ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > ムササビ

ムササビ(むささび)

最終更新:2014-10-20 16:50 - tomoe
基本情報
ムササビ属に属する哺乳類の総称。
長い前足と後足との間に飛膜と呼ばれる膜があり、飛膜を広げることで滑空し、樹から樹へと飛び移ることができる。
日本の固有種

関連する写真リスト

ムササビ
ムササビ
ムササビ
ムササビ
ムササビ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ムササビ(鼯鼠、鼺鼠)は、ネズミ目(齧歯目)リス科リス亜科ムササビ属に属する哺乳類の一種である。ムササビ類の総称でもある。日本では、特にホオジロムササビを指す。
ノブスマ(野臥間、野衾)、バンドリ、オカツギ、ソバオシキ、モマなど多くの異名(地方名)がある

「ムササビ」 に関連する記録(最新3件)

東海
  24    4 
2016年12月04日(日帰り)
奥多摩・高尾
  25    12 
shinachi9, その他1人
2016年12月03日(日帰り)
奥多摩・高尾
  31    23 
2016年12月01日(日帰り)
ページの先頭へ