ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 930171 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳

日程 2016年07月31日(日) 〜 2016年08月01日(月)
メンバー ryunosuke8
天候31日晴後雨 1日晴後曇
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
八方駐車場
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間10分
休憩
50分
合計
8時間0分
S猿倉06:0007:00白馬尻07:1007:40大雪渓取付07:5009:30岩室09:4010:20頂上宿舎10:3010:50白馬岳11:0014:00天狗山荘
2日目
山行
4時間30分
休憩
1時間30分
合計
6時間0分
天狗山荘06:1006:50白馬槍ヶ岳07:0007:20鑓温泉分岐07:3008:30白馬鑓温泉09:2009:50杓子沢10:0010:40小日向のコル10:5012:10猿倉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報下山後、八方の湯。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]
2016年08月の天気図 [pdf]

写真

猿倉荘
2016年07月31日 05:28撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉荘
白馬尻小屋
2016年07月31日 06:26撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋
雪渓からモヤモヤ
2016年07月31日 07:26撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓からモヤモヤ
杓子岳方面
2016年07月31日 08:55撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳方面
頂上山荘直下のお花畑
2016年07月31日 09:15撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上山荘直下のお花畑
白馬岳へ。曇ってきた
2016年07月31日 09:53撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳へ。曇ってきた
天狗山荘まで縦走。この間雨に降られる。
2016年07月31日 11:03撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗山荘まで縦走。この間雨に降られる。
雨が上がって目の前に白馬槍ヶ岳が
2016年07月31日 14:54撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が上がって目の前に白馬槍ヶ岳が
朝焼けの白馬槍ヶ岳
2016年08月01日 04:33撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けの白馬槍ヶ岳
白馬三山方面
2016年08月01日 05:47撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬三山方面
剣岳から立山
2016年08月01日 05:54撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣岳から立山
白馬鑓♨ 最高
2016年08月01日 08:30撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬鑓♨ 最高
撮影機材:

感想/記録

前日の天気予報では2日共に微妙。特に8月1日は雨マーク。初日だけでも良ければと考え出発。白馬岳に登るのは初めて。白馬岳よりも鑓温泉に惹かれていた。
大雪渓は登りやすく順調に高度を上げる。人気の山だけあって大雪渓上部は渋滞していた。頂上宿舎直下のお花畑は素晴らしかった。
白馬岳から天狗山荘の2時間半は雨に降られ、久しぶりのカッパ。視界は10mで楽しみにしていた白馬三山の稜線は残念な結果に。テントを張り終える頃には雨は上がり、夜には満天の星空。日の出も素晴らしかった。天狗山荘のテン場からは白く輝く白馬槍ヶ岳が見え、雪渓からの水も豊富。テン場では4匹の子供を従えた子だくさんのライチョウにも会えた。
二日目も快晴の中出発。が、7時にはガスが上がり真っ白に。鑓温泉まで一気に下る。清掃直後の露天風呂に一人浸かる。至福の時。猿倉まで強い硫黄臭が消えることは無かった。エエ山旅でした。
訪問者数:136人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

ライチョウ テント ガス 雪渓 テン 花畑
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ