ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 922353 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

平標山 (登山道整備 松手ルート途中まで)

日程 2016年07月20日(水) [日帰り]
メンバー kikkorin, その他メンバー2人
天候晴れるも雲多し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
元橋の駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間3分
休憩
55分
合計
9時間58分
S平標登山口05:5009:35松手山コース送電鉄塔09:5012:20昼食休憩12:5013:18松手山14:40折り返し地点14:5015:00松手山15:23松手山コース送電鉄塔15:48平標登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
刈払い作業のため、コースタイムは参考にはなりません。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし。よく整備されています。
今回は元橋の登山口から一ノ肩への登りの手前にある道標まで刈払い作業をしました。
その他周辺情報二居の「宿場の湯」、三俣の「街道の湯」などの日帰り温泉施設。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

早朝の二居の林道。
当初の計画は松手ルートを刈った後、松手尾根を刈りながら下山というものだったので、下山用の車をデポしにゲートの奥へ。
※一般車両は進入できません
2016年07月20日 05:03撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の二居の林道。
当初の計画は松手ルートを刈った後、松手尾根を刈りながら下山というものだったので、下山用の車をデポしにゲートの奥へ。
※一般車両は進入できません
3
初めて目にする松手尾根登山口の立派な看板。
ゲートからは徒歩で15〜20分位でしょうか。
2016年07月20日 05:07撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて目にする松手尾根登山口の立派な看板。
ゲートからは徒歩で15〜20分位でしょうか。
1
元橋に向かう途中の二居パーキングで恒例の朝食&トイレ休憩。
天気は先日の稲包山よりも期待出来そうです。
2016年07月20日 05:20撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元橋に向かう途中の二居パーキングで恒例の朝食&トイレ休憩。
天気は先日の稲包山よりも期待出来そうです。
駐車場で仕度します。
すでに2〜3台の車があり、スタートしていました。
きっと主脈縦走の方々でしょう。
本日はKK隊長(片付け他)、KN氏と私(刈り手)の3名です。
2016年07月20日 05:35撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場で仕度します。
すでに2〜3台の車があり、スタートしていました。
きっと主脈縦走の方々でしょう。
本日はKK隊長(片付け他)、KN氏と私(刈り手)の3名です。
1
お馴染みの元橋登山口から刈払いスタートです。
平日とはいえ、人気のルートなので多くの登山者とスライドすることでしょう。事故を起こさないよう注意が必要ですが、楽しみでもあります。
2016年07月20日 05:52撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みの元橋登山口から刈払いスタートです。
平日とはいえ、人気のルートなので多くの登山者とスライドすることでしょう。事故を起こさないよう注意が必要ですが、楽しみでもあります。
2
森の中の涼しい空気を浴びながら、急な階段の両脇を刈っていきます。
2016年07月20日 05:58撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の中の涼しい空気を浴びながら、急な階段の両脇を刈っていきます。
階段がひと段落すると今度は石や岩が露出するようになりました。
刈り刃を石に当てないよう神経を使います。
2016年07月20日 06:51撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段がひと段落すると今度は石や岩が露出するようになりました。
刈り刃を石に当てないよう神経を使います。
2
平坦になったところで小休止。鉄塔はまだまだ先です。
刃を何度か石に当ててしまったので目立てをします。
ここで最初の登山者が来られ、我々へ労いの言葉を残して先へと向かわれました。
2016年07月20日 07:03撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦になったところで小休止。鉄塔はまだまだ先です。
刃を何度か石に当ててしまったので目立てをします。
ここで最初の登山者が来られ、我々へ労いの言葉を残して先へと向かわれました。
再び急坂を登っていくうちに展望が開け、苗場スキー場の奥に先日刈った稲包三兄弟の姿がはっきりと目にすることができました。
2016年07月20日 08:32撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び急坂を登っていくうちに展望が開け、苗場スキー場の奥に先日刈った稲包三兄弟の姿がはっきりと目にすることができました。
左から稲包山、小稲包、西稲包山。
ここから見る稲包本峰はなかなか秀麗です。
2016年07月20日 08:33撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から稲包山、小稲包、西稲包山。
ここから見る稲包本峰はなかなか秀麗です。
1
時々後続の登山者に先を譲るために作業の手を止めたりしつつ、三時間半かけてようやく鉄塔に到着しました。
昨年の刈払いチームは三時間とのことで、とりあえずは悪くないペース。
ここまで19人の方が山頂へと向かって行かれました。
2016年07月20日 09:47撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々後続の登山者に先を譲るために作業の手を止めたりしつつ、三時間半かけてようやく鉄塔に到着しました。
昨年の刈払いチームは三時間とのことで、とりあえずは悪くないペース。
ここまで19人の方が山頂へと向かって行かれました。
2
途中休憩を取りつつ、松手山を目指して刈っていきます。
この区間でも何度か後続登山者が来られました。
写真は休憩中、筍山と佐武流山をバックにKN氏。
2016年07月20日 11:09撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中休憩を取りつつ、松手山を目指して刈っていきます。
この区間でも何度か後続登山者が来られました。
写真は休憩中、筍山と佐武流山をバックにKN氏。
なかなか着かない松手山(左端)と平標山がようやくみえてきました。
ここまで決して調子が悪いわけでもないのですが、昨年のペースのようにはいかず、今日のところは松手尾根を諦め、ここでお昼にすることに。
2016年07月20日 12:24撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか着かない松手山(左端)と平標山がようやくみえてきました。
ここまで決して調子が悪いわけでもないのですが、昨年のペースのようにはいかず、今日のところは松手尾根を諦め、ここでお昼にすることに。
1
ズズズと麺を啜るメンバー。
2016年07月20日 12:31撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズズズと麺を啜るメンバー。
3
昼食ポイントに荷物をデポしてリスタート。
20分ほどで松手山山頂を通過。
2016年07月20日 13:18撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食ポイントに荷物をデポしてリスタート。
20分ほどで松手山山頂を通過。
松手山から普通に歩けば15分位の距離を約二時間かかって道標のある終了点に到着。とりあえず最低限の目標は達成しましたが、敗北感が先に立ちます。
ちなみにこの先は既に刈り払われていました。
2016年07月20日 14:44撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松手山から普通に歩けば15分位の距離を約二時間かかって道標のある終了点に到着。とりあえず最低限の目標は達成しましたが、敗北感が先に立ちます。
ちなみにこの先は既に刈り払われていました。
5
先ほどまで山頂が見えていましたが、今はガスに覆われる平標山。
2016年07月20日 14:45撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどまで山頂が見えていましたが、今はガスに覆われる平標山。
3
心の中に山頂を描きつつ、物思いにふけるメンバーたち。
写真もそこそこに帰路に就きます。
2016年07月20日 14:47撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心の中に山頂を描きつつ、物思いにふけるメンバーたち。
写真もそこそこに帰路に就きます。
松手山への途中、さっき刈らずに残しておいたクルマユリ。
2016年07月20日 14:53撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松手山への途中、さっき刈らずに残しておいたクルマユリ。
花も大きくなく、可憐でした。
2016年07月20日 14:53撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花も大きくなく、可憐でした。
2
デポした荷物を回収し、イッキに下ります。
戻りは鉄塔も近い近い。
2016年07月20日 15:23撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デポした荷物を回収し、イッキに下ります。
戻りは鉄塔も近い近い。
これも時々見られ、残しておいた花です。
なんという花でしょうか...

★ホタルブクロでしたね、勉強不足だなぁ...
2016年07月20日 15:36撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも時々見られ、残しておいた花です。
なんという花でしょうか...

★ホタルブクロでしたね、勉強不足だなぁ...
1
終了点から一時間で登山口まで戻ってきました。
2016年07月20日 15:48撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終了点から一時間で登山口まで戻ってきました。
無事に駐車場に到着。
このあと二居にデポした車を回収して帰りました。
2016年07月20日 15:53撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に駐車場に到着。
このあと二居にデポした車を回収して帰りました。

感想/記録

平標山松手ルート。これまで私が登山道整備を経験した中では間違いなく一番の人気ルートでしょう。
この日は平日でしたが結局30人ほどの登山者とスライドし、声を掛けていただいてあり難かったですし、今までに無いやり甲斐を感じることできました。

惜しむらくは松手尾根を刈る時間のマージンが取れなかったこと。ですが、その分は丁寧な仕事ができたのだと都合よく納得させて、まずまず良かったんじゃないかと...^^;

※ 7/22 (金) に松手尾根の刈払いも完了しました。(私は参加できず残念!)
訪問者数:186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 ホタルブクロ デポ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ