ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > モモンガ

モモンガ(ももんが)

最終更新:2014-12-12 18:54 - YUKI-USAGI
基本情報
リス科の哺乳類。ムササビに似るが、体はより小さく、目が大きい。日本には、北海道にエゾモモンガ、本州と九州にホンシュウモモンガが生息する。

関連する写真リスト

モモンガ
モモンガ
モモンガ
モモンガ
モモンガ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

モモンガ(摸摸具和)は、ネズミ目(齧歯目)リス科リス亜科モモンガ族に属する小型哺乳類の総称。滑空によって飛翔する性質を持つリスの仲間。また、狭義には特に、ニホンモモンガ () を指す。漢族語では鼯鼠とよぶ。
前脚から後脚にかけて張られた飛膜を広げて滑空する。ニホンモモンガは、体長14-20cm、尾長10-14cm、体重150-220gで、体重1500gまでに大きくなるムササビよりはるかに小さい。
樹上性のリス、より大型のムササビ類とともにリス亜科を構成する。
夜行性で日中は樹洞等に潜む。

「モモンガ」 に関連する記録(最新3件)

赤城・榛名・荒船
  108     74  4 
OhMy_Naruo, その他1人
2016年11月23日(日帰り)
奥秩父
  15    12 
uchino_t, その他1人
2016年11月12日(2日間)
八ヶ岳・蓼科
  100    25  2 
2016年11月05日(2日間)
ページの先頭へ