ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ライチョウ

ライチョウ(らいちょう) / 雷鳥

最終更新:2014-10-20 12:22 - admin
基本情報
高山で生息する鳥。日本ではニホンライチョウが日本アルプスの高山に生息している。

関連する写真リスト

ライチョウ
ライチョウ
甲斐駒・北岳 2017年07月10日 仙丈ヶ岳
ライチョウ
ライチョウ
ライチョウ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ライチョウ雷鳥、学名:Lagopus muta)は、キジ目ライチョウ科ライチョウ属の鳥の一種である。日本の固有種である亜種ニホンライチョウ(Lagopus muta japonica )は、国指定の特別天然記念物であり、富山県・長野県・岐阜県の県鳥である。
季節が変わってもすみかを移動せず丸一年を同じ地域で過ごす留鳥であり、気温が激しく低下する冬場においても、それ以外の季節と同様、高山で暮らす。
英語圏では、冬に白い羽となるライチョウ属の種をPtarmigan、羽の色を変化させない種はGrouse と呼び区別される。

「ライチョウ」 に関連する記録(最新3件)

槍・穂高・乗鞍
  61    11 
2017年07月20日(日帰り)
白馬・鹿島槍・五竜
  13    13 
2017年07月20日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  93     26  2 
2017年07月18日(2日間)
ページの先頭へ