるため、今回の旅行ではシャモニの
ヴァレ・ブランシェ氷河の横断に現地到着4日目にトライしました。
シャモニ側からですと、通常はエギュ・デュ・ミディから
ナイフリッジの急傾斜の雪稜を最初に下り氷河に降りるのですが、
今回は朝の内の風が強く、エルブロンネルからの戻りのゴンドラが
停まる恐れもあるとのガイドさんの判断で、先にエルブロンネルに
ゴンドラで渡り、エギュ・デュ・ミディまで戻ってくるルートを
歩くことになりました。
このルートのメリットは最初のナイフリッジが下りでなく上りで
少しは恐怖感が和らぐことですが、デメリットとしては全行程
約6キロの内、上りが3.5キロで約600メータの標高差
(逆だと上りが2.5キロで約270メータの標高差)と、体力的には
きつくなります。
実際に残り2キロくらいからきつくなり、何度かガイドさんに
「休憩」と叫んでしまいました。
特に最後のエギュ・デュ・ミディの上りは階段状(ステップが
切られている)で斜度もきつい上に、どちらに転んでもガイドさんが
停めてくれるまでは滑落するため、緊張と息苦しさ(空気が薄い)で
非常にしんどかったです。
しんどかったですが、素晴らしい景観に圧倒された5時間弱の
山行でした。

注意点(装備の所に上手く記入できなかったのでこちらへ)
ガイド組合からの装備の連絡ではピッケル+ストック+ハーネス+
クランポン+ヘルメットとのことでしたが、ヘルメットは不要
(ガイドさんも被ってない)
ピッケルもナイフリッジの通過時以外は不要なのでなくても問題ない
(実際に同行者はピッケルは持っていたが、ガイドさんに確認し
ストックだけでナイフリッジは上った)

ガイドさんに、年間に何回くらいモン・ブランに上りますかと聞くと
「60回程度」との返事が。「大変では」と聞くと「マイ ジョブ」
との返事と、明後日からはモンテ・ローザへイタリア側から上るとの
ことでした。
訪問者数:85人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ