ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925318 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

東北の秘境、朝日連峰を巡る(大朝日岳)

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー kenkoro
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神奈川を夜7時に出発し、山形自動車道の寒河江ICまで高速を使い、一般道を約1時間走り、古寺鉱泉駐車場に深夜の1時に到着。この時点で半分以上埋まってました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間34分
休憩
45分
合計
11時間19分
S古寺鉱泉04:5006:15一服清水06:19ハナヌキ峰分岐06:57三沢清水07:36古寺山09:16銀玉水09:1709:51大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)09:5210:07大朝日岳10:3010:40大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)10:4311:18銀玉水11:3512:46小朝日岳13:50鳥原山14:41田代清水15:02畑場峰16:06古寺鉱泉16:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし。下りは鳥原山経由でしたが、だれとも会いませんでした。
その他周辺情報登山後は、古寺鉱泉の日帰り温泉に入って帰る予定でしたが、宿泊者で混雑のため、入浴お断りでした。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

出発時点の駐車場。ほぼ満車です。
2016年07月23日 04:42撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発時点の駐車場。ほぼ満車です。
5分ほどで山小屋が見えてきました。
2016年07月23日 04:47撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分ほどで山小屋が見えてきました。
分岐点。
2016年07月23日 06:20撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点。
霧の中を抜けて、一気に眺望が見えてきました。雲海と月山。
2016年07月23日 06:45撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の中を抜けて、一気に眺望が見えてきました。雲海と月山。
1
再び、雲海と月山。
2016年07月23日 07:11撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、雲海と月山。
4
雲海と下山コースの鳥原山。
2016年07月23日 07:24撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と下山コースの鳥原山。
2
古寺山。
2016年07月23日 07:27撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺山。
左手に小朝日岳、右手に大朝日岳。いよいよ見えてきました。
2016年07月23日 07:27撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に小朝日岳、右手に大朝日岳。いよいよ見えてきました。
3
くわがた。
2016年07月23日 07:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くわがた。
登りは、巻き道で大朝日岳へ。
2016年07月23日 08:02撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りは、巻き道で大朝日岳へ。
ケルンと大朝日岳。最高の天気。
2016年07月23日 09:04撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンと大朝日岳。最高の天気。
3
雲海に、月山と鳥海山。
2016年07月23日 09:22撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に、月山と鳥海山。
2
こんなとこにも。
2016年07月23日 09:42撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなとこにも。
大朝日岳を見ながらの稜線歩き。至福の時です。
2016年07月23日 09:44撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳を見ながらの稜線歩き。至福の時です。
2
避難小屋。
2016年07月23日 09:51撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋。
大朝日岳頂上。ガスがかかりつつあります。
2016年07月23日 10:11撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳頂上。ガスがかかりつつあります。
3
チングルマ。そろそろ終わりかな。
2016年07月23日 11:16撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ。そろそろ終わりかな。
天気もよく、登山者でいっぱい。
2016年07月23日 11:18撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気もよく、登山者でいっぱい。
2
銀玉水。ペットボトルに入れて給水しました。
2016年07月23日 11:32撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀玉水。ペットボトルに入れて給水しました。
小朝日岳。ここからは、急峻な岩肌が見えました。
2016年07月23日 12:07撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳。ここからは、急峻な岩肌が見えました。
小朝日岳の頂上。頂上の看板なし。
2016年07月23日 12:47撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳の頂上。頂上の看板なし。
1
鳥原山経由で下山です。
2016年07月23日 12:50撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥原山経由で下山です。
鳥原山の展望台。大朝日岳、小朝日岳ともにガスがかかってしまいました。
2016年07月23日 13:47撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥原山の展望台。大朝日岳、小朝日岳ともにガスがかかってしまいました。
1
駐車場に到着。ぎっしりでした。
2016年07月23日 16:16撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。ぎっしりでした。
撮影機材:

感想/記録

久々の超ロングトレイルで最後のほうは足がつりましたが、東北の雄大な山容を眺めながらの稜線歩きは最高でした。また、雲海や、月山・鳥海山などまわりの山々を見ることができて、よかったです。予報よりも早くガスが上がってきてしまいましたが、なんとか頂上までは晴れがもってくれました。
訪問者数:312人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ